Windows10パソコンを購入したので行った初期設定まとめ

先日、Windows10のノートパソコンを購入しました。

ちょっと、仕事用に1台パソコンが必要になりました。 1年前に、パソコン工房でブログ用パソコンを購入したのですが、別にもう1台必要になったと...

僕は、パソコンを購入すると毎度毎度ほとんど同じ初期設定を行います。けれど、メモとかを残していないため毎回毎回思い出しつつ検索しながら行っています。

なので「毎回思い出しながら初期設定をするのは面倒なので書き留めておいて次からはそれを参考に設定をしよう」ということで、メモとして初期設定方法を書いておこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

必須デバイスのドライバをインストール

まずは、僕がパソコンをする上で、必ず必要となるデバイスのドライバーをインストールします。

今回Windows10PCを購入した目的の一つとして、Windows10上で以下のデバイスがちゃんと動作するかを確認したかったというのがあります。

結果、Windows10上で以下のデバイスは問題なく動作しました。

SmartNav

SmartNavは、顔に貼り付けた反射シールのわずかな動きで、マウスカーソルを操作するマウス操作補助デバイスです。手などに障害がある人向けです。

ドライバーはNaturalPointDownloadsからダウンロードしてインストールします。

設定方法については以下。

頚椎損傷で四肢麻痺の僕がパソコン操作をするのに「SmartNav 4AT」を使う理由で書いたように、僕はパソコンのマウスカーソル操作...

SlimBlade Trackball

大玉をゴロゴロ転がしてマウスカーソル操作ができる操作性の良いケンジントンのトラックボールです。僕の場合、指に障害があるので通常のマウスは利用できないので、これを使っています。

ドライバーは、TrackballWorks for Windowsをダウンロードしてインストールします。

このトラックボールについて詳しくは以下。

ケンジントンのトラックボールを購入しました。 僕は、指が障害で動かないということもあり、拳など指以外でもボタンを押すことができるKen...

とりあえず、これら二つのデバイスの動作確認ができたのは、今回Windows10パソコンをわざわざ新しく購入した甲斐がありました。アップデートで失敗はしたくなかったので。

必要なソフトのインストールと設定

あと、パソコン操作に必須となるソフトもインストールをします。

AmiVoice SP2

僕は、パソコンで日本語入力をするときは、99%以上このソフトで行っています。音声入力は、好みが分かれるところではありますが、僕が文章入力をするには必要不可欠なソフトです。

正直、このソフトがないとブログなどを書く気が起きません。

AmiVoice SP2について詳細は以下。

早いもんで、「AmiVoice SP2」を使い始めてから1年が経ちました。 今現在、AmiVoiceの音響学習レベルは64(最大126...

ATOK

僕は、昔からATOKユーザーなので、ずっと使い続けています。

辞書をクラウドで同期できたり、推測変換が便利なので使用しています。ただ、Google日本語入力とかでも同様のことはできるかと思います。ここらへんは慣れの問題。

Sublime Text

canvas

Sublime

「恋に落ちるエディター」という触れ込みに「まさか本当に恋に落ちるわけないだろw」と思って使ってみたら、本当に恋に落ちてしまったエディターです。

非常に操作感がよく、僕がプログラムや、WEB制作を行うには必須なソフトになっています。

僕が行っている主な設定方法は以下。

先日、Wordpress編集向けにSublime Textの開発環境を新たに作ってみました。 というのも最近は、Wordpress関係...
僕は、HTMLやCSSを書くとき、Sublime Textを利用しています。 というのも、Emmetという少ない文字入力で、素早く大量...
今回は、Sublime Textと組み合わせて利用すると、Wordpressのテーマ編集などで便利なパッケージをまとめてみました。 普...
僕はこれまで、Wordpress関係の編集をするのに、Sublime Text2などを使っていました。 けど先日、Sublime Te...
Sublime Textは、パッケージを入れることにより、自分に合った環境を作ることができる自由度の高いエディターです。 やろうと思え...
先日、日本語から、英語の関数名や変数名に変換してくれるサービスのcodicを紹介しました。 そのcodicを久しぶりに...
先日、日本語名を入力すると英語の関数名などを出力してくれるcodicについて書きました。 このサービス、ネーミングで悩...

Brackets

Bracketsのインターフェース

Brackets

Sublime Textは基本的には有料ソフトだけど、完全無料で利用したい場合は、Bracketsがおすすめ。

先日から、Adobe提供の無料開発エディター「Brackets」を使っています。 僕はこれまで、Wordpressテーマの開発...
前回、無料エディター「Brackets」の素晴らしいデフォルト機能について書きました。 Bracketsは、デフォルトだけでも、良い機能...
前回、Sublime Textの設定の同期方法を紹介しました。 この方法の、Brackets版はないのかと、ネットを調べてみましたが、な...
先日から、気に入ってBracketsを使っています。 今回は、このBracketsでテキスト移動をドラッグ&ドロップで...
数週間前から、Adobeの無料エディターBracketsを使い始めました。 でこれが、無料なのにとても良いエディターで、すぐに気に入って...

プログラミングフォント

Myrica

ついでに、プログラミングフォントは以下あたりを使用しています。

先日、見やすいプログラムフォント「Ricty Diminished」を紹介しました。 今回は、Rictyをより進化させたMyric...
プログラム用のフォント「Ricty Diminished」というのをネットで見かけました。 このフォントは、以前から名前だけは何度か目にし...

その他の無料プログラミングフォントを試す場合は以下。

プログラムをするときにフォントって結構大事だと思います。 最近プログラム用のエディターに良いフォントを設定したところ、多少なりとも作業...

その他の無料ソフト

その他の無料ソフトは、以下にあるものをインストールしています。

先日、パソコンが壊れたので買い換えました。 新しいパソコンというのは、自分のお気に入りのソフトがまだ入っていない状態です。その状態...

僕は、これらのソフトは、ポータブル版があれば、それをダウンロードして、基本コピペで一括でインストールできるようにしています。

各種有名ブラウザや、定番ソフトのポータブル版を利用する場合は、以下のサービスなんかを利用すると便利かも。

僕は、PCにソフトをインストールするとき、できればポータブル版を使うようにしています。 というのも、ポータブル版は、フォルダを...
先日、ポータブル版アプリをまとめてインストールできるPortableAppsを紹介しました。 今回は、ポータブル版では...

その他の有料ソフト

その他に使用している、有料ソフトは以下です。

先日、僕が使っているWindowsの無料ソフト(フリーウェア)をまとめました。 Windowsの良い所の一つは、ユーザーが多いために、...

Windowsターミナルの強化

自由にシェルを設定できる

Windowsのコマンドラインツールと言ったら、コマンドプロンプトかと思います。

ただ、コマンドプロンプトだと、ちょっと低機能すぎるような気がします。例えば、コマンドプロンプトのコマンド履歴は一度閉じてしまうと揮発してしまうとか、タブ管理できないとか。

そういった、不満点を解消するために、僕はWindows用のターミナルに以下のような設定を行っています。

Windowsデフォルトのコマンドプロンプトは、どうも使いにくいです。 Ruby on Railsなどを書いていると、コマンド...

最近だと、Cmderが初期設定が簡単です。インストールするだけで、履歴、タブ、Gitなどがデフォルトで利用できます。

僕はこれまで、Windowsのターミナルは、ConEmu+nyaosを利用していました。 というのも、Windowsに...

変更したWindows10の設定

Windowsデフォルトの設定では、ちょっと使いづらい部分もあるので以下の設定を変更しました。

デフォルトの設定だとフォントが非常に見づらかったので。

先日、仕事用のパソコンをWindows10で購入しました。 セットアップを済ませて、ブラウザを開いてみると、以下のよう...

以下のものは、どれもセキュリティー的におすすめできる設定ではないけど。

先日、Windows10を利用し始めました。 いろいろ作業して、パソコンの電源をつけたまま一晩放置しておいたら、勝手に再起動さ...
先日、Windows Update後に勝手に再起動させず、スケジュール操作で再起動させる方法を書きました。 ただ、その後いろいろ調...
先日、Windows10パソコンを購入しました。 このパソコンは、自分しか使用しないし、部屋から持ち出すパソコンではな...

手に障害がある手前、できる限りの操作は省きたくて上記の設定にしています。

その他の設定

その他に行った設定のメモ。

リモートデスクトップの設定

あとは、僕は他のパソコンのところまで歩いていって使うということができないので、WindowsはProfessional版を購入してリモートデスクトップが利用できるようにしています。

「コントロール パネル→システムとセキュリティ→システム→リモートの設定」から「

このコンピューターへのリモートアシスタンス接続を許可する」を有効にします。

リモートデスクトップの設定

パフォーマンス優先の設定にする

僕はWindowsを使うなら、できる限りサクサク操作できた方が良いので、パフォーマンス最優先の設定にしています。

「コントロール パネル→システムとセキュリティ→システム→システムの詳細設定」から「パフォーマンス項目の設定」ボタンをクリックします。

パフォーマンス項目の設定ボタンをクリックする

あとは、「パフォーマンスオプション」ダイアログの「視覚効果」タブにある「パフォーマンスを優先する」を有効にして「OK」ボタンを押します。

パフォーマンスを優先する設定

これで、アニメーションの効果などはなくなり、OSによるパソコンの負荷をなるべく軽減する設定になります。

コンピューター名の設定

あと、ネットワークに接続するなら、わかりやすいコンピューター名をつけておいた方が良いので、デフォルトのコンピューター名を変更します。

「コントロール パネル→システムとセキュリティ→システム」を開きます。

そして、「コンピューター名、ドメイン及びワークグループの設定」項目から「設定の変更」をクリックします。

「コンピューター名、ドメイン及びワークグループの設定」項目から「設定の変更」をクリック

あとは、「コンピューター名」タブの「変更」ボタンから名前を変更します。

コンピューター名の変更ボタン

あとは、再起動を行ってください。

まとめ

今回、細々とした設定は省きましたが、だいたい僕がパソコンを購入すると上記のような設定を行っているのではないかと思います。

僕は非常に忘れっぽいので、パソコンを新しくセットアップするたびに、思い出しつつ時には検索などをしていました。

今回これを書いたことで、セットアップ時間が3分の2ぐらいにはなるかもしれません。