Windowsでスピーカ出力を手軽に切り替える方法(マイク入力も変更可能)

僕は、昼と夜でパソコン用スピーカーを切り替えて利用することがあります。

というのも、昼は出来る限り良い音で聴くために、比較的高性能なONKYOのスピーカー&サウンドカードを利用しています。

けれども、夜は家の中に寝ている人もいるし、近所の迷惑になっても困るので、USB小型スピーカーでひっそりと動画などを見ることもあります。

これらのスピーカーの切り替えは、「コントロールパネル→サウンド」から行うことはできるのですが、毎回コントロールパネルを開くのも面倒です。

なので「何か簡単操作で手軽にスピーカー出力を切り替える方法はないか?」と探してみたところ、Audio Switcherという無料ソフトが最も手軽そうだったので使い方も含めて紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Audio Switcherとは

Home  Audio Switcher

Audio Switcherは、パソコンの出力デバイス(スピーカーなど)と入力デバイス(マイクなど)のサウンドデバイスを手軽に変更することができる無料ソフトです。

マウスなら数クリック、ホットキーを設定しとけばキータイピング一発でサウンドデバイスを切り替えることが可能になります。

スピーカー(出力)切り替えはこんな感じ。

スピーカー出力切り替え

マイク(入力)はこんな感じ。

Audio Switcherでマイクの切り替え

ホットキーも自由に設定できます。

Audio Switcherでホットキーの設定

タスク上のアイコンをクリックすると、プルダウンメニューが表示され手軽にデバイスを選択することも可能です。

プルダウンメニューでスピーカー(出力)の切り替え

Windows10で手軽にスピーカーを切り替える方法

以下では、簡単にWindows10での使い方を紹介します。

まずはAudio Switcherからファイルをダウンロードします。

Audio Switcherからファイルのダウンロード

ダウンロードファイルを展開(解凍)して、「AudioSwitcher.exe」を起動します。

AudioSwitcher.exe

「Settings」タブを開いて、以下の項目のチェックボックスを有効にします。

  • Close to Tray(閉じるとタスクに収納)
  • Start when Windows starts(Windowsスタートアップ時に起動)
  • Start minimized(起動時最小化)

AudioSwitcherの設定

これで、Windowsスタートアップ時バックグランドで起動し自動的にタスクに収納されます。

あとは、タスクにあるAudio Switcherアイコンをクリックすると、入出力デバイスを選択するプルダウンメニューが表示されます。

プルダウンメニューでスピーカー(出力)の切り替え

おまけ:Windows10の機能のみでスピーカーを切り替える方法

一応、Windowsデフォルトの機能のみでサウンド出力を切り替える方法も紹介しておきます。

パソコン(Windows10)から、スピーカーを切り替えて利用するには、まずはWindowsボタンを右クリックしてください。

Windowsボタンを右クリック

メニューが表示されるので、「コントロールパネル」を選択します。

スタートメニュー右クリックからコントロールパネルの選択

「コントロールパネル」が表示されたら「ハードウェアとサウンド」項目を選択します。

コントロールパネルからハードウェアとサウンドを選択する

「ハードウェアとサウンド」設定画面では「サウンド」項目を選択します。

ハードウェアとサウンド設定からサウンド項目を選択

すると、以下のようなダイアログが表示されるので、出力したいスピーカを選択すればOKです。

Windowsデフォルトのサウンド出力切り替えダイアログ

やはり、スピーカー切り替えの度に、これだけの手順を踏むのは面倒です。

なので、スピーカを頻繁に切り替える場合は、ソフトなどを利用して手軽に変更可能にしておくと、いろいろと捗るかと思います。

まとめ

これでWindowsの「コントロールパネル」からスピーカーを切り替えるより、かなり手軽に切り替えられるようになりました。

その他に、同様の機能を持った無料ソフトとしては、DefaultAudioChangerというものもあります。こちらでもほぼ、同様の設定を行うことが可能です。

というわけで「手軽にスピーカーを変更したい」場合にもそうですし、「手軽にマイクを変更したい」なんて時にもAudio Switcherはおすすめです。

サイト Audio Switcher