書き捨て用の低機能エディター「チラシの裏」を作成【Windows用】v2.1.15

下書き用エディターの「チラシの裏」を作成したので紹介です。

すぐにダウンロードしたい場合や、アップデートの場合は以下のリンクからダウンロードボタンまで跳んでください。

ダウンロードへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

パソコンでテキストを扱う時の不満点

SNSやフォーラム・掲示板等に書き込もうと文章を書いて投稿したのに

何だかわからないけどエラーが出て書いた文章が全部ぶっとんだ…

という経験がある方はおられないでしょうか。

このような書き込みで長文をぶっとばした暁には、しばし呆然とし精神にちょっとしたダメージを負います。もちろんもう一度書けばよいのですが、同じ長文を二度書く面倒くささよ…。

僕もCocoonサイトでフォーラムをやっていて14,000近い書き込みをしているので、書いた文章がパァなんてことが何度かあります。

こういう場合、一度Windowsのメモ帳などのエディターに書き込んでからコピペすれば元の文章を失う危険を回避できます。

ただ、こういった一般的なエディター類は使い終わって閉じるときに、いちいち保存ダイアログが出てくるのがちょっと面倒。

使い捨ての文章なので「保存しない」を押せばよいのですが、毎度毎度使っているとこの「ワンクリック」が結構わずらわしかったり。

長文を書いていて、一旦保存して翌日開きたい時は、名前を付けて保存して、翌日そのファイルを選んで開くというのもちょっと面倒。

使い捨ての文章なんだから、そこまで書いた文を大事に扱わなくて良いんです。

「閉じる」ボタンを押せば内容が保存され、アプリを起動すれば前回書いていた内容が読み込まれる低機能エディターがあればいいのに…

というようなことで、余計な機能は一切存在しない使い捨て文章用(下書き用)のエディター「チラシの裏」を作成しました。

チラシの裏とは

チラシの裏は、フォーラムや掲示板、コメント、Twitterなどを書き込む前に、下書きをするためのニッチ用途なエディターです。

使用目的はほんとそれだけの、超低機能エディターです。

僕の場合、他にメモを書いたり、Twitterに連投する前にあらかじめ全部文章を書いておくためのエディターとして使用しています。

チラシの裏エディターを使用する利点

「そんな低機能なエディターを使用する意味はあるのか?」という方もおられると思うので、自分が感じる「チラシの裏エディター」を使う利点を以下に挙げたいと思います。

アプリの起動・終了が早い

一般的なエディターだと使い捨て(下書き)文章を書いてフォーラム等に貼り付けた後は、もう必要ないのでエディターを即座に閉じたいです。

けれど前述したように、以下のようなダイアログが出て来て、そのはやる心の邪魔をします。

使い捨て用の文章なんだから、文章使用した後は即座にアプリを閉じたいんです。

例えば「実際の紙のチラシの裏」にメモを書いたとき、用が済んだらっポイッとごみ箱に捨てたいんです。けれどごみ箱に捨てようとしたらなんか母親から「そのメモを捨てていいんか?」と毎回聞かれるような感覚。そんなのいらんのですぐポイしたいんです。

ということで「チラシの裏エディター」の場合は、閉じるボタンを押せばワンクリックで即終了してくれます。

余計なダイアログは出ません。いらんウィンドウはすぐポイできます。

アプリを閉じると保存・開くと前回書いた文章を読み込み

使い捨て文章とはいえ、「閉じる」ボタンで即終了してくれさえすれば良いので、文章は一応保存されます。

アプリを開きなおせば、以前書いた文章が読み込まれます。

使い捨て文章なので、保存する必要もないのですけど、後から「あの文章再利用したかったな」となることが稀にあるので、一応保存はします。

新しい文章は継ぎ足し継ぎ足し書いていく

左上のツールボタン押せば、以下のように新しい文章を書くスペースが出てきます。

その空いたスペースに次の書き捨てようの文書を書いていきます。

新たに書いた文章は、選択してフォーラム等にコピペする、といった使い方をします。

こんな感じで、文章を書いては投稿、書いては投稿、を手軽に繰り返せます。

アプリサイズを小さくして資料を見ながら文章を書く

例えば、画面の狭いノートパソコンなどで資料画像を開きながら文章を書くとします。画像を開くと結構画面一杯。

こういったケースで「画像を見ながら文章書きたい」なんてときにサイズを手軽に変更できる「チラシの裏」で書くと結構便利です。

資料の参考にしない部分にアプリを配置して、資料を見ながら書くことができます。

もちろんブラウザなのでニュース記事を見ながら、空いている場所(広告の場所等)にアプリをおいて文章の下書きをすることもできます。

もちろん、一般的なエディターでもアプリのサイズ変更はできます。

けれどガチで利用しているエディターほど「作業しやすい最適サイズ」というのがあって「一度サイズを変更してしまうと最適サイズに戻すのが面倒」なんてこともあるのではないでしょうか。

使い捨て文章用の「チラシの裏」だからこそアプリサイズなんてのも気にせず、さくさくサイズ変更して資料を見ながら文章を書くことができます。

クリックで即操作できるように使用しそうなツールボタンを設置

マウスで文書を選択後、その操作の延長上で即そのままクリックでコピー等ができるように、よく利用する機能はツールボタン化してあります。

コピーなどは Ctrl + C のショートカット操作で行なっても良いのですが、文章をマウスで選択した後だとそのままコピーをポチっと押せた方が早いかなと。

もちろん、各種よく使用する操作にはショートカットキーが割り当てられているので、キーボードでも操作できます。

気になるキーワードは即座にGoogle検索

例えば、以下などのエラーダイアログが出た時、

Ctrl + C ショートカットを押すことで内容をクリップボードにコピーできます。

コピーしたクリップ情報を「チラシの裏」に貼り付けて、エラーメッセージ等のキーワードを即座にGoogle検索できるようになっています。

既定のブラウザが開かれて、検索結果が表示されます。

一応、フォントサイズだけ変更できるようにしておいた

昨今、モニターの高解像度化もあって、画面が大きいモニターは本当に大きいです。

反面、小さな画面のモニターとかもあって格差が激しいです。

そんな中、フォントサイズが一定だと「大きな画面で使うとフォントが小さい…」とか「小さな画面で使うとフォントが大きすぎる…」なんてことが起こるかと思います。

なのでチラシの裏は、低機能エディターではありますが、最低限フォントサイズだけは変更できるようにしておきました。

ダークモードにも対応

Windowsのダークモードにも対応しています。

音声入力用のエディターとしても使いやすい

僕は文章を作成する場合、95%は音声入力で書いています。

このチラシの裏エディターは、その音声入力用として利用するために作りました。

僕が普段試用している音声入力ソフトはSokki Voiceなので、このソフトを使うためのエディターとして作った感じです。

Sokki Voiceについて以前書いた記事はこちら。

僕は、キーボード入力が苦手です。とにかく致命的に遅い。 なので、もう十数年、音声入力ソフトを利用して文字入力をしています。 ...

Sokki Voiceには「再変換」コマンドがあり、一度入力した文章を再変換する音声コマンドも利用できます。

Sokki Voiceの再変換コマンドは、Microsoft IMEであれば 変換 キー、ATOKであれば Shift + 変換 キーを呼び出すコマンドです。普通にキーボードで打っても再変換できます。

実は、チラシの裏エディターは以前作ったものもあるのですが、ATOKで再変換できなかったために改めて作り直しました。

IMEの再変換は、可能なエディター(例:Windowsメモ帳等)と不可能なエディター(例:VS Code等)があるので、テキストの再変換をしたい場合に利用しても良いかもしれません。

チラシの裏エディターの難点

チラシの裏は、利用者によっては全く必要のないエディターです。

そういったことも踏まえての難点はこちら。

書き捨て(下書き)でエディターを使用しない人には不要

誰もが普段フォーラムに書き込んだり、掲示板に書き込んだりするわけではないので、文章を書き捨てすることがない人には、こんなエディターを使う意味はないと思います。

文章を個別ファイルに分けて保存できない

書いた文章をしっかりと名前をつけて個別ファイルで管理したい場合には、全く向いていないエディターです。

チラシの裏は文章を一つのテキストファイル上で保存・読み込みするだけです。

windows 11のMicrosoft IME使用で不具合が出る場合も(対応方法あり)

v2.1.15にてMicrosoft IMEの不具合対策を行いました。新しいバージョンの「チラシの裏」は不具合を回避して利用できるかと思います。

環境によってはWindows 11で[半角/全角]キーを押すと「チラシの裏」がクラッシュするという不具合が出る可能性があります。

他のアプリになりますが全く同じ症状の例がこちら。

[半角/全角]キーを押すとクラッシュする

IMEのバージョンによっては日本語入力で落ちる?

こちらは、どうもMicrosoft IMEの不具合のようです。これについてはMicrosoftの対応待ち。

Microsoft IMEの不具合の対応方法もあります。

タスクにあるMicrosoft IMEアイコンを右クリックして「設定」を選択し「全般」を選択してください。

「互換性」という項目があるので「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」を有効にしてください。

これでMicrosoft IMEの不具合は起きなくなるかと思います。

ダウンロード

ダウンロードの前に利用規約をご確認ください。利用規約に同意できる方のみダウンロードしてご利用ください。

ファイルのダウンロードはこちら。

不具合等ありましたらコメントにて書き込んでいただけると幸いです。

動作環境

Windows(Windows 10、Windows 11で動作確認)

ソースコード

Embarcadero社の無料Delphiで作ったソースコードはこちら。

下書き用のエディター。. Contribute to yhira/chirashi development by creating an account on GitHub.

急に必要になって突貫で作ったので、コンポーネントの名前などはしっかりと命名していません。もしよろしければ誰かもっと良いのを作ってください。

開発支援

チラシの裏は個人・法人に関わらず完全無料で利用できますが、開発支援は大歓迎です。

更新履歴

v2.0.3

  • リリース

v2.0.4

  • 64 bit版に変更

v2.0.5

  • 二重起動防止

v2.0.6

  • 元に戻すボタンの追加

v2.0.7

  • フォームを常にトップにするボタンの追加

v2.0.8

  • フォームのトップ状態の保存

v2.0.9

  • フォームを常にトップ表示にした際にバージョン情報を表示するとアプリが操作できなくなる不具合修正

v2.0.10(2022/10/29)

  • チラシの裏を開いたままWindowsを終了させても文章や設定が保存されるように修正

v2.1.11(2022/10/31)

  • ダークモード対応

v2.1.12(2022/11/6)

  • 選択テキストをGoogleで検索できる機能追加

v2.1.13(2022/11/7)

  • Google検索ボタン追加
  • メインフォーム最小サイズ指定

v2.1.14(2022/11/19)

  • ブラウザやWord等からエディタ部分に貼り付けを行った場合、書式ごと貼り付けずプレーンテキストで貼り付けが行われるように修正

v2.1.15(2022/11/26)

  • Windows 11 22H2 Microsoft IMEの不具合で〔半角/全角〕キーを押すとアプリケーションがクラッシュするのを回避

こちらのWindows 11 Microsoft IME不具合問題に対処。

View announcements and review known issues and fixes for Windows 11

Delphi開発環境のアナウンス。

『書き捨て用の低機能エディター「チラシの裏」を作成【Windows用】v2.1.15』へのコメント

  1. 名前:とくめい 投稿日:2022/10/22(土) 20:23:36 ID:68e16f497

    寝る前にPCをシャットダウンしたのに、エディタの保存ダイアログが邪魔して起動したままだったパターンに困っていたので早速つかってみます。
    ありがとうございます。

  2. Avatar photo 名前:わいひら 投稿日:2022/10/22(土) 23:03:09 ID:de309b7bc

    ああ!それもあるあるですね!
    シャットダウン時どうなるかは、この「チラシの裏」ではまだ試していませんでした。シャットダウン時大丈夫かな…。

  3. 名前:匿名 投稿日:2022/10/25(火) 15:30:08 ID:1ce23766e

    チラシの裏 → Evernote
    へ文章をコピペした際に
    スキマを1行空けた「改行」が消されてしまうようです。

    そのため、
    チラシの裏 → メモ帳 → Evernote
    といった手順でコピペしています。

    Evernoteに文章をコピペすると改行が消えてしまう問題について
    もし改善できるようでしたら、対応していただけると嬉しいです。
     

    ネーミングもそうですが、メモのスタート地点となる点で常用アプリとなりそうです。
    ありがとうございます。

  4. Avatar photo 名前:わいひら 投稿日:2022/10/26(水) 17:30:05 ID:5f46d5e17

    その動作は以下の2環境でも同様に再現されますか?
    http://netakiri.net/soft/memo.shtml
    https://nelog.jp/wp-content/uploads/2022/10/chirashix.zip
    双方とも同様の動作であるようであれば、開発環境(Delphi)が使用しているコンポーネントの仕様かもしれないのでどうしようもないかもしれません。

  5. 名前:Mihaya 投稿日:2022/10/27(木) 12:53:27 ID:297822fe9

    日本語入力のために『全角/半角』キーを押したときにソフトが落ちます。他の方法では落ちないので入力自体はできるのですが修正していただけるとありがたいです。
    環境はwindows11となります

  6. Avatar photo 名前:わいひら 投稿日:2022/10/27(木) 17:35:20 ID:c78689535

    IMEは何でしょうか?
    Microsoft IMEであれば、Microsoft IMEの設定で「互換性」の設定で「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」にしても同様の症状が出ますでしょうか。

  7. 名前:Mihaya 投稿日:2022/10/28(金) 00:03:21 ID:2c98881e2

    ありがとうございます。解決しました。
    普段見ない設定だったので完全に意識の外にありましたね……

  8. Avatar photo 名前:わいひら 投稿日:2022/10/28(金) 00:37:22 ID:c9e052436

    返信ありがとうございます。
    やっぱその対応方法で解決するんですね。

    今回のようなフリーズは、おそらくですがMicrosoftの修正に期待するしかなさそうです。。
    詳細をこちらに掲載しておきます。
    チラシの裏におけるtextinputframework.dllに関する不具合について

    MicrosoftもMicrosoft IMEが不安定という自覚があるので、そういう設定があるのでしょうね…。

  9. 名前:匿名 投稿日:2022/10/31(月) 07:16:37 ID:1a90228f7

    >その動作は以下の2環境でも同様に再現されますか?

    改行問題についてどちらも同じ結果になりました。
    そういった仕様だと認識したうえで使っていこうと思います。
    ありがとうございました

  10. 名前:トトロ 投稿日:2022/11/23(水) 02:46:28 ID:695faba31

    なるほどIMEに互換設定があるの知らなかった^^;
    解決しました。
    チラシの裏、重宝しています。

  11. Avatar photo 名前:わいひら 投稿日:2022/11/23(水) 10:52:58 ID:6e7b31e92

    Windows IMEの問題があるので、そのせいで使用を止める方がおられるかもしれないのがちょっと残念です。
    ちょっとしたことを書くのにこれがないと困るぐらい自分でも重宝してます。

  12. 名前:トトロ 投稿日:2022/11/23(水) 14:38:35 ID:695faba31

    日本だけで数千万人のPCユーザーがいるし、この便利さに気づけば必須エディタになるね。チラシの裏は数千万DLされると思うけどね。
    下書きだけでなく、フォントサイズを常時大きめにしてるので、忘れた漢字を書くときにすごく便利。PCやブラウザの文字サイズ変更は手間かかるし。
    ハズキルーペ使い始めたときは、こりゃ便利!と思ったけどチラシの裏はその10倍重宝してます。半角キー押すと落ちる現象はTeraPadでも発生してたけど、10年ぶりのアプデで解消してるから、何かしらの裏技があるかもしれないですね。

  13. Avatar photo 名前:わいひら 投稿日:2022/11/25(金) 12:05:19 ID:493c9cfbc

    さすがに数千万は(笑
    とはいえ、自分が思っていた以上に反響があって「意外と需要があったんだな…」と自分でもびっくりです。

    フォントサイズを常時大きめにしてるので、忘れた漢字を書くときにすごく便利。

    これ、僕もやりますね。
    手紙などを書くときに「あれ?どんな漢字だったっけ…」とチラシの裏に出力するのを年に何回かします。

    TeraPadでも同様の症状が起きるんですね。
    TeraPadもMeryも確かDelphi製なので何か相性問題があるっぽいですね。
    それでちょっと検索してみたら以下の記事が出てきました。

    フリーの老舗テキストエディター「TeraPad」が10年ぶりのアップデート
    https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1447895.html

    本バージョンにおける変更点は、「Windows11 バージョン 22H2」環境で[半角/全角]キーを押すとアプリがクラッシュする現象に対処したことのみ。この現象は「Delphi」「C++Builder」「RAD Studio」製のアプリ幅広く発生するとのことで、Embarcaderoが回避策を案内していた。

    開発環境側が回避策を案内しているようなので、後で調べてみようと思います。

    加えて、今回の問題点はMicrosoft側も2022年11月18日には把握したっぽいので、近いうちに改善はされるかもしれません。
    https://wp-cocoon.com/community/postid/66554/

  14. Avatar photo 名前:わいひら 投稿日:2022/11/25(金) 12:15:37 ID:493c9cfbc

    開発環境側公式の回避方法を見つけました。

    Windows 11 22H2 の新しいMicrosoft IME によって既存のVCL アプリケーションがクラッシュする – Support
    https://docwiki.embarcadero.com/Support/ja/Windows_11_22H2_%E3%81%AE%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84Microsoft_IME_%E3%81%AB%E3%82%88%E3%81%A3%E3%81%A6%E6%97%A2%E5%AD%98%E3%81%AEVCL_%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%8C%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%81%99%E3%82%8B

    Delphi側の回避方法もこちらに書いてあったので、後で試してみようと思います。

    Windows 11 22H2 で〔半角/全角〕キーを押すとアプリケーションがクラッシュする – Qiita
    https://qiita.com/ht_deko/items/d572f0b965e21c8125f4

  15. 名前:みち 投稿日:2022/11/26(土) 16:53:50 ID:6c4441db7

    回避策が見つかったのですね!

    早速チラシの裏のv2.1.15で動作確認をしてみました。

    Windows 11のMicrosoft IME(新しい方)で〔半角/全角〕キーを押しても、異常が発生しないことを確認しました。

    あと以前のバージョンではSokki Voiceで音声から「Shift + Enter」をエミュレートした際も同様のエラーが起こっていたのですが、こちらについてもエラーが起きず、音声で文書の改行ができることを確認しました。

  16. Avatar photo 名前:わいひら 投稿日:2022/11/26(土) 23:18:47 ID:0ee4f3c89

    動作確認ありがとうございます!
    みちさんの環境でもエラーが出なくなったようで安心いたしました。
    なんかどういうわけか浮動小数点エラーが出ちゃうみたいですね。
    僕の環境で不具合が出てもエラーメッセージとか出なかったので、原因を突き止めて公開してくれた方に本当感謝です。

    Microsoft側でも対応するようですが、最新の一般チャンネルのアップデートでも改善されていなかったようなので対応しておきました。