MixHost vs ConoHa WING徹底比較表。どちらを選ぶべきか?

僕は複数サイトを運営しており、MixHostと、ConoHa WINGサーバー双方とも利用しています。

双方のサーバーとも、最新技術をふんだんに取り入れている新進気鋭のサーバーです。

どちらとも「サーバーの処理速度」を重視しているレンタルサーバーだと思います。

WordPressの個人サイト運営であれば、正直どちらを使っても良いパフォーマンスを得られると思います。

けれど、どちらともスピードを重視したレンタルサーバーと言えど、双方違うサーバーであるのには間違いありません。いろいろ調べてみると、違う部分も見えてきます。

そういった違いを見比べるために、一覧表を作成してみました。

双方サーバーは「何が、どう違うのか?」が分かりやすくなっているかと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

サーバースペック比較表

それぞれサーバーの最安の同価格帯プランで比較します。

MixHostは「スタンダード」プラン。ConoHa WINGの「ベーシック」プランでの比較になります。

価格はすべて税別料金として表示しています。

色別評価の違いは以下のようになっています。

  • 緑色:勝(まさ)っている
  • 黒色:変わらない
  • 赤色:明らかに劣っている
MixHost
スタンダード
ConoHa WING
ベーシック
初期費用 0円 0円
月額料金(1年契約) 980円 1200円(月額換算)
月額料金(3年契約) 880円 1200円(月額換算)
無料お試し期間 10日間 0日間(キャンペーン時11日間)
商用利用
再販
リージョン選択 × ×
アダルトサイト ×
出会い系サイト ×
プランアップグレード 即時 即時
プランダウングレード 即時(差額は返金) 即時
最上位プラン能力 スペックアップ可能。
超大規模サイトでも運用可能。
スペックアップ可能。
超大規模サイトでも運用可能。
サーバー引っ越し
オプション
○(有料プロの手作業で割安 ○(無料ツール:トラブル対応は自前
支払方法 クレジットカード
PayPal
銀行振込
クレジットカード
ConoHaチャージ
ConoHaカード
サーバーソフト LiteSpeed nginx
HTTP/2
QUIC
(新高速化技術)
×
使用ディスク 完全SSD 完全SSD
ディスク容量 150GB 200GB
CPU 3コア ?(アクセスで自動可変)
メモリー 4GB ?(アクセスで自動可変)
転送量目安 2TB/月(平均:66GB/日)
月区切り
例:1日だけ200GBでもOK
2.5TB/月(平均:83GB/日)
月区切り
例:1日だけ200GBでもOK
SSD RAID10構成
自動DBバックアップ 14日分 14日分
自動ファイルバックアップ 14日分 14日分
遠隔バックアップ ○(東京 or 北海道) ?サイトに記述なし
バックアップ
復元コスト
無料 MySQL:1,000円
ファイル:5,000円
メール:500円
ドメイン取得 別サービス 別サービス
マルチドメイン 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限
MySQL 無制限(MariaDB) 60個まで(MariaDB)
MySQL管理ツール phpMyAdmin phpMyAdmin
SQLite
PostgreSQL × ×
独自SSL
無料SSL
管理パネル cPanel cPanel
CPU使用率表示
メモリー使用率表示
ディスク使用量表示
転送量表示
オリジナルCGI利用
SSI利用
PHP 7.2、7.1、5.6 7.2、7.1、7.0、5.6
Ruby 2.0.0 2.5.0、2.0.0
Python 2.7 3.6、2.7
Perl 5.16 5.16
Cron
SSH利用
FTP利用
FTP追加アカウント 無制限 無制限
ファイルマネージャー
.htaccess編集
WEBフォント利用機能 × ×
メールアカウント 無制限 無制限
メーリングリスト
メールマガジン × ×
メール転送
メール自動返信
WEBメール
メールボックス容量設定
アンチウィルス
スパムフィルター
メール暗号化
ブログシステム
簡単インストール
WordPress : ◯
Drupal : ◯
Joomla : ◯
concrete5 : ◯
Movable Type : ◯
WordPress : ◯
EC-CUBE:○
簡単インストール
サポート メール、個別フォーラム(停止中) 電話チャット、メール
サポート対応 良い 良い
質問のしやすさ 画像をアップロードできるので説明しやすい。 電話やチャットで気軽に聞ける

MixHostの強み

比較してみた結果、MixHostの強みはこちら。

  1. 月額コストが安い
  2. 無料お試し期間がある
  3. アダルトサイト運営が出来る
  4. 出会い系サイト運営が出来る
  5. サーバーのプロが割安で引っ越し作業をしてくれる
  6. 遠隔自動バックアップ
  7. バックアップの復元コストが無料
  8. データベースを無制限に利用できる

運営コストが安い

MixHostの場合、3年契約にすれば、月額880円です。

ConoHa WINGは最低額でも1200円なので、MixHostの方が27%コストを安く運営できます。

双方のサーバとも、個人サイト運営ではオーバースペックの能力を備えているので、コストが安いというのはやはり大きいです。

無料お試し期間がある

MixHostは、10日間の無料お試し期間があります。

この間に、様々な機能を試すことができ、気に入らなかったらやめることが可能です。これはやはり大きい。

ただ、ConoHa WINGも1時間2円の料金体制なので、24時間試して辞めれば、48円で済むので、金額的にお試しのハードルはそこまで高くはありません。

ConoHa WINGもキャンペーン中であれば無料体験できる場合もあります。

アダルト・出会い系運営ならMixHost

MixHostは、最もコストをかけずにアダルトサイトや出会い系サイトを運営できるレンタルサーバーだと思います。

他にもアダルトサイトを運営できるサーバーはあるのですが、オプション料金がかかったり、基本料金が高かったりします。

その点、MixHostは最も値段の安い「スタンダードプラン」からアダルトサイトを運営することができます。

ConoHa WINGは、アダルト・出会い系サイト双方とも禁止と明記されています。

サーバーのプロが引っ越しをしてくれる

MixHostの場合は、有料ではありますがサーバーのプロに丸投げでWordPress引っ越しを行ってくれます。

ConoHa WINGでも、無料ツールで引っ越しはできますが、予期せぬトラブルで行き詰まった場合は、自前で対処しなければいけません。

バックアップ・復元体制が手厚い

MixHostは、東京と北海道のデータセンターに分散して毎日自動バックアップをされます。

このように、分散してバックアップされることで、例えば東京で災害が起こったとしても、北海道のデータから復旧させることができます。

またMixHostの場合、バックアップデータからの復元も簡単です。しかも復元料金は無料

サイト管理者が、「復元したい」と思ったときにすぐにリストア作業に取りかかることができます。

サイト運営経験がある人なら、分かると思うのですが、サイトが予期せぬエラーで見れなくなったときは、とにかく焦るものです。そして「なるべく早く復旧しなくては」と気ばかりがはやります。

そんな場合、すぐさま自分で復旧出来るMixHostは、サイト管理者にとって強い味方と言っていいでしょう。

これが有料の場合だと、まずは料金を支払って…と手続きが多くなり、すぐに復旧できない場合もあります。この差は大きいです。

データベースが無制限

MixHostの場合、データベースを何個も作成することが可能です。

ということはWordPressサイトを何個でも作成して「トライ&エラー」することができます。

サイトを始めたての場合、「どんなサイトが当たるか」は分かりません。とりあえず作ってみて、芽が出てきたものを伸ばすサイト運営をしている方も多いと思います。

そういうサイト運営方針の方には、データベース無制限はありがたいです。

ただ、ConoHa WINGも60個までデータベースを作成できるので、これだけあれば十分とは思います。

サイト MixHost

MixHostでサイト運営を開始する方法はこちら。

レンタルサーバーを借りてブログ(及びアフィリエイト)を始めるならは最良の選択肢になり得ます。 というのも、高性能サーバーを88...

ConoHa WINGの強み

MixHostと比較して、ConoHa WINGの方が優れていると思う点はこちら。

  1. 引っ越しが無料
  2. ディスク容量が多い
  3. 転送量目安も多い
  4. 電話やチャットサポートがある

引っ越しが無料

ConoHa WINGでは、無料で利用できる「WordPressサイト引っ越しツール」が提供されています。

WordPressのアカウント情報を入力すれば、ワンクリックでサイト移転が行えるツールになっています。

ただ、反面「プラグインとの兼ね合い」とか「データ量が多すぎる」という場合、うまく動作しない場合もあります。そういう場合も、自前で問題を調査して対応する必要があります。

その点、MixHostであれば有料ではありますが、全てを丸投げすることができます。

ディスク容量が多い

MixHostが150GB。ConoHa WINGが200GBとディスク容量には分があります。

ただ、どちらであってもこれだけのサイズがあれば、動画サイトとかでなければ何十年と運営できると思います。

転送量目安が多い

転送量目安を比較すると、以下のようにConoHa WINGの方が多いです。

  • MixHost:2TB/月(平均:66GB/日)
  • ConoHa WING:2.5TB/月(平均:83GB/日)25%多い

双方とも、月区切りの転送量換算になるので、一日だけトラフィックの増加により転送量が500GBあったとしても、月上限の範囲内であれば問題ありません。

ここらへんは、双方とも大きな利点です。双方のサーバーともリソース制御がうまくできているのだと思います。

電話やチャットサポートがある

サーバーでトラブルが起きた場合、すぐにサポートの意見を聞きたいケースもあるかと思います。

そういう場合は、やはり電話やチャットサポートがあると直ぐに回答を得ることができます。

メールサポートだけだと、どうしても返信までに結構な待ち時間があります。

自分のサイトが落ちてしまって、やきもきしているときに、この待ち時間は結構気をもみます。

もし「トラブルがあった場合に直ぐにサーバーの意見を聞きたい」なんて場合は、電話・チャットサポートのあるレンタルサーバーは心強いです。

ただ、電話・チャットの受け付け時間は営業日の10時~18時となっているので、夜中にトラブルが起きた場合は対応できません。

サイト ConoHa WING

まとめ

「で、どちらのサーバーが良いの?」ということに答えるならば、以下のようなことが言えるかと思います。

  • コストも安く、アダルトサイトが運営でき、バックアップ・リストア体制が充実しているサーバーなら → MixHost
  • ディスク容量・転送量が多く、サポートが充実しているサーバーなら → ConoHa WING

双方とも、サーバーの処理速度は速いサーバーです。

個人サイトの運営であれば、どちらのサーバーでも十分役割を果たしてくれると思います。

その早いサーバーに加えて、「コスト安・アダルト可・バックアップ体制充実」を選ぶか「サポートの返信の早さを選ぶか」だと思います。

どちらのサーバーを選んでも100万PV/月 規模のサイトであれば余裕で運営する能力があります。

『MixHost vs ConoHa WING徹底比較表。どちらを選ぶべきか?』へのコメント

  1. 名前:ress 投稿日:2019/03/15(金) 13:45:31 ID:f041983f4

    何箇所かmixhostをカラフルボックスと間違えてますよ

  2. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2019/03/16(土) 00:23:57 ID:c83b935b4

    ご指摘ありがとうございます!
    修正しておきました。