シン・レンタルサーバー vs mixhost徹底比較表。どちらを選ぶべきか?

僕は複数サイトを運営しており、シン・レンタルサーバーと、mixhostサーバー双方を利用しています。

どちらも個人が利用するには十分すぎるレンタルサーバーと言ってよいでしょう。

とはいえレンタルサーバーを選ぶなら

出来る限り安くて高性能なレンタルサーバーを選びたい

と考えて当たり前です。これから始める自分の大事なサイトを任せるのですから。

そんな有能レンタルサーバー選びにスペックの比較は重要です。

ただサーバーの比較するにしても、両サーバーのサイトを行き来して見比べるのは大変です。

そんなわけで、手軽に両サーバーを比較できるように一覧表を作成してみました。

双方、「何が、どう優れているのか?」が分かりやすくなっているかと思います。

サーバースペック比較表

それぞれサーバーの最安の同価格帯プランで比較します。

シン・レンタルサーバーは「ベーシックプラン」。mixhostは「スタンダードプラン」での比較になります。価格はすべて税込料金として表示しています。

色別評価の違いは以下のようになっています。

  • 緑色:勝(まさ)っている
  • 黒色:変わらない
  • 赤色:明らかに劣っている
シン・レンタルサーバー
ベーシック
mixhost
スタンダード
初期費用 0円 0円
月額料金(1年契約) 880円 1,650円
月額料金(3年契約) 770円 1,320円
無料お試し期間 10日間 30日
※無料でなく返金保証
商用利用
再販
※一部条件あり
アダルトサイト
出会い系サイト
プラン
アップグレード
月単位 即時
プラン
ダウングレード
利用期限単位 不可
最上位プラン能力 スペックアップ可能。
大規模サイトでも運用可能。
スペックアップ可能。
大規模サイトでも運用可能。
サーバー引っ越し
オプション
(SSLサイト移転)
移行ツール有(無料)
移転代行:33,000円
移行ツール有(無料)
移転代行:10,890円
支払方法 クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
Pay-easy
クレジットカード
PayPal
銀行振込(楽天銀行)
サーバーソフト nginx LiteSpeed
HTTP/2
QUIC
(新高速化技術)
×
HTTP/3 ×
KUSANAGI
(WP高速化)
×
使用ディスク NVMe SSD SATA SSD
ディスク容量 300GB 300GB
CPU 6コア 6コア
メモリー 8GB 8GB
転送量目安 無制限 無制限
RAID構成 RAID 10 RAID 10
自動DBバックアップ 14日分
※自動復元機能あり
14日分
※自動復元機能あり
自動ファイルバックアップ 14日分
※自動復元機能あり
14日分
※要手動復元
遠隔バックアップ ?サイトに記述なし ○(北海道)
バックアップ
復元コスト
無料
※自動復元機能あり
無料
※要ファイル手動復元
ドメイン取得 同サービスで可能 同サービスで可能
ドメイン料金 1つ無料 1つ無料
マルチドメイン 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限
MySQL 無制限(MariaDB) 無制限(MariaDB)
MySQL
管理ツール
phpMyAdmin phpMyAdmin
SQLite
PostgreSQL × ×
独自SSL
無料SSL
管理パネル 独自パネル cPanel
CPU使用率表示
メモリー使用率表示
ディスク使用量表示
転送量表示
オリジナルCGI利用
SSI利用
PHP 8.1、7.4、5.6 8.1、7.4、5.6
Ruby 2.0 2.0
Python 3.3、2.7 2.7
Perl 5.16 5.16
Cron
SSH利用
FTP利用
FTP追加アカウント 無制限 無制限
ファイルマネージャー
.htaccess編集
WEBフォント利用機能 モリサワ
75,000PVまで無料
×
メールアカウント 無制限 無制限
メーリングリスト
メールマガジン ×
メール転送
メール自動返信
WEBメール
メールボックス容量設定
アンチウィルス
スパムフィルター
メール暗号化
簡単インストール
サポート 電話、メール メール
サポート対応 良い 良い

両者ともカタログスペックのみで言えば、結構似たサーバーになっています。

シン・レンタルサーバーの強み

比較してみた結果、シン・レンタルサーバーの強みはこちら。

  • 料金が安い
  • 最新の高速化施策(KUSANAGI・NVMe SSD等)
  • ファイルの自動復元ができる
  • 電話でサポートを受けられる

圧倒的に料金が安い

両サーバーの違いとして一番に目を引くのが、やはり月額料金の安さです。

価格にして2倍弱の違いは大きなインパクトがあります。

そんな利用料金の安いシン・レンタルサーバーですが、安いから性能が落ちるということは全く無く、サーバー性能自体も最先端を進んでいます(理由は後述します)。

速度も速い

シン・レンタルサーバーは、WordPress超高速実行環境のKUSANAGIを搭載しています。

加えて、シン・レンタルサーバーの方は使用ディスクに通常のSATA SSDではなく、ストレージ高速化技術のNVMe SSDが採用され、さらなる高速化が図られています。

加えてシン・レンタルサーバーには、設定による更なる高速化機能も付いています。

もちろん、mixhostにも高速化施策は行われているのですが、トータル的にシン・レンタルサーバーの方が魅力的に感じました

ファイルの自動リストアが可能

テーマなどのカスタマイズなどに失敗して、エラーになった場合でも、サーバー機能からファイルの自動復元が可能です。

mixhostは、データベースの自動復元機能がありますが、ファイルの自動復元機能はありません。

やはり自動復元機能は、データベース・ファイルともできたほうが、何かサイトに異変があった時にサイト運営者としても安心です。

電話サポートあり

また、「サポートは電話でないと文章を書くのが面倒くさい」なんて場合は、シン・レンタルサーバーになると思います。

サイト シン・レンタルサーバー

mixhostの強み

シン・レンタルサーバーと比較して、mixhostの方が優れていると思う点はこちら。

  • プランの変更がフレキシブルに可能(急なトラフィックの増減にも対応できる)
  • WordPress移転代行オプションで引っ越しが安い
  • HTTP/3高速通信技術に対応
  • 直線距離で2000km以上離れた遠隔地にバックアップ(災害によるデータロスもしにくい)

プラン変更がフレキシブル

シン・レンタルサーバーになくてmixhostにある特徴といえば、プランのアップグレード・ダウンロードが即座に反映される機能でしょう。

これがあると、サイトの記事がバズってアクセスが増えた時も即座に対応できます。そしてアクセス去った後でも即座にダウングレードできます(※差額の返金は不可)。

サイト mixhost

まとめ

「で、どちらのサーバーが良いの?」ということに一言で答えるならば、以下のようなことが言えるかと思います。

現時点で、新しくサイトを始めるのであれば、僕は間違いなくシン・レンタルサーバーを採用すると思います。

というのも、双方ともカタログスペックではほぼ同じながら、シン・レンタルサーバーの方が値段も圧倒的に安く、KUSANAGI(WordPress高速化技術)、NVMe SSD(ストレージ高速化技術)が採用されていて、お得感が半端ないからです。

よっぽどの理由がない限りはシン・レンタルサーバーで間違いないと思います。

とはいえ、双方とも良いサーバーなのは間違いありません。個人サイトであれば、どちらを選んでも問題ないような気はします。どちらも100万PV/月 規模のサイトであれば十分に運営可能でしょう。

シン・レンタルサーバーでは、キャンペーン期間中はさらに料金が安くなります。ご確認はこちら。↓