簡略版!MixHostサーバーでWordPressをSSL対応(HTTPS化)させる方法

SSL対応サイトを開設したいならMixHostは有能サーバーです。

というのもMixHostでは、SSL証明書世界シェアNo.1のCOMODO社を認証局に採用した、独自SSLを無料で利用でできるからです。

しかも、その利用方法が簡単でネームサーバー変更後、暫く待ってウェブサイトのURLを「http://~」から「https://~」に変更してブラウザで表示させるだけという手軽さです。

また、MixHostは、レンタルサーバーではHTTP/2に対応しているので、SSL化することで、通信効率も上がりページの表示速度も上がります(日本のレンタルサーバーでは初)。

正直、MixHostを利用しているのなら、HTTPSページにしない手はないと思います。

ということで以下では、「WordpressサイトをSSL対応させる方法」について紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

主な手順

WordPressサイトをHTTPSにするのに必要な主な手順は以下です。

  1. ブラウザでURLをhttpsに変更する
  2. WordPressのアドレス設定を変更する
  3. リダイレクト設定をする
  4. コンテンツの内部リンク等を変更する(コピペ)

以前エックスサーバーでSSL対応した方法は以下で書きました。

エックスサーバーが独自SSLを無料かつ無制限で利用できるようになりました。 この、エックスサーバーの「ユーザーにどんどん利便性...

今回の方法は、上記方法より以下の点において手順が簡略化されています。

  • MixHostではSSLの設定が不要なこと
  • 外部リンクURL等の変更をPHP処理で表示させた(手動で置換が不要になった)

これにより、「面倒なSSL対応」が「少し面倒なSSL対応」ぐらいにはなるかもしれません。

ブラウザでURLをhttpsに変更する

まず、MixHostにサイト作成(及び移行)をすると、ドメイン登録をして、ネームサーバーの変更を行うと思います。

そのネームサーバー設定の変更をすることで、「MixHostでは何もしなくてもSSLが利用できるよう自動設定」されます。

ほんと、ここらへんはサイト運営者は何もする事がありません。

SSL設定の反映を待つ

ただ、SSL設定が反映されるには、ネームサーバーの変更から24~72時間程度必要なので、しばらく待つ必要があります。

ブラウザのURLを変更する

ネームサーバの変更からある程度時間が経ったら、ブラウザのアドレスバーに表示されているURLを「http://~」から「https://~」に変更してページを表示させます。

当サイトを例にすれば「http://nelog.jp/」から

通常のhttp表示[4]

https://nelog.jp/」にしてブラウザ表示させる感じです。

アドレスバーにHTTPSと入力するだけでSSL化[12]

このように、SSL対応するに当たって、取り立てて運営者がサーバー設定ですることは、何一つありません。

SSL設定が反映されていない場合は、ブラウザでエラー画面が出ると思います。そういった場合は、時間を空けて試してみてください。

WordPressのアドレス設定を変更する

次に、Wordpressにログインして、管理画面を表示します。

メニューから「設定」→「一般」を選択します。

SSLに対応するため一般設定のアドレスを変更する

「一般設定」画面が開いたら「Wordpressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」部分を変更します。

SSL化させるために一般設定を開く

以下のように、httpと表示されているアドレスを

SSL対応前の寝ログのアドレス設定

以下のようにhttpsに変更します。

SSL対応後の寝ログのアドレス

リダイレクト設定をする

あとは、FTPなどで.htaccessファイルを開いてコード上部に、以下をコピペで記入します。

これは、httpに来たアクセスをhttpsページにリダイレクトさせるコードです。

MixHostサーバーの場合、「/public_html/ドメイン/」にあります。

MixHostサーバーで.htaccessファイルの場所

MixHostのcPanelのアドオンドメイン設定でドキュメントルートを変更した場合は、.htaccessのあるフォルダは、設定したテキストになります。

.htaccessファイルは、編集に失敗するとサイトに重大なエラーを引き起こする可能性がありますので、バックアップを取ってください。何か不具合があった際は、そのバックアップファイルを元に復元してください。

コンテンツの内部リンク等を変更する(コピペ)

ここで通常なら、「Search Regexプラグインを用いて投稿本文内を一括置換する」という手法を用いています。

Search Regexプラグイン

WordPressデータベース内の文章を一括で検索したり、置換したりすることができるプラグイン。

Search-Regex

ただ、それだと手間なので、PHPコードで一括置換できるコードを書きました。

使用中のテーマ(子テーマ)のfunctions.phpに、以下のコードをコピペするだけでOKです。

このコードの詳細や、新たな条件を追加する方法は、以下の記事を参照してください。

以前、WordpressサイトをSSL化する手順を紹介しました。 この中の工程で一番作業が面倒くさくて危険なのが「内部...

このコードを利用すると、手動による置換作業は不要になるので、かなり設定は楽になると思います。うまくいかない場合は、貼り付けたコードを削除するだけで元に戻りますし。

その他の設定

サイトをSSL化するとそれまで使用していたツールやWEBサービスの設定を変更する必要も出てくるかと思います。

そういった、ツール・サービスの変更については以下に書いてあるので、当てはまるものの再設定をしてください。

エックスサーバーが独自SSLを無料かつ無制限で利用できるようになりました。 この、エックスサーバーの「ユーザーにどんどん利便性...
先日、サブサイトをSSL化しました。 すると、SSL化前の「httpアドレス」でGoogle Search Conso...
もちろん、上記記事に書かれているもの以外でも利用状況によっては設定が必要になるサービスもあると思います。

まとめ

こんな感じで、当サイトをSSL対応させることができました。

Chromeで保護された通信(寝ログ)

MixHostサーバーのSSLを利用し、「非SSL URLをSSL対応に置換するコード」を利用することで、かなりSSL化手順が簡略化されたのではないかと思います。

やっぱり、MixHostでHTTPS表示するとHTTP/2(通信の効率を良くして表示速度が向上した通信プロトコル)が利用できるので、サイトの高速化にも一役買うのはありがたいです。

MixHostサーバーを利用しているのであれば、これを利用しない手はないと思います。

というわけで「MixHostを利用しているけどSSL対応の仕方がよくわからない」とか「HTTP/2対応されている日本初のレンタルサーバでSSL対応する方法を知りたい」なんて場合は、この記事が参考になれば幸いです。

サイト 高機能・高速・高安定のレンタルサーバーMixHost

参考 WordPressのSSL対応方法 – mixhostサポートサイト

参考 無料独自SSLのご利用方法 – mixhostサポートサイト