エックスサーバー vs MixHost徹底比較表。どちらを選ぶべきか?

僕は複数サイトを運営しており、エックスサーバー と、MixHostサーバー双方を利用しています。

どちらも素晴らしいレンタルサーバーで、「コスパの良い2大巨頭サーバー」と言っても過言ではないでしょう。

WordPressで個人サイトを運営するのであれば、どちらかを選択すればまず間違いないでしょう。

というか、これからサイトを始めようと思っている人は、ネットで評判などを調べると、この2つに行き当たり、「どっちが良いだろう??」と大いに迷う可能性が高いと推測されます。

そういった場合は、スペック表を見て自分の使用目的にあったサーバーを選べば良いと思います。けれど、それぞれのサイトを見比べながら比較するのでちょっと面倒くさいかと思います。

そんなわけで、手軽に両サーバーを比較できるように一覧表を作成してみました。

双方、「何が、どう優れているのか?」が分かりやすくなっているかと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

サーバースペック比較表

それぞれサーバーの最安の同価格帯プランで比較します。

エックスサーバーはx10のスタンダードプラン。MixHostもスタンダードプランでの比較になります。価格はすべて税別料金として表示しています。

色別評価の違いは以下のようになっています。

  • 緑色:勝(まさ)っている
  • 黒色:変わらない
  • 赤色:明らかに劣っている
エックスサーバー
スタンダード[x10]
MixHost
スタンダード
初期費用 3000円 0円
月額料金(1年契約) 1000円 980円
月額料金(3年契約) 900円 880円
無料お試し期間 10日間 10日間
商用利用
再販 △(一定条件を満たせば)
アダルトサイト ×
出会い系サイト ×
プラン
アップグレード
月単位 即時
プラン
ダウングレード
契約終了時 即時(差額は返金)
最上位プラン能力 転送量と
ディスク容量のみ増加
スペックアップ可能。
超大規模サイトでも運用可能。
サーバー引っ越し
オプション
× ○(有料だけど割安、転入のみ)
支払方法 クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
Pay-easy
クレジットカード
PayPal
銀行振込(楽天銀行)
サーバーソフト nginx LiteSpeed
HTTP/2
QUIC
(新高速化技術)
×
使用ディスク 完全SSD 完全SSD
ディスク容量 200GB 50GB
CPU ?(共用:非公開) 3コア
メモリー ?(共用:非公開) 2GB
転送量目安 70GB/日
日区切り
日毎の転送量目安は多い
2TB/月(平均:66GB/日)
月区切り
例:1日だけ200GBでもOK
SSD RAID10構成
自動バックアップ(毎日)
遠隔バックアップ ?サイトに記述なし ○(北海道)
バックアップ
復元コスト
MySQL:5000円
ファイル:10000円
無料
ドメイン取得 XSERVERで可能 別サービス
マルチドメイン 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限
MySQL 50個まで 無制限(MariaDB)
MySQL
管理ツール
phpMyAdmin phpMyAdmin
SQLite
PostgreSQL × ×
独自SSL
無料SSL
管理パネル 独自パネル cPanel
CPU使用率表示 ×
メモリー使用率表示 ×
ディスク使用量表示
転送量表示 △(要設定)
オリジナルCGI利用
SSI利用
PHP 7.1、5.6、4.3.9 7.1、5.6
Ruby 2.0.0、1.9.3、1.8.5 2.0.0
Python 3.3.1、2.7.4、2.4.3 2.7
Perl 5.8 5.16
Cron
SSH利用
FTP利用
FTP追加アカウント 無制限 無制限
ファイルマネージャー
.htaccess編集
WEBフォント利用 ○(有料) ×
メールアカウント 無制限 無制限
メーリングリスト
メールマガジン ×
メール転送
メール自動返信
WEBメール
メールボックス容量設定
アンチウィルス
スパムフィルター
メール暗号化
ブログシステム WordPress : ◯
Drupal : ◯
Joomla : ◯
concrete5 : ◯
Movable Type : ◯
WordPress : ◯
Drupal : ◯
Joomla : ◯
concrete5 : ◯
Movable Type : ◯
簡単インストール
サポート 電話、メール メール(フォーラム形式)
サポート対応 良い 良い
質問のしやすさ 電話で聞きたい場合はしやすい 文章で質問する場合はフォーラム形式かつ画像をアップロードできるので書きやすい(書くハードルが低い)

エックスサーバーの強み

比較してみた結果、エックスサーバーの強みはこちら。

  • サーバーソフトがnginx(Apacheより高速)
  • ディスク容量が多い
  • エックスサーバー上でドメインが取得できる
  • 各種プログラムのバージョンが豊富
  • WEBフォントが利用できる(PV2万5000以上は有料)
  • メールマガジンを発行できる
  • 電話でサポートを受けられる

ディスク容量が多い

SSD利用できるディスク容量がMixHostは50GBなのに対して、エックスサーバーは200GBと豊富です。

容量が必要なサイトを運営するには、エックスサーバーの方が良いかと思います。逆に、テキスト・画像メインのサイトの場合は、ここまで必要はないかも。

電話サポートあり

また、「サポートは電話でないと文章を書くのが面倒くさい」なんて場合は、エックスサーバーになると思います。

サイト エックスサーバー

MixHostの強み

mixhost

エックスサーバーと比較して、MixHostの方が優れていると思う点はこちら。

  • 初期費用が0円
  • 月額料金が微妙ながらも安い
  • 無料お試しでクレジットカード登録が不要
  • サーバーソフトがLiteSpeed(Apacheよりは高速)
  • サーバー性能が良い(と推測される)
  • サーバースペースの再販売が可能
  • アダルトサイトを運営可能
  • 出会い系サイトを運営可能
  • プランの変更がフレキシブルに可能(急なトラフィックの増減にも対応できる)
  • プランを上げれば超大規模サイトでも運営可能
  • WordPress移転代行オプションで引っ越しをお任せできる(有料:転入のみ)
  • 最新高速化プロトコルのQUICに対応
  • 直線距離で2000km以上離れた遠隔地にバックアップ(災害によるデータロスもしにくい)
  • バックアップデータをすぐに自前で無料復元可能(XSERVERは有料かつ申し込み制でデータを受け取る必要があるのですぐに対応できない)
  • MySQLを無制限に作成できる
  • データベースがGoogleにも採用されているMariaDB
  • コントロールパネルでサーバーの現在の状態を把握可能(CPU、メモリ、ディスク使用率など)

新しい技術をどんどん取り入れる

MixHostは、先進的で有効な技術を、どんどん取り入れていっている印象です。

とにかくサーバーが快適となる、ユーザーの利便性が上がる新しい技術を積極的に組み込んでいます。上では書いていませんが、最新の「AIを用いたセキュリティ技術」や、「DDos対策機器」も取り入れて、安定性を向上させています。

バックアップを自前で復旧可能

また、バックアップを自分で復元できると言うのも大きいです。

僕は先日、プラグインをいじっていてサイトが真っ白に(エラー状態)になってしまいました。

プラグインのコードをいじっていたわけでもないので、復旧方法もよくわからない状態でした。

けれどそんな時、MixHostのコントロールパネルから、自前でマウス操作を行って、正味15分ほどでデータファイルと、データベースを復旧することができました(作業はほぼ自動)。

先日、とあるプラグインをいじっていたらサイトが真っ白になって表示されなくなってしまいました。 原因を探ろうと、「エラー...

しかも完全無料で。

参考 自動バックアップからファイル/データベースの復元 | mixhostヘルプセンター

これがエックスサーバーであれば、データファイルとデータベース復旧の申し込みをして、データがアップされるのを待つ必要があり、その後、復旧作業を行う必要があったので、数日は必要になっていたでしょう(しかも作業はほぼ手動)。その上、データ準備料金として1万5000円(税別)も必要になってきます。

参考 自動バックアップ機能 | レンタルサーバー【エックスサーバー】

このように、MixHostのように手軽に自分でバックアップデータをレストアできる環境は、収益面での損失を防ぐためにも、あるのに越したことありません。

また、バックアップデータセンターも物理距離で2000km離れた北海道にあるので、例えば東京のデータセンターが災害などで被害をこうむったとしても、北海道のデータセンターから復旧するということが可能となります。

これにより、一層データ保存の安心感があるサーバになっているといえます。

アダルト・出会い系サイトOK

そして、アダルトサイトや出会い系サイトを運営するのであれば、数あるレンタルサーバーの中でもMixHostが最もコストがかからない仕様になっていると思います。

アダルトサイトはアクセス数が多く、トラフィックによる問題が出てくるため、一般的にはアダルト不可なサーバーが多いです。

けれど、MixHostの場合は、アクセス制限を超えると自動的に制限がかかり、他のサイトに迷惑がかからないシステムになっています。

この余所に迷惑をかけないシステムのおかげで、アダルトサイト運営が可能なサーバーとなっています。

アダルトサイト運営側としては、制限がかかるようであれば、プランをアップグレードすれば対応可能です。加えて、オプション料金を支払えば、1000万PV/月以上あるような、サイトでも運営できるように対応してくれます。

コストも安い

また、初期費用も不要で、月額料金も比較的安いため、お財布的にも嬉しい仕様となっています。

その上、10日間も無料体験が用意されており、サーバーの動作状態を確認することが可能です。

サイト MixHost

まとめ

「で、どちらのサーバーが良いの?」ということに一言で答えるならば、以下のようなことが言えるかと思います。

MixHostは、加えてアダルトOK、コストも安い、自前でバックアップ復元可能などといった便利な点も多いです。

ですので、Wordpressサイトを運営するのであれば、個人的にはMixHostの方がおすすめです。

ただ、いずれにせよ、双方とも良いサーバーなので、個人サイトであれば、どちらを選んでも問題ないような気はします。どちらも100万PV/月 規模のサイトであれば十分に運営できます。