簡単!ConoHa WINGでWordPressをインストールする方法(SSL対応)

ConoHa WINGでWordPressのインストールは簡単です。

簡単インストール機能があらかじめ備わっているので、ちょっとした操作で手軽にWordPressサイトを開設することができます。

ただ、これはどんなケースにも言えるのですが、WordPressをインストールするには事前にいくつかの手続きを終えておく必要があります。

以下にできる限り詳しく説明を書いたので、事前準備を行っておいてください。

レンタルサーバーを選ぶ重要な要素として「サーバーの速さ」は欠かせません。 というのも「表示が遅いサイト」は、訪問者がページを読...

WordPressインストール前の事前準備です。

事前準備さえしてしまえば、あとは数分で、WordPressをインストールすることができます。

以下では、「ConoHa WINGでWordPressをインストールする手順」について順を追って説明します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

主な手順

カラフルボックスでWordPressをインストールするには、主に以下の手順が必要です。

  1. WordPressインストールの開始
  2. WordPressのインストール設定
  3. WordPressのインストール実行

WordPressのインストール自体は、10分もかからない作業です。

インストールの前に、ドメインが取得してある必要があります。取得方法は以下を参照してください。

サイトを始めるなら、自前のドメインを取得するのは必須と言っていいと思います。 ドメインというのは、当サイトで言えば「nelog...

ムームードメインドメインで独自ドメインを取得する方法です。

WordPressインストールの開始

WordPressをインストールするには、まずConoHa WINGのコントロールパネルを開きます。

ConoHaコントロールパネル

上部のメニューで「WING」が選択されていることを確認してください。

コントロールパネルでWINGが選択されているか

メインメニューから「サイト管理」を選択します。

メインメニューの「サイト管理」を選択する

WordPressをインストールするには、以下の手順で行います。

サイト管理からアプリケーションのインストール

  1. 「サイト管理」メニューを選択
  2. 「サイト設定」メニューを選択
  3. 「アプリケーションインストール」タブを選択
  4. 「アプリケーション」ボタンを選択

手順通りに、メニューやボタンを選択していくだけです。

ステップ通りに行うと、WordPressインストール画面が出てきます。

インストールしたいドメインが出てこない場合は

WordPressインストール対象の独自ドメインが出てこない場合は、「切り換え」ボタンを押してください。

ConoHa WINGでドメインの切り替え

「設定対象ドメイン切り替え」画面が表示されるので目的の「ドメイン名」を選択するとインストール場所を切り替えることができます。

設定対象ドメイン切り替え

「切り換え」ボタンを押すとドメインを切り替えられます。

このように、ドメインごとに管理画面を切り替えて設定を行います。

WordPressのインストール設定

「アプリケーション」ボタンを押すと、WordPressインストールの初期設定画面が表示されます。

ConoHa WINGのWordPressインストール画面

ここの設定は以下のように入力します。

  • アプリケーション:「WordPress」を選択
  • バージョン:最新のものを選択(数字が大きいもの)
  • WordPress簡単移行:「利用しない」を選択
  • URL:wwwなし(アドレスは短い方が覚えてもらいやすいので個人的には「なし」推奨
  • URL(アドレス):WordPressのインストール先を入力(未入力推奨
  • サイト名:サイトの名前を入力
  • メールアドレス:有効なメールアドレスを入力(サイトからのメールがこのメールアドレスに届きます)
  • ユーザー名:WordPressのログインユーザー名を入力
  • パスワード:WordPressのログインパスワードを入力
  • データベース名:データベースの名前を入力
  • データベースユーザー名:データベースにログインする際のユーザー名を入力
  • データベースパスワード:データベースにログインする際のパスワードを入力

上記の中で、分かりづらいのはデータベース情報入力でしょうか。

ただ難しくは考えずに、WordPressの「サイト名」と「ユーザー名」と「パスワード」を入力する感覚で任意の名前(半角英数字+記号)を入力するだけです。

WordPressのデータベース情報を入力

よくわからない場合は、WordPressと同様のものを入力しておいても問題ないと思います。

パスワード入力は、セキュリティーのため記号含めないと以下のようなメッセージが出るかもしれません。
パスワードに記号を含めなかった場合

インストールの準備が整ったら「保存」ボタンを押してください。

WordPressをインストールする準備ができたら「保存」ボタンを押す

「保存」ボタンが押されるとWordPressインストールが始まります。

SSL対応サイトにする

WordPressのインストールを終えると以下のようなメッセージが画面下に表示されます。

WordPressのインストール完了メッセージ

もうしばらく待つと、以下のように「WordPress稼動中」のメッセージも表示されます。

Wordpress稼働中のメッセージ

と同時に、「アプリケーションインストール」画面にインストールしたWordPressアドレスの一覧が表示されます。

アプリケーションインストール一覧ページ

アドレスを選択すると、以下のような情報が表示されます。

WordPress項目を選択したら

「サイトURL」をクリックすると、インストールしたWordPressトップページに移動します。

「管理画面URL」をクリックすると、WordPressの管理画面に移動します。

「SSL有効化」は必ず有効化しておきましょう。

SSL有効化メッセージ

これからサイトを始めるのであれば「SSL有効化」は必須と言って差し支えないと思います。

SSLを有効化することの意味

「かんたんSSL」の「SSL有効化」ボタンをクリックすると、サイトがSSL対応(httpsサイト)になります。

SSL対応されたサイトは、管理者・訪問者双方の観点から見ても、セキュリティが向上します。

加えて、SSL対応されたサイトは、微小ながらもSEO的効果があります(検索エンジン評価が上がる)。

Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報

ですのでSSL対応は、これからサイトを始める方であれば、必ずやっておくべきことかと思います。というかやらないと損です。

SEOとセキュリティーの観点から見ても、SSL対応しておこう。

SSL有効化がうまくいかない場合は

「SSL有効化」ボタンを押してもうまく動作しない場合は、以下のように「サイトセキュリティ」設定を行う必要があります。

SSL有効化がうまくいかない場合

  1. 「サイト管理」メニューを選択
  2. 「サイトセキュリティ」メニューを選択
  3. 「独自SSL」タブを選択
  4. 「無料独自SSL」項目を選択
  5. 「利用設定」を「ON」にする

こちらのSSLの利用設定は有効にしておく必要があります。

「SSL有効化」がうまくいかない場合は「サイトセキュリティ」設定項目をチェック。

WordPressの動作確認

WordPressのインストール設定を終えたら、URLリンクを開いて動作確認を行ってください。

WordPressサイトで動作確認

リンクを開いて動作確認ができます。

動作確認

最後に「サイトURL」を開いて様々なページを確認して動作確認してみましょう。

「サイトURL」を開くとこんな感じで表示されます。

ConoHa WINGデモトップページ

「管理画面URL」を開くとこんな感じ。

ダッシュボード ‹ ConoHa WINGデモ — WordPress

様々な設定ページを試しに開いてみましょう。

ConoHa WINGを利用している場合、この管理画面の動作がサクサクです。

他のサーバーを利用したことがある方なら、この快速環境に驚くと思います。

軽快動作はサイト運営をする上でのストレス軽減にもつながります。

まとめ

こんな感じでConoHa WINGでWordPressをインストールすることができます。

基本的に、WordPressのログイン情報(DB情報を含む)を入力してインストールボタンを押すだけなので、10分程度で終わる作業かと思います。

ConoHa WINGは、最安プランでもサーバーの応答スピードが速いので、快適にWordPress管理ができるかと思います。

サイト ConoHa WING

まずは無料体験。