エックスサーバー vs ConoHa WING徹底比較表。どちらを選ぶべきか?

一昔前、レンタルサーバーといえばエックスサーバーの一強時代がありました。

しかし昨今では、レンタルサーバーも群雄割拠の時代。新進気鋭の良サーバーがどんどん出てきています。

そんな新進気鋭のサーバーの中でも、サーバースピードで言えば、ConoHa WINGはエックスサーバーと並んでトップクラスにあります。

ただぶっちゃけてしまうと、個人でWordPressサイトを運営するのであれば、どちらを選択しても問題なく運営できます。

どちらも非常に優秀なサーバーであることに間違いはありません。

ですので、これからサイトを始めようと思っている人は、ネットで評判などを調べると、これらサーバーに行き当たる方も多いかと思います。

そして

どっちが良いだろう??

と大いに迷う可能性が高いと推測されます。

そういった場合は、それぞれのサーバーのスペック表を見て「自分の使用目的にあったサーバー」を選べば良いと思います。

ただしその場合、「それぞれのサイトを往復しながらの比較」となるので結構面倒くさい作業になります。

そんな手間を省くためにも、「手軽に両サーバーを比較できるような一覧表」を作成してみました。

双方のサーバーの、「何が、どう優れているのか?」が分かりやすくなっているかと思います。

サーバースペック比較表

それぞれサーバーの最安の同価格帯プランで比較します。

エックスサーバーは「スタンダードプラン」。ConoHa WINGは「WINGパック ベーシックプラン」での比較になります。価格はすべて税込料金として表示しています。

色別評価の違いは以下のようになっています。

  • 緑色:勝(まさ)っている
  • 黒色:変わらない
  • 赤色:明らかに劣っている
エックスサーバー
スタンダード
ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
運営歴 20年 5年
初期費用 0円 0円
月額料金(1年契約) 1,100円 941円
月額料金(3年契約) 990円 687円
無料お試し期間 10日間 なし
商用利用
再販 △(一定条件を満たせば)
アダルトサイト × ×
出会い系サイト × ×
プラン
アップグレード
月単位 即時
プラン
ダウングレード
利用期限単位 即時
最上位プラン能力 スペックアップ可能。
大規模サイトでも運用可能。
スペックアップ可能。
大規模サイトでも運用可能。
サーバー引っ越し
オプション
(SSLサイト移転)
移行ツール有(無料)
移転代行:33,000円
移行ツール有(無料)
移転代行:10,978円
支払方法 クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
Pay-easy
クレジットカード
ConoHaチャージ
ConoHaカード
サーバーソフト nginx nginx
HTTP/2
HTTP/3 × ×
QUIC
(新高速化技術)
× ×
KUSANAGI
(WP高速化)
×
使用ディスク NVMe SSD SATA SSD
ディスク容量 300GB 300GB
CPU 6コア 6コア
メモリー 8GB 8GB
転送量目安 無制限 無制限
RAID構成 RAID 10 RAID 10
自動DBバックアップ 14日分
※自動復元機能あり
14日分
※自動復元機能あり
自動ファイルバックアップ 14日分
※自動復元機能あり
14日分
※自動復元機能あり
遠隔バックアップ ?サイトに記述なし ?サイトに記述なし
バックアップ
復元コスト
無料
※自動復元機能あり
無料
※自動復元機能あり
ドメイン取得 同一サービス 同一サービス
ドメイン料金 2つ無料 2つ無料
マルチドメイン 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限
MySQL(DB作成) 無制限(MariaDB) 無制限(MariaDB)
MySQL
管理ツール
phpMyAdmin phpMyAdmin
SQLite
PostgreSQL × ×
独自SSL
無料SSL
管理パネル 独自パネル 独自パネル
CPU使用率表示
メモリー使用率表示
ディスク使用量表示
転送量表示
オリジナルCGI利用
SSI利用
PHP 8.0、7.4 8.0、7.4、5.6
Ruby 2.0 2.5、1.9
Python 3.6、2.7 3.6、2.7
Perl 5.16 5.16
Cron
SSH利用
FTP利用
FTP追加アカウント 無制限 無制限
ファイルマネージャー
.htaccess編集
WEBフォント利用機能 モリサワ
75,000PVまで無料
モリサワ
75,000PVまで無料
メールアカウント 無制限 無制限
メーリングリスト
メールマガジン ×
メール転送
メール自動返信
WEBメール
メールボックス容量設定
アンチウィルス
スパムフィルター
メール暗号化
簡単インストール
サポート 電話、メール 電話、チャット、メール
サポート対応 良い 良い

スペック的な違いはさほどないですね。ただ、サイトのバックアップ・復旧に関しては圧倒的にエックスサーバーが強いです。

エックスサーバーの強み

比較してみた結果、エックスサーバーの強みはこちら。

  • 日本のレンタルサーバーシェアNo.1
  • 超高速WordPress実行環境のKUSANAGIを搭載
  • 抜群の安定感

日本のレンタルサーバーシェアNo.1

エックスサーバーは日本で一番使用されているレンタルサーバーです(hostadvice.com 調べ)。

シェアがナンバーワンということは、それだけ利用者も多く、情報も多くWEB上に公開されているため、何かトラブルがあった場合は検索から調べて解決できる確率が高いと言えます。

これはかなり大きなアドバンテージです。

サーバーが速い

エックスサーバーは、WordPressに特化した高速環境のKUSANAGIをデフォルトで搭載しています。

加えてリスクで使用されているSSDもNVMe SSDと通信速度も速いものが採用されています。

体感的にもカタログスペック的にも、サーバーの性能的にはエックスサーバーに分があるかと思います。

安定感は抜群

エックスサーバーがレンタルサーバー事業を開始したのは、2003年7月で今から20年前となります。

その間、大きな障害も出さず淡々と安定運営出来ているのは、エックスサーバー社の企業努力の賜物(たまもの)とも言えるでしょう。

サーバーを安定運営するのはサーバー業者としては、当然のことかもしれません。けれどこれができないサーバー業者も結構あります。

エックスサーバーは20年間、堅実に安定運営してきた実績を買われて、多くのアフィリエイターに人気のサーバーとなっています。

反面、ConoHa WINGは2018年9月26日に運営を開始したサーバーです。安定運営状況に関しては、まだまだ運営状況を見守る必要はあるかもしれません。

サイト エックスサーバー

エックスサーバーでサイト運営を開始する方法はこちら。

レンタルサーバーを借りてサイトを作成したい! なんて場合は、は最良の選択肢だと思います。 というのもエックスサーバーは、...

ConoHa WINGの強み

エックスサーバーと比較して、ConoHa WINGの方が優れていると思う点はこちら。

  • 運営コストが割安
  • WordPressの引っ越しが簡単(安い)
  • プランの変更がフレキシブルに可能(即時対応可)

運営コストが割安

ConoHa WINGの「WINGパック」で「スタンダード」プランで3年契約すれば、多少安くサーバーを借りることが可能です。

ConoHa WINGもう十分なくらい高性能なサーバーです。そのサーバーを、これだけ安く借りられるのは、この上ない強みです。

WordPressの引っ越しが簡単(安い)

ConoHa WINGのは、引っ越し代行依頼料が安いです。

ConoHa WINGのWordPress移転料金

「WordPressの引っ越しを有料で丸投げできるオプション」としては、業界トップクラスの安さです。

サイトの引っ越しは非常に手間です。

たったこれだけの値段でプロに丸投げできるのであれば、僕は間違いなく、この引っ越しオプションに依頼します。

エックスサーバーもプロに依頼できますが値段は高いです。

プラン変更がフレキシブル

ConoHa WINGは、クリック操作で手軽にサーバー性能(CPU・メモリ)を上げることができます。

つまり、大量アクセスがある場合は、アップグレードし対応することができます。

この機能は、コントロールパネルのオン/オフで手軽に設定が可能です。

人気ブログや、トレンドサイトを運営する場合は、急激なアクセス増によるトラフィック上昇が起こる可能性は高いです。

そういった場合に、対応できるサーバーとなれば、ConoHa WINGになると思います。

サイト ConoHa WING

ConoHa WINGでサイト運営を開始する方法はこちら。

ここでは「ConoHa WINGでブログを作成する方法」をできるだけ丁寧に説明したいと思います。 以下で紹介する手順通りに設定...

まとめ

「で、どちらのサーバーが良いの?」ということに一言で答えるならば、以下のようなことが言えるかと思います。

  • 速さと安定性ともバランスの良いサーバーを求めるなら→エックスサーバー
  • 少しでもコストの安いサーバーを求めるなら→ConoHa WING

双方のサーバーに歴然とした差はありません。

ただカタログスペック的に近いサーバーだったとしても、個人的にはエックスサーバーの方が総合力で上回っていると思います。

加えて、20年間安定してサーバー運用してきた実績もありますのでエックスサーバーを推したいです。

とはいえ、どちらのサーバーにしても100万PV/月程度のサイトならば、余裕で運営できるので、どちらを選んでも正解とはいえます。

エックスサーバーでは、キャンペーン期間中はさらに料金が安くなります。ご確認はこちら。↓

『エックスサーバー vs ConoHa WING徹底比較表。どちらを選ぶべきか?』へのコメント

  1. 名前:くり 投稿日:2019/12/15(日) 01:59:19 ID:8d333baab

    Conoha Wingについて情報が正確でなくなっています。
    訂正をお願いします。

  2. アバター画像 名前:わいひら 投稿日:2019/12/17(火) 10:57:07 ID:d4c40b840

    ご連絡ありがとうございます。
    試用期間等修正しておきました。
    もし他にも相違点がありましたら、ご指摘いただければ修正いたします。

  3. 名前:レモン 投稿日:2022/07/19(火) 06:14:03 ID:c0fae07f9

    比較して頂いたどちらかを利用して、WordPressでブログの開設を検討しているので参考になりました。

  4. アバター画像 名前:わいひら 投稿日:2022/07/21(木) 14:11:13 ID:5d5ae1ac9

    記事がお役に立てたのでしたらよかったです。
    どちらも個人サイトを粉には十分な能力があります。
    ただ、サイト運営に慣れていない場合は、無料でバックアップ・復元が手軽にできるエックスサーバーの方をおすすめします。
    サイト上に慣れていない時の場合、致命的なミスや、原因不明のエラーになるなんてことが結構あります。
    そういったときに、〇日前にといったように、選んで復元ポイントを指定できる機能は大きな味方になります(※データベースは最大14日分バックアップ)。