レンタルサーバーmixhostに体験登録する方法。30日から返金保証!

先日、サーバー移転をしてmixhostに引っ越してきました。

僕が初めてレンタルサーバーを借りたのは2001年なので、もう22年以上はサイト運営をしていることになります。その間、いろいろなレンタルサーバーを試してきました。

その経験の中で言えば、正直このmixhostサーバーは、日本のサービスの中では非常にすぐれたレンタルサーバーだと断言できます。

なんか、「高速・高性能・利便性」という3つの鈍器で頭の中をブン殴られた感じすらしています。使った瞬間、惚れてしまったといってもいい。

先日、にサーバー移転をしました。 その後しばらくmixhostを利用し、性能を知り、速さを知り、使いやすさを知っていくうちに、...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

mixhostは30日間返金保証

WordPressが快適に使えるレンタルサーバー

そんな、mixhostなんですが、30日間の全額返金補償制度をとっています。

30日という長い間、試しに試して、

どうしても合わない…

となれば全額返金請求できるということです。

ですので与えられた30日間は、思う存分試せば良いでしょう。

契約から30日以内であれば全額返金してもらえます。

というわけで今回は、「mixhostの体験登録の特徴と、登録方法」などについて詳しく書きたいと思います。

mixhostに登録する方法

以下では、「mixhostで体験登録」をする具体的な手順を紹介します。

登録の主な手順

主な手順は以下。

  1. mixhostのプラン選択
  2. サブドメインの選択
  3. ユーザー情報の入力
  4. 送信メールの確認
  5. 支払い

登録作業は10分もあればできるでしょう。

mixhostのプラン選択

まずは、mixhostから「申し込み」を選択します。

mixhostに申し込み

プランの選択

「申し込み」を選択すると、以下のようなプラン選択画面が表示されます。

全てのプランでピュアSSD、LiteSpeed採用の高速サーバーを採用!WordPressが快適に使えます!

mixhostにはデフォルトで、スタンダード、プレミアム、ビジネス、ビジネスプラス、エンタープライズの5つのプランを選べます。

プランについて説明

ちなみに、料金体系は以下(税込料金)。

機能 スタンダード プレミアム ビジネス ビジネス
プラス
エンター
プライズ
初期費用 無料 無料 無料 無料 無料
月額 (1年契約) 1,078円 2,068円 4,158円 8,338円 16,698円
月額 (3年契約) 968円 1,958円 3,938円 7,898円 15,898円
30日間
返金保証
商用利用
再販

最安のプランであれば、月々1,078円(3年契約だと968円)という価格で利用することができます。

しかも、月々1,000円未満のサーバでありながら、これだけの能力を持っています。

機能 スタン
ダード
プレミアム ビジネス ビジネス
プラス
エンター
プライズ
ディスク容量 SSD 250GB SSD 350GB SSD 450GB SSD 550GB SSD 650GB
CPU 仮想4コア 仮想6コア 仮想8コア 仮想10コア 仮想12コア
メモリ 4GB 8GB 12GB 16GB 32GB
転送量の目安 18TB/月 24TB/月 30TB/月 36TB/月 42TB/月
RAID構成
遠隔バックアップ

参考 機能一覧 | mixhost (ミックスホスト)

参考 データー転送量の制限はありますか? – mixhostサポートサイト

このように、

これから初めてWordPressサイトを始める!

なんて方であれば、月額968円(税込:3年契約)の「スタンダードプラン」で十分すぎるくらいのスペックがあります。

というよりも、いい意味でオーバースペックといってもいいくらいです。

プラン変更が容易

ちなみにプランの変更は契約完了後でも自由に変更可能です。

サイト運営を始めたての方であれば、初動は最安プランの「スタンダード」でも十分過ぎる能力があります。

もし、サイト運営が軌道に乗って

アクセスが増えて負荷がかかっているな…

なんてことがあれば、契約後でも上位プランに速やかに移行することができます。

プラン変更で付加対応が可能です。

また、

バズによる急激なアクセスに対応したい

なんて場合でも、上位プランにフレキシブルに移行することが可能です。

mixhostの負荷が増えたら上位プランに移行可能

プラン変更後は、設定は即座に反映されます。

そして驚きなのが、

バズが収まってきたから元の下位プランに戻そう

なんてことも容易に出来てしまうということです。

mixhostの負荷が減ったら下位プランに戻せる

エックスサーバーなども、下位プランに戻そうと思えば戻せるのですが、「契約の利用期限」が来ないと、変更できません。

ここまで、フレキシブルに変更できるレンタルサーバーは、mixhostぐらいしか僕は知らないです(※mixhost登場時点)。

※現在では、他のサーバーでもプラン変更の即時対応のものも出てきましたが、ここまでのレベルのものを最初に導入したのがmixhostです。
PVによって適したプランの目安

ちなみに、「PV数によってどのプランが適しているか?」についてサポートに聞いてみたところ、目安は以下のようになっているようです。

  • スタンダード:100万PV/月
  • プレミアム:200万PV/月
  • ビジネス:400万PV/月
  • ビジネスプラス:800万PV/月
  • エンタープライズ:1600万PV/月

これを見ていただければ、「サイト運営を始めたばかり」という方にとって、「スタンダードでも十分オーバースペック」ということがわかるかと思います。

ただサポートの方曰く、「これはあくまでも目安」とのこと。

これは本当に目安でして、サイト構成やキャッシュの有無、転送量削減の対策などで、運用可能なPV数が大幅に異なってきます。

参考までに、弊社のお客様で、ビジネスプランで月間1200万PV程度のサイトを運営されている方もいらっしゃいます。

とりあえず、負荷対策次第で「目安以上のPV」も目指すことが可能のようです。

それにしても最高で1,600万PV/月プランを利用できるという事は「アクセスが増えすぎたらどうしよう…」なんて心配は、ほぼ不要と言っても良いかと思います。

月1,600万PVがあるサイトなんて、日本で運営されている個人サイトのうち0.0001%もないでしょうから。

そして、以下のようなこともおっしゃっておられました。

他のレンタルサーバー会社様とは違い、割り当てられたリソース内でのご利用の場合は、転送量が極端に多すぎない限りは利用を制限させていただく事もございませんので、安心してご利用いただけるかと存じます。

マジか。なんて太っ腹なサーバーなんでしょう。

とりあえずスタンダードプランで

ということで、以下でプランは「スタンダード」を選択したという体(てい)で登録手続きの説明を続けます。

まずは、mixhostページから「お申し込み」メニューをクリックします。

mixhostの申し込みメニューを選択

「スタンダード」プランの申し込みボタンを押します。

mixhostのスタンダードプランを選択する

サブドメインの選択

次に、「サブドメイン」を入力します。

無料のサブドメインを利用する

サブドメインは、半角英数字であれば、好きな文字列を入力できます。

サブドメインを入力したら「検索」ボタンを押してください。

すると、以下のような「契約内容の確認」画面が表示されるので、登録内容に問題がなければ「契約期間」を選択して「続ける」ボタンをクリックしてください。

契約内容を確認の上、オプションを設定して下さい。

契約期間を3年(36ヶ月)にすると最も月額料金が880円(税別)と少なくて済みます。ただし初期費用はかかります。

月額料金が多少高くなったとしても、初期費用を抑えたい場合は1年(12ヶ月)規約あたりでも良いかもしれません。

注文内容の確認画面が表示されるので「お客様情報の入力」を選択してください。

mixhostの注文内容の確認画面

ユーザー情報の入力

次に利用ユーザーに関する情報を入力します。

  1. 名前
  2. メールアドレス
  3. 電話番号
  4. 住所
  5. パスワード
  6. クレジットカード情報

mixhostの個人情報入力画面

全ての入力を終えたら「利用規約に同意しました」にチェックを入れ「注文完了」ボタンを押してください。

mixhostの利用規約に同意して注文完了

送信メールの確認

以下のような「注文の確認」画面が表示されると、mixhostからメールが届きます。

mixhostへの無料体験登録後の注文の確認画面

メーラーを確認すると、mixhostから以下のようなメールが二通届いていると思います。

  • 【mixhost】 お申込み受付完了のお知らせ
  • 【mixhost】 サーバーアカウント設定完了のお知らせ

mixhostから届く確認メール

中でも「【mixhost】 サーバーアカウント設定完了のお知らせ」には、設定情報がいろいろ書かれており、大変重要なメールです。厳重に保管することをおすすめします。

mixhostからのメールが、スパムと間違われて迷惑メールフォルダに振り分けられている可能性もあるので、必ず確認してください。実際に、僕に届いたメールも迷惑メールフォルダに隔離されていました。

「【mixhost】 サーバーアカウント設定完了のお知らせ」には重要情報が書かれているので、大切に保存しましょう。

  • 契約サービス情報
  • ログイン情報(ユーザー名とパスワード)
  • ネームサーバ
  • FTP接続情報

スタンダードプラン申し込み時に届くメール

このメールが届いた時点で、登録完了です。

登録後の動作確認

先程の「注文の確認」画面の「マイページ」ボタンをクリックします。

mixhostのMYページに移動

ブラウザを閉じてしまった場合は、メールに案内のあるURLから「ログイン情報」を利用して管理画面に入ってください。

すると、以下のように1つのサービスが稼働している状態になります。

サービス稼働状況の確認

サービスをクリックして移動すると、「スタンダード」が「契約中」になっていれば登録が正常に行われています。

スタンダードプランが一覧に表示

返金保証期間は存分にサーバーの性能を試そう

これらの契約より、30日間はサーバーが合わなければ、返金を受けることが可能です。

通常、レンタルサーバーの体験期間は10日~14日間というものが多いですが、mixhostの場合は30日間の返金保証(※無料体験ではない)があるので、様々なサーバー動作を試してみることをおすすめします。

返金してもらう方法

mixhostのサービスに満足がいかなかった場合は、契約から30日以内であれば解約し、利用料金も返金してもらいます。

返金対象はこちら。

  • 初期設定費用(かかっていれば)
  • 月額利用料金

申請方法

申請方法はこちら。以下の手順に従って登録から30日以内に解約・サポートに連絡すれば返金してもらえます。

  1. マイページにログインする
  2. 「解約申請」メニューを選択する
  3. 解約理由を書く
  4. キャンセルタイプは「直ちに解約する」を選択
  5. 「解約申請」ボタンを押す
  6. 解約した旨をmixhostサポートに連絡する

直ちに解約行う

マイページでの解約申請後は、必ずmixhostサポートに連絡してください(※連絡が面倒くさい)。

契約後30日をすぎると、返金対象から外れるのでご注意ください。

参考 30日間返金保証について – mixhost ヘルプ&サポート

まとめ

というわけで、mixhostでは30日間という返金保証制度が適用されています。

この返金制度では、「30日という長期間試すことが出来る」という利点もあるのですが、「サーバーが合わなければ返金請求する必要がある」という難点もあるので、これを踏まえた上でご利用ください。

僕は現在、3つのアカウントをmixhostで取得してサイト運営をしており、事業化もしています。

その経験から言っても、とりあえず現時点では不満はありません。

mixhostは、日本のレンタルサーバー界ではいつもトップクラスの性能を誇っていますし、サイトも長期間安定して運営できています。

非常に高機能・高速で、加えて拡張性の高いサーバーなので、一度試してみる価値はあると思います。

サイト mixhostに無料体験登録する

mixhost公式ページへ