MixHost vs カラフルボックス徹底比較表。どちらを選ぶべきか?

僕は複数サイトを運営しており、MixHost と、カラフルボックスサーバー双方とも利用しています。

双方のサーバーとも、最新技術を積極的に取り入れていく、発展型のレンタルサーバです。

サービス提供はMixHostの方が先発です。しかし双方、使ってみた感じカラフルボックスは同じサーバーシステムを取り入れている模様。

そのせいか、性能やインターフェースが似ており、いわば双子のようなレンタルサーバーのように僕には見えます(※運営会社は違います)。

WordPressで個人サイト運営を行うのであれば、正直どちらを使っても良いパフォーマンスを得られると思います。

けれど、似た使用感のレンタルサーバーと言えど、双方違うサーバーであるのには間違いありません。いろいろ調べてみると、違う部分も見えてきます。

そういった違いを見比べるために、一覧表を作成してみました。

双方サーバーは「何が、どう違うのか?」が分かりやすくなっているかと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

サーバースペック比較表

それぞれサーバーの最安の同価格帯プランで比較します。

エックスサーバーは「x10のスタンダードプラン」。カラフルボックスの「BOX2」での比較になります。

価格はすべて税別料金として表示しています。

色別評価の違いは以下のようになっています。

  • 緑色:勝(まさ)っている
  • 黒色:変わらない
  • 赤色:明らかに劣っている
MixHost
スタンダード
カラフルボックス
BOX2
初期費用 0円 0円(3ヶ月契約以上)
月額料金(1年契約) 980円 980円
月額料金(3年契約) 880円 880円
無料お試し期間 10日間 30日間
商用利用
再販
リージョン選択 × ○(東京・大阪)
アダルトサイト △(※BOX4以下はCDN利用)
出会い系サイト △(※BOX4以下はCDN利用)
プランアップグレード 即時 即時
プランダウングレード 即時(差額は返金) 即時(差額は返金)
最上位プラン能力 スペックアップ可能。
超大規模サイトでも運用可能。
スペックアップ可能。
超大規模サイトでも運用可能。
サーバー引っ越し
オプション
○(有料だけど割安、転入のみ) ○(有料だけど割安、転入のみ)
支払方法 クレジットカード
PayPal
銀行振込
クレジットカード
銀行振込
サーバーソフト LiteSpeed LiteSpeed
HTTP/2
QUIC
(新高速化技術)
使用ディスク 完全SSD 完全SSD
ディスク容量 60GB 60GB
CPU 3コア 3コア
メモリー 4GB 4GB
転送量目安 2TB/月(平均:66GB/日)
月区切り
例:1日だけ200GBでもOK
2TB/月(平均:66GB/日)
月区切り
例:1日だけ200GBでもOK
SSD RAID10構成
自動DBバックアップ 14日分 14日分
自動ファイルバックアップ 14日分 14日分
遠隔バックアップ ○(東京 or 北海道) ○(東京 or 大阪)
バックアップ
復元
無料 無料
ドメイン取得 別サービス 同一サービス
マルチドメイン 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限
MySQL 無制限(MariaDB) 無制限(MariaDB)
MySQL管理ツール phpMyAdmin phpMyAdmin
SQLite
PostgreSQL × ×
独自SSL
無料SSL
管理パネル cPanel cPanel
CPU使用率表示
メモリー使用率表示
ディスク使用量表示
転送量表示
オリジナルCGI利用
SSI利用
PHP 7.2、7.1、5.6 7.2、7.1、7.0、5.6、5.5、5.4、5.3
Ruby 2.0.0 2
Python 2.7 2.7
Perl 5.16 5.16
Cron
SSH利用
FTP利用
FTP追加アカウント 無制限 無制限
ファイルマネージャー
.htaccess編集
WEBフォント利用機能 × ×
メールアカウント 無制限 無制限
メーリングリスト
メールマガジン × ×
メール転送
メール自動返信
WEBメール
メールボックス容量設定
アンチウィルス
スパムフィルター
メール暗号化
ブログシステム
簡単インストール
WordPress : ◯
Drupal : ◯
Joomla : ◯
concrete5 : ◯
Movable Type : ◯
WordPress : ◯
Drupal : ◯
Joomla : ◯
concrete5 : ◯
Movable Type : ×
簡単インストール
サポート メール、個別フォーラム(停止中) メール、個別フォーラム、ライブチャット、電話(上位プラン)
サポート対応 良い 良い
質問のしやすさ 画像をアップロードできるので説明しやすい。 緊急時向けのライブチャットがある。問い合わせも画像をアップロードできるので説明しやすい。
今回は、同スペック帯で比較しましたが、カラフルボックスには、さらに値段が安いBOX1プランがあります。BOX1プランは最安480円(月額:税別)でサイト運営を開始できる格安プランとなっています。安く始めるならこちらでしょう。プランは後から増強することも可能です。

MixHostの強み



比較してみた結果、MixHostの強みはこちら。

  • 3ヶ月未満の契約でも初期費用が無料
  • 追加オプションを必要とせずにアダルトサイト運営が可能
  • データセンターの場所が北海道と2000km以上も離れた場所にあり災害に強い
  • 2016年6月から運用を開始し、それなりの運用実績がある
  • 既に多数の顧客を抱えている

双方とも、非常によく似たサーバーなので、MixHostの優位性はこんな感じでしょうか。

MixHostは、最安プランである「スタンダードプラン」であっても無条件でアダルトサイトの運営が可能です。

加えてMixHostは、運営開始当初こそ大きなサーバーダウンがあり、しばらく稀に接続が切れたり不安定な部分もありましたが、ここ1年以上、僕の環境では非常に快適に動作しています。

僕が利用し始めた頃は、まだ始まったばかりのサーバーだったので、大きなトラブルもありましたが、それを乗り越えて現在は安定運営時期に入っていると思います(トラブル対応も良かった)。

サイト MixHost

MixHostでサイト運営を開始する方法はこちら。

レンタルサーバーを借りてブログ(及びアフィリエイト)を始めるならMixHostは最良の選択肢になり得ます。 というのも、高性...

カラフルボックスの強み



MixHostと比較して、カラフルボックスの方が優れていると思う点はこちら。

  • 最安プランが月額480円(税別)からと安い
  • 無料お試し期間が長い
  • 東京と大阪からリージョン(データ場所)を選べる
  • 同一サービス内でドメインを管理できる
  • チケット(個別フォーラム)・ライブチャット・電話(上位プラン)でサポートを受けられる

安いプランがある

カラフルボックスの最大の特徴は、最安プラン価格が安いので、コストを抑えてサイト運営を始められるところです。

MixHostも以前同価格帯(月額480円)のプランもあったのですが、2018年5月25日にサービス改定で無くなった経緯があります。

おそらく、最安の月額480円(税別)プランは、最も利益率の低い部分だったのでしょう。

けれど、カラフルボックスは、その格安プランをあえて導入しサービスを開始しました。

おそらく、「サイトは始めたいけど月額1000円近くは高い。出来れば月額ワンコインぐらいで始めたい」というライトユーザーの取り込みを狙っての導入かと思われます。

今のところ、同程度のスペックで同価格帯のプランがあるサーバーは、JETBOYくらいですが、統合的に見てカラフルボックスの方が、機能・性能とも充実しています。

無料お試し期間が30日と長い

カラフルボックスの無料体験期間は30日と非常に長いです。

このおかげで、存分にサーバー動作を確認することが可能になっています。

この無料お試し期間30日も、以前MixHostは2018年5月25日まで行っていました。しかし、10日間に変更されました。

おそらく、30日間も試用期間があると忘れてしまったり、心変わりしてしまったりで解約率が高かったんだと思います(※あくまで推測です)。

それでもあえて、「無料を試し期間30日」と銘打って行うのは、サービスへの自信の表れでしょうか。やはりこれだけ試用期間があるとインパクトもあります。

ただ、今後どうなるかは注意して見守りたいと思います。

リージョンを選択できる

カラフルボックスを触ってみて驚いたのが、契約時にリージョン選択が出来ることです。

東京と大阪にデータセンターがある

リージョンとは、地理的に独立したサーバーの設置エリア(データセンター)のことを指します。簡単に言うと、サイトデータの置き場所・取り出し場所といった感じでしょうか。

カラフルボックスの場合、「東日本リージョン(東京)」と「西日本リージョン(大阪)」から選択することが可能です。

これは、基本的にリージョンが近いと、物理的な距離も近いので、接続時間も極わずかではありますが短くなります(通信状態によっても変わりますが一般論として)。

なので、日本全国に向けたサイトであれば、人口が多い「東日本(東京)」にリージョンを設置した方が接続時間は短くなる傾向にあります。

なので一般的なサイトであれば、東日本リージョンを選べばよいでしょう。

けれど、関西などの地域密着型サイトを運営している場合は、見込み読者が「西日本(大阪)」の人が多いかと思います。

そういった場合は、「西日本リージョン(大阪)」を選ぶことで、読者に対して接続速度のパフォーマンスが上がることになります。

この東西のリージョンが選べる格安レンタルサーバーは、今のところないのではないかと思います(以前MixHostが日本とアメリカで選べたけど)。

リージョンが選択できるといっても、東京-大阪間の距離はそこまで大きいわけでもないので、応答時間にして0.0何秒くらいの違いだと思います。ちなみに、東京-サンパウロ(ブラジル)間だと0.6~0.7秒くらいの応答時間になります。

カラフルボックスでドメインを取得できる

あとカラフルボックス同一サービス内でドメインが取得できるのも、管理上楽は楽だと思います。

ドメインの設定とサーバーの設定を同時に行いたい場合は、ログインが1回で済みますからね。

また、サーバースペースとドメインを統合的に管理できるのも、運営上は都合が良いです。

カラフルボックスは業界トップクラスのバリュードメイン をサービス内で利用しています。

サポート手段が豊富

カラフルボックスは、以下のようにサポート体制が非常に整っています。

  • メール
  • チケット(個別フォーラム形式)
  • ライブチャット
  • 電話(BOX7プラン以上)

サポートは非常に手間も人件費もかかる部分なので、正直「これ採算大丈夫なの?」と心配になるレベルです。

けれど、同様の感想も人も多いためか、カラフルボックスのQ&Aには以下のようにあります。

Q:どうして安くサービスを利用できるのですか?

A:物理サーバーの準備からクラウド基盤の構築までを一社で対応し、コスト削減を図ることにより低価格なサービスを実現しております。

とにかく、基盤構築や管理のコストを出来る限り抑えて、ユーザーに還元して現在のサービスを行っているようです。

サイト カラフルボックス

カラフルボックスでサイト運営を開始する方法はこちら。

WordPressで収益化サイトを始めるのであれば、カラフルボックスは、今や「最も安価で始められる高性能サーバー」と言って良いと思い...

まとめ

「で、どちらのサーバーが良いの?」ということに一言で答えるならば、以下のようなことが言えるかと思います。

  • アダルトサイト運営をする場合や実績で選ぶなら → MixHost
  • 安く始められてサポート体制が豊富なものを選ぶなら → カラフルボックス

カラフルボックスは、加えて以下の好条件があります。

  • リージョン選択
  • 同一サービスでドメイン管理
  • 無料体験期間が長い

レンタルサーバー業界も、日々進化の連続といった感じです。

MixHostも日本一を目指しているサーバーなので、今後さらなるサーバー増強もあるのではないかと推測します(カラフルボックス登場後、スペックで負けないようにMixHostも増強した)。

こういった、サーバー同士の切磋琢磨がユーザーに還元されるのはありがたいです。ただ、余りにも切磋琢磨しすぎて、どちらも経営基盤が揺らぐことがないようにお願いいたします。

というわけで、いずれにせよ双方とも「双子サーバー」といっていいほどスペック的には同程度に高く良いサーバーです。個人サイトであれば、どちらを選んでも間違いはないと思います(当サイトはMixHost)。

どちらも100万PV/月 規模のサイトであれば十分に運営できます。