e-Taxで確定申告への道!準備からe-Tax青色申告までの全手順まとめ。

個人事業主となり、確定申告をするようになってから今年で3年目になりました。

僕の場合、初年度はまず「白色申告」を行いました。

昨日、近くの税務署まで確定申告に行ってきました。 確定申告が始まって、すぐに行っては混んでいるだろうと、開始から1週間後に行っ...

2年目は、「青色申告」になりました。

僕は去年、MFクラウド確定申告を用いて白色申告をしました。 で今年は、開業届けを出して個人事業主となったので、青色申告をしました。 今年...

そして確定申告3年目の今年は、「e-Taxで青色申告」をすることにしました。

それで、e-Tax申告を行ってみた感想としては、「e-Taxで確定申告自体はそこまで難しくないな」ということです。

ただし、確定申告自体は簡単といってもいいのですが、e-Taxをするための事前準備は結構面倒です。これには多少なりとも苦労するかも。

ということで以下では、「面倒なe-Tax事前準備を含めた、e-Taxによる確定申告方法」を詳しく書き記しておこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

e-Taxで確定申告を行うのに必要な主な手順

e-Taxで確定申告処理自体は、そこまで難しくないのですが、準備段階は面倒といっていいかもしれません。

当記事では、以下のステップごとに「e-Taxでの確定申告方法」を詳しく説明していきたいと思います。

  1. マイナンバーカードの作成
  2. ICカードリーダーの初期設定
  3. e-Tax開始届出書の作成(利用者識別番号の取得)
  4. 電子証明書の登録
  5. e-Taxソフトで申告データの送信(確定申告)

主な手順のみを言えば、上記の5手順となります。

その内、確定申告作業は⑤のみとなります。残りの4つは、確定申告のための下準備となります。これが実に面倒くさい。

ただ逆を言えば、下準備さえ行ってしまえば、翌年からは非常に手順を簡略化して「e-Tax申告」が行えるようになります。

パソコンの使用に慣れている人であれば、確定申告が非常に楽になるので、「e-Tax利用を利用するかどうかを検討する判断材料」にでもなれば幸いです。

マイナンバーカードの作成

まず、e-Taxで確定申告を行うには、マイナンバーカードが必要です。

マイナンバーカードを作成する方法はこちら。

先日、税務署に行って青色申告をしてきました。 で、僕が使用した申告書類には、本人確認書類としてマイナンバーカードの写しを添付する必要があり...

ただ、マイナンバーカードを作成するには、数週間の時間を要します(もっと時間がかかる場合も)。

ですので、1月~2月になってから以下のようになっても、間に合わない可能性があります。

そろそろ確定申告の季節だな。

今年はe-Taxでやってみようと思うのでマイナンバーカードを作ろう!

もう、確定申告期間が差し迫った頃に申請しても、確実に間に合わないと思います。

ですので「いずれe-Taxをやってみたい」という方は、今からでもマイナンバーカードを作成しておくことをおすすめします。

一応、「住民基本台帳カード」を利用してもe-Tax申告は行えます。けれど今後、住民基本台帳カードは、期限が切れ次第マイナンバーカードに移行する必要があります。ですので、以下ではマイナンバーカードを用いた方法のみを説明します。
住民基本台帳カードを利用されている方への重要なお知らせ

ICカードリーダーの初期設定

次に、マイナンバーカードと通信を行うためのICカードリーダー(正式名、ICカードリーダライタ)の設定をする必要があります。

僕は、e-TaxをするためのICカードリーダーとして、非接触型の「SONY PasoRi RC-S380」を採用しました。

初期設定方法はこちら。

e-Taxで確定申告をするためには、ICカードリーダーが必要です。 ただ、「ICカードリーダーのe-Tax設定」は機器になれな...

上記機種を採用した理由としては、「SONYのICカードリーダーを利用した解説サイトが多かったから」です。

国税庁がおすすめする、ICカードリーダー情報は以下を参照してください。

「マイナンバーカード」に対応したICカードリーダライタについて
公的個人認証サービスとは、電子証明書などの安全性が高い技術を利用し、他人によるなりすまし申請や電子データが通信途中で改ざんされることを防ぐための機能を、安い費用で提供するものです。

e-Tax開始届出書の作成(利用者識別番号の取得)

次に、パソコンからe-Taxで確定申告をする上での準備作業を行います。

前回、e-Tax用のICカードリーダーをセットアップする方法を紹介しました。 今回はそのICカードリーダーを利用して、...

事前準備を行うには、Windowsの場合はInternet Explorer 11から行う必要があったり、いろいろパソコンにインストールする必要があったりで、ちょっと面倒です。

詳細については、国税庁のページを参照してください。

国税庁,年末調整,確定申告,医療費控除,源泉徴収,確定申告2018,確定申告医療費控除,確定申告書等作成コーナー,国税庁 確定申告,所得税

電子証明書の登録

次も、e-Tax事前準備の一環です。

ICカードリーダーにマイナンバーカードをセットして電子証明書登録する必要があります。

前回、e-Taxで青色申告を行う事前準備として、以下の作業を行いました。 パソコンに申告準備用のソフトをインストール ...

電子証明書を登録することで、本人確認を行うことができ、「確定申告データが利用者本人の作成したもので改ざんがない」ということの確認を速やかに行うことができます。

e-Taxソフトで申告データの送信(確定申告)

最後に、e-Taxソフトで確定申告データを送信します。

前回、e-Tax申告を行う上での前準備となる「電子証明書の発行」まで、ようやくこぎつけました。 これでようやくe-Ta...

この手順が「確定申告」手順になります。

前述した事前準備を行っていて、確定申告ソフトでデータ入力が済んでいるのであれば、申告作業自体はさほど難しい作業ではないと思います。

ちなみに僕は、MFクラウド確定申告で帳簿付けを行いe-Taxデータを出力しました。

事前準備は、翌年には必要なくなるので、次年度のe-Tax申告からは、かなり楽ができるかと思います。

まとめ

僕も去年までは、書面で確定申告書類を提出していました。そして今年はe-Tax。

正直言うと、書面での確定申告に慣れている場合は「書面申告」の方が、「e-Tax開始初年度手続き」よりも楽かもしれません。

けれど、翌年からは面倒な事前準備は必要なくなるので、e-Tax申告の方が楽になるように思います。

何せ、以下のような特典もありますし。

  • わざわざ税務署に行かなくても家で出来る
  • 1月初旬から申告出来る
  • 1月中旬からは24時間受け付け
  • 添付書類(領収書等)の提出を省略出来る(医療費控除等は明細提出)
  • 還付がある場合は手続きが早い

とりあえず、2月~3月の寒い中、税務署に行かなくていいだけでも、僕にとっては嬉しすぎます。

別に、申告書類の提出自体は本人でなくても良いですし、郵送でも良いです。けれど申告書類を作成すると大事な書類なので、持参したくなってしまいます。

今回、e-Taxで確定申告を行ってみて、感じた利点と難点をまとめたものはこちら。

先日、e-Taxによる電子申告を終えました。 パソコンに慣れていて、どちらかといえばインドア派な僕にとって、e-Tax...
MFクラウド確定申告

[PR]

確定申告の受け付け期間になりました!MFクラウドで申告の手間を軽減!

確定申告、面倒くさいです。

ただでさえ面倒なのに、2014年の確定申告から、僕のような超零細個人事業主でも、記帳義務と保存義務…

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事をお届けした
寝ログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク