e-Taxで確定申告!ICカードリーダーの初期設定編。

ソニー SONY 非接触ICカードリーダー-ライター PaSoRi RC-S380

e-Taxで確定申告をするためには、ICカードリーダーが必要です。

ただ、「ICカードリーダーのe-Tax設定」は機器になれない人には少し複雑かもしれません。なので、出来る限り分かりやすく設定方法を書き記しておきたいと思います。

ICカードリーダー自体のセットアップはそこまで難しくはありません。

ICカードリーダーはどれが良い?

e-Taxに使用するICカードリーダーは、マイナンバーカード対応のものならば、何でも良いです。

マイナンバーカード対応のICカードリーダーについての案内は、国税庁のe-Taxサイトにも案内があります。

「マイナンバーカード」に対応したICカードリーダライタについて

地方公共団体情報システム機構が運営する公的個人認証サービスポータルサイトには、対応機種も詳しく載っています。

公的個人認証サービスとは、電子証明書などの安全性が高い技術を利用し、他人によるなりすまし申請や電子データが通信途中で改ざんされることを防ぐための機能を、安い費用で提供するものです。

上記サイトでは、以下のソニーとNECの2機種が推奨されています。

これらの中から僕は、SONY RC-S380を採用しました。

SONYのICカードリーダーの箱

箱の裏面には、マイナンバーカードに対応していることが書かれています(住民基本台帳カードにも対応)。

マイナンバーカード対応と箱の裏面に書かれている

SONYのものに決めた理由は以下。

  • e-Taxについて調べたときに、実例の多かった(同じことをすればよい)
  • 非接触型の方がサッと使えてカッコイイから(※1年に1度しか使わないけど)

基本的に、非接触型の方が多少値が張ります。少しでも安い方がよければ、NTT ACR39-NTTComを利用した方が良いかと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

SONY RC-S380の設定に必要な主な手順

SONYのICカードリーダーの同梱物

「SONY RC-S380(以下、ICカードリーダー)」の設定に必要な手順は以下となります。

  1. ICカードリーダー用ソフトのダウンロード
  2. ソフトのインストール
  3. カードリーダーデバイスの読み込み(自己診断)

手順自体は、普通にPC用デバイスを買ったときの初期設定感覚です。カードリーダー自体の初期設定で特に難しいことはありません。

ICカードリーダーの設定方法

そんなわけで、ICカードリーダーの初期設定について、順を追って説明したいと思います。

まずは、ICカードリーダーをUSBでパソコンに接続します。

SONY RC-S380をUSBでパソコンに繋げる

NFCポートソフトウェアのダウンロード

次に、SONYのFeliCaサイトの、NFCポートソフトウェアダウンロードページからソフトをダウンロードします。

Sony Japan FeliCa 個人のお客様 ダウンロード NFCポートソフトウェア

ダウンロードすると、「NFCPortWithDriver.exe」というインストーラーが出来るので実行します。

NFCPortWithDriver.exe

NFCポートソフトウェアのインストール

ユーザーアカウント制御ダイアログが表示されたら「はい」を押してください。

NFCPortWithDriverのユーザーアカウント制御ダイアログ

インストーラーが起動したら、あとは基本的に「次へ」を押していくだけです。

NFCポートソフトウェアのインストール1

「使用許諾契約の全条項に同意します」にチェックを入れて「次へ」ボタンを押してください。

NFCポートソフトウェアのインストール2

特に、こだわりがない場合はデフォルトのインストール先でOKかと思います。

NFCポートソフトウェアのインストール3

インストール内容に問題がなければ「次へ」をしてください。インストールが開始されます。

NFCポートソフトウェアのインストール4

インストール終了後には、以下のような完了画面が表示されます。

NFCポートソフトウェアのインストール5

「完了」ボタンを押して、一度Windowsを再起動してください(一応)。

NFCポート自己診断

2018-02-02_12h23_48

ユーザーアカウント制御ダイアログが表示された際は「はい」を押してください。

NFCポート自己診断のユーザーアカウント制御ダイアログ

すると「NFCポート自己診断」ダイアログが表示されるので、「次へ」を押してください。

NFCポート自己診断ダイアログ

すると以下のように「診断対象リーダー」一覧が表示されるので「次へ」ボタンを押してください。

診断対象リーダーの選択

すると、自己診断が実行されます。

ICカードリーダーの診断中

診断が終わると、以下のようにカードリーダーの自己診断結果が表示されます。

ICカードリーダー診断結果

「リーダー/ライターとの通信」と「カードとの通信」が「○」になっていれば「完了」ボタンを押してください。

これで、確定申告用のICカードリーダーの設定は完了です。

まとめ

こんな感じで、「ICカードリーダー機器」の設定自体はそこまで難しくはないです。

問題は、次の「ICカードリーダーを用いて電子証明証をセットアップ」することです。

これについては、以下のページで詳しく書きたいと思います。

前回、e-Tax用のICカードリーダーをセットアップする方法を紹介しました。 今回はそのICカードリーダーを利用して、...

マイナンバーカードに対応したICカードリーダーはこちら。

MFクラウド確定申告

[PR]

確定申告の受け付け期間になりました!MFクラウドで申告の手間を軽減!

確定申告、面倒くさいです。

ただでさえ面倒なのに、2014年の確定申告から、僕のような超零細個人事業主でも、記帳義務と保存義務…

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事をお届けした
寝ログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク