e-Taxで確定申告!e-Tax開始届出書の作成編(利用者識別番号の取得)。

前回、e-Tax用のICカードリーダーをセットアップする方法を紹介しました。

e-Taxで確定申告をするためには、ICカードリーダーが必要です。 ただ、「ICカードリーダーのe-Tax設定」は機器になれな...

今回はそのICカードリーダーを利用して、e-Taxを行う前に必要となる事前準備について手順を追って紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

事前準備で行う主な手順

今回、e-Taxを行う前にWindows上で行う事前準備の手順はこちら。

  1. Internet Explorerの起動
  2. 認証局用証明書のインストール
  3. e-Tax開始届出書の作成&提出

まず、いくつか証明書をインストールして、「e-Taxページに接続できるPC環境」を作る必要があります。

この作業が地味に面倒くさいのですが、「単にインストールするだけ」ともいえるので、一つ一つこなしていけば、難しい作業というわけではないかと思います。

あとは、住所氏名等をInternet Explorerから入力して「e-Tax開始届出書」を作成し、ブラウザ上から提出します。

Internet Explorerの起動

e-Taxで確定申告をするには、Windows10の時代に今更ながら、Internet Explorerで行う必要があります。

Google Chrome、Firefoxでe-Tax手続き行おうとしてもできません。もちろん、Microsoft Edgeですら利用不可能です。

Windows8.1以下なら、Internet Explorerもある程度起動しやすいようになっているかと思います。

ただ、Windows10を利用している場合は、わざわざ探してInternet Explorer 11を起動する必要があります。

以下ではその方法を簡単に説明します。

Windows8.1以下の場合は、普通にInternet Explorerを起動してください。

まず、Windows10のコルタナを起動します。

Windows10のCortanaを起動

入力欄に「Internet Explorer」と入力し、出力結果から「Internet Explorer」を選択します。

CortanaからInternet Explorerを起動

するとInternet Explorerが起動するので、このブラウザから設定を行っていきます。

Internet Explorer11の起動

ほんと、このご時世にいまだInternet Explorerを使用するとか。確定申告で税金を徴収するつもりなのであればもっと利便性はあげて欲しいと思います。

認証局用証明書のインストール

Internet Explorerを起動したら、以下のページを開きます。

利用者識別番号等のオンライン発行について

以下のURLをアドレスバーに貼り付けて移動してもOKです。

URL http://www.e-tax.nta.go.jp/topics/topics_191207_idpwonline.htm

もし上記のURLで表示されない場合は「e-Tax オンライン 利用者識別番号」で検索してみてください。

e-Tax オンライン 利用者識別番号
検索

すると「利用者識別番号等のオンライン発行について」というページが表示されると思うので「開始届出書をオンラインで提出する方はこちらへ」と書かれたリンクをクリックしてください。

利用者識別番号等のオンライン発行について

すると、5つの手順が表示されます。e-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナー5手順

  • 手順① 利用規約の確認
  • 手順② 利用環境の確認
  • 手順③ ルート証明書・中間証明書のダウンロード及びインストール
  • 手順④ 信頼済みサイト及びポップアップブロックの許可サイトへの登録
  • 手順⑤ 届出書の選択

以降は、これらの手順に従って届出書を作成し、提出まで行います。

手順1:利用規約の確認

まずは、手順1から利用規約を確認してください。

e-Taxで利用規約を確認する

手順2:利用環境の確認

手順2を開くと、e-Taxを行う上で必要となる利用環境が表示されます。

e-Taxを行う上での利用環境の確認

Windowsの場合だとブラウザーは「Microsoft Internet Explorer 11」。Macの場合は「Safari 10.1」が必要となります。

手順3:ルート証明書・中間証明書のダウンロード及びインストール

手順3を選択し「ルート証明書・中間証明書インストーラ(exe形式:約4.4MB)」をクリックしてください。

「ルート証明書・中間証明書インストーラ(exe形式:約4.4MB)」をクリック

ブラウザ下部に以下のような案内が表示されるので「実行」ボタンを押してください。

ルート証明書・中間証明書インストーラの実行

ダウンロードを表示される「ユーザーアカウント制御」ダイアログは「はい」を押してください。

ルート証明書・中間証明書のユーザーアカウント制御ダイアログ

すると以下のような「電子証明書登録」ダイアログが表示されるので「インストール」ボタンを押してください。

電子証明書登録ダイアログ

インストールに成功すると以下のようなメッセージが表示されるのでエンターキーを押して閉じてください。

ルート証明書のインストールは正常に終了しました。エンターキーを押して画面を閉じてください。

ルート証明書のインストールは正常に終了しました。エンターキーを押して画面を閉じてください。

手順4:信頼済みサイト及びポップアップブロックの許可サイトへの登録

手順4を開いて「信頼済みサイト登録ツール(exe形式:約4.5MB)」をクリックしてください。

信頼済みサイト及びポップアップブロックの許可サイトへの登録

先程のインストールと同様「実行」ボタンを押してください。

信頼済みサイト登録ツールの実行

ユーザーアカウント制御ダイアログが表示されたら「はい」を押してください。

信頼済みサイト登録ツールのユーザーアカウント制御ダイアログ

ダウンロードを終えると「信頼済みサイト登録ツール」ダイアログが表示されるので「登録する」ボタンを押してください。

信頼済みサイト登録済みダイアログ

信頼済みサイトが登録されると、以下の画面が表示されるので「完了」ボタンを押してください。

信頼済みサイト登録ツールインストール完了

手順5:届出書の選択

最後に手順5を選択し、「【届出書の選択】へ」をクリックしてください。

届出書の選択

これで認証局用証明書のインストールは完了です。

e-Taxの開始届出書の作成&提出

すると「e-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナー【届出書の選択】」画面が表示されるので「個人の方」をクリックしてください。

e-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナー 【届出書の選択】

「開始届出(個人の方用)新規」画面が表示されるので「次へ」ボタンを押してください。

開始届け出(個人の方用)新規

氏名等の入力

すると以下のような入力画面が表示されるので、必須項目に入力後、「次へ」ボタンを押してください。

e-Taxの開始届け出(氏名の入力)

納税地及び提出先税務署の入力

事務所の住所と、提出先税務署を入力して「次へ」ボタンを押します。

e-Taxの開始届け出(納税地及び提出先税務署の入力)

提出先税務署の確認ダイアログが表示されるので「はい」を押してください。

提出先税務署の確認ダイアログ

暗証番号等の入力

e-Tax時に利用する、暗証番号(パスワード)や納税用番号を作成します。

暗証番号の入力

まずは暗証番号を半角英数字8桁以上で入力してください(最大50文字までの暗証番号を作れます)。

暗証番号を入力

「秘密の質問と答え」は、必須の入力項目ではないので僕は入力しませんでした。というのも、これを設定することで逆にセキュリティが弱くなる可能性があるからです。「本人のことをよく知っている答えが分かるような人」なら簡単に突破出来るようになるので。「秘密の質問と答え」を入力しない場合は、暗証番号は大切に保管してください。

納税用確認番号の入力

次に納税用確認番号を半角数字6桁で入力します。その後、納税用カナ氏名・名称を半角カナ24文字以内で入力します。

納税用確認番号の入力

メールアドレスの入力

これは必須の入力項目ではないのですが、メールアドレスも入力しておいた方が良いでしょう。

e-Taxお知らせメール用のメールアドレスを入力

何か税務署側からの連絡がある場合、お知らせメールが届きます。

確認ボタンを押す

その他にも、入力項目はあるのですが、任意入力項目なので、僕は入力しませんでした。

全ての入力を終えたら、「確認」ボタンを押してください。

暗証番号等の入力の確認

すると以下のように「新たな利用者識別番号を発行してよろしいですか?」というダイアログが表示されるので、「OK」ボタンを押してください。

新たな利用者識別番号を発行してよろしいですか?

内容はこちら。

—————————
Web ページからのメッセージ
—————————
新たな利用者識別番号を発行してよろしいですか?

【既に利用者識別番号を取得されている方へ】
新たな利用者識別番号の発行を希望された方は、今までの利用者識別番号はご利用できなくなりますので、申告書等の送信結果をお知らせしている「メッセージボックス」の内容確認等もできなくなります。
今までの利用者識別番号、または暗証番号が分からない方は、「キャンセル」ボタンをクリックし、「変更等届出」の手続を行ってください。後日、税務署から利用者識別番号等の通知書を郵送いたします(提出期限が間近の場合は、書面による申告書等の提出をご検討ください。)。

※ このメッセージは確認のため、すべての方に表示しています。

入力内容の確認

すると、以下のように入力した内容が表示されます。

2018-02-03_13h18_57

入力内容に問題がない場合は、「送信」の前にとりあえず「保存」ボタンを押してください。こうすることで、送信に失敗したとしても、入力内容が保存されます(※HTML形式)。

入力内容の確認画面のボタン

あらためて入力内容を確認して、「送信」ボタンを押してください。

入力内容に間違いがある場合は、「訂正」ボタンを押してください。
暗証番号、納税用確認番号は大切に保管してください。番号を覚えておく自信がない場合は、印刷して保存しておくことをおすすめします。

「送信」ボタンを押すと確認ダイアログが表示されるので「はい」を押してください。

e-Tax開始届出の確認ダイアログ

利用者識別番号等の通知

送信を終えると、利用者識別番号の通知画面が表示されるので、「受付番号」と「利用者識別番号」をメモしておいてください。

利用者識別番号の確認

画面自体を印刷しておくのが最も手っ取り早いかと思います。

これで、e-Taxの開始届出書の提出&利用者識別番号の取得が完了しました。

まとめ

これにて、e-Taxを行う前に必要となる利用者識別番号の取得が終わりました。

以降のe-Tax手続きで今回取得した「利用者識別番号」と「暗証番号」等を用いて作業を進めていくことになります。

これで、e-Tax前の事前準備は終わりと言いたいところですが、まだまだ準備は続きます。

次は、マイナンバーカードを用いた電子証明書の登録作業が必要となります。

続きはこちら。

前回、e-Taxで青色申告を行う事前準備として、以下の作業を行いました。 パソコンに申告準備用のソフトをインストール ...