特定口座の株の損失を翌年に繰り越す確定申告方法をなるべく易しく解説【年間取引報告書の記載例】

先日、「株式配当の利益」と「含み損のある株の損失」を相殺して「配当にかかる税金」を節税しました。

なぜ含み損を確定したかと言うと、仮に100万円の配当(売却益等)収入があったとしたら大体20万円の税金が徴収されるからです(※正確な源泉徴収税率は20.315%)。

これに対して「含み損のある銘柄」を100万円売ることで、20万円の税金を払わなくて良いように、相殺したことになります。

もし「含み損のある銘柄」が割安と考えられるのであれば、売却して次の日に買い戻せば同じことです(※日付をまたぐことによる価格差はある)。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

今回の僕の損失申告内容

ただ今回僕は「80万円の配当」に対して、「含み損110万円」を確定させました(※概算の数字です)。

なので今期は「差し引き分の30万円」含み損が上回ってしまいました。

こういった株取引の損失は、確定申告することによって翌年に繰り越すことができます(最高3年繰越可能)。

つまり翌年は「30万円分の株式利益(配当・売却益等)」に対して税金が徴収されません。

ただしこういった「損失の繰り越し」は確定申告を行わないと意味がありません。損失を繰り越さない状態で、来年株式収益があった場合は30万円の2割なので約6万円分の税金を余計に支払う羽目になります。

支払う必要のない税金はしっかり節税したい

ということで今回、税務署にしっかりと「株取引の損失」を申告することにしました。

しかしながら、「特定口座の投資損失の繰り越し(損失の3年間繰越控除)」について、ネットで調べても具体的な方法は出てきませんでした。

なのでメモがてら「来年の自分用」に方法をまとめておきたいと思います。なんせ来年(2020年度分)は、コロナショックがあって、大量に損切りした銘柄があるので繰り越すことがあるかもなので^^;

今回はe-Taxを用いた方法を紹介しますが、通常の確定申告方法でも応用できるかと思います。

「e-Tax画面(確定申告書類等作成コーナー)」で申告書類を作成するにしても、「提出方法」で「印刷」を選択すれば通常の確定申告書類として提出できます。
今回はあくまで僕が行った方法です。当記事は税務署にいろいろ確認を行いながら書きましたが、個人によって申告内容は違う可能性があります。詳しくは最寄の税務署に電話相談を行ってください。

株の損失の繰り越しを行う確定申告方法

まず、基本的な確定申告(控除申請)方法は普段と同じです。

僕は会社員で、e-Taxで確定申告を行っているので以下の方法を行っています。

僕は毎年、e-Taxで確定申告を行っています。e-Taxは、初期設定を済ませてしまえば非常に手軽に確定申告をすることができま...

ただ、e-Taxを使用していなくても、「繰越の申告部分」は同じかと思うので、ある程度の参考にはなるかと思います。

用意するもの

損失の繰越控除を行う確定申告で、必要となるものはこちら。

  1. 特定口座の年間取引報告書

僕は、SBI証券を利用しているので、SBIの書類を例にします。こんなやつ。

特定口座の年間取引報告書

上記のような「年間取引報告書」が毎年1月中旬頃に送られてくると思います。

電子書面設定になっていて「年間取引報告書」が送られない場合

SBI証券の電子版の場合は、「口座管理 → 電子交付書面」画面を開きます。

電子交付書面を開く

画面上の「運用報告書」の「閲覧」ボタンを押すことで「年間取引報告書」を閲覧することが出来るかと思います

運用報告書を閲覧する

「年間取引報告書」の内容を確定申告に書き込む

以下ではSBI証券の「年間取引報告書」を例に説明します。ただ、どの証券会社でもある程度似たような書式になっているかと思います。

今回は、e-Taxの「確定申告書作成コーナー」での方法を例にします。

確定申告書の作成コーナーボタン

確定申告データの保存

一般的な確定申告方法については、こちらを参考にしてください。

僕は毎年、e-Taxで確定申告を行っています。e-Taxは、初期設定を済ませてしまえば非常に手軽に確定申告をすることができま...

まずは上記の方法で申告用の書類を作成し、データ(.dataファイル)を保存してください。

確定申告データから作成を再開

データを保存した後、一度「確定申告書等」作成コーナーを開きます。

ちょっと手順がまどろっこしいですが、この手順が最も簡単でした。もっと良い方法は、税務署員の方なら詳しいかもしれません。お近くの税務署に問い合わせてください。

その後「保存データーを利用して作成」ボタンを押します。

保存データを作成して再開

「作成再開」ボタンを押します。

確定申告書類の作成再開

先程保存したデータファイル(.data)を読み込みます。

作成コーナーで保存したデータを読み込み、作成を再開します

「申告書等の作成」の「作成再開」ボタンを押します。

確定申告書の作成再開ボタンを押す

すると、最後に保存した箇所の画面が開くかと思います(※人によって保存した画面は違うかもしれません)。

e-Taxの保存した場所

とりあえず、画面を戻って「収入金額・所得金額の入力」画面を開きます。

収入金額・所得金額の入力

下の方にスクロールしていくと、「分離課税の所得」という項目があるので「株式等の譲渡所得等」の「入力する」ボタンを押してください。

分離課税の所得

株式等の譲渡所得等の入力

配当がある場合は「配当所得の課税方法の選択」で「申告分離課税」を選択してください。

配当所得の課税方法の選択 (申告する上場株式等の配当等がない場合は選択不要)

「株式等の売却・配当・利子等の入力」項目にある『「特定口座年間取引報告書」の内容を入力する』ボタンを押します。

株式等の売却・配当・利子等の入力

特定口座のデータ選択

次に、「特定口座年間取引報告書」のデータを選択します。

僕は今回、「郵送された取引報告書」を見ながらの入力となるので「書面で交付された特定口座年間取引報告書の入力」を行いました。

金融・証券税制(特定口座)

証券会社が交付した、電子データ(.xml)があるのであれば「データで交付された特定口座年間取引報告書の入力」ボタンを押してください。

特定口座情報の入力

すると、以下のような画面が表示されるので、特定口座情報を入力します。

特定口座情報の入力

口座情報については「年間取引報告書」の「口座情報」部分を参考に入力してください。

年間取引報告書の口座情報

「譲渡に係る年間取引損益及び源泉徴収税額等」の入力

株式譲渡関係の項目を入力します。

.「譲渡に係る年間取引損益及び源泉徴収税額等」の入力

「年間取引報告書」で言えば以下の部分を入力します。

「譲渡に係る年間取引損益及び源泉徴収税額等」の入力の部分

今回、約112万円の損失を確定させたので、以下のようになりました。

「譲渡に係る年間取引損益及び源泉徴収税額等」の入力後

「配当等の額及び源泉徴収税額等」の入力

次に配当金額に関する項目を入力します。

「配当等の額及び源泉徴収税額等」の入力

「年間取引報告書」で言えば以下の部分を入力します。

「配当等の額及び源泉徴収税額等」の入力部分

入力後はこんな感じ。

「配当等の額及び源泉徴収税額等」の入力後

「金融商品取引業者等」の入力

証券会社情報を入力します。

「金融商品取引業者等」の入力

「年間取引報告書」で言うところのこの部分。

「金融商品取引業者等」の入力部分

入力後はこんな感じ。

「金融商品取引業者等」の入力後

「特定口座年間取引報告書に記載されたもの以外の費用」の入力

その他の諸費用があれば、入力します。

「特定口座年間取引報告書に記載されたもの以外の費用」の入力

僕はとりあえずなかったのでスルー。

「年間取引報告書」の入力終了

全ての入力を終えたら「入力終了」ボタンを押してください。

取引報告書の入力を終えたらボタンを押す

前年の繰越設定

次の画面で、「前年も損失を繰り越しているか」の選択画面があります。

上場株式等に係る譲渡損失の金額を繰り越した方

僕は前年は損失はなかったので、「いいえ」を選択しました。

「年間取引報告書」に関する入力終了

全ての入力を終えたら「入力終了」ボタンを押してください。

年間取引報告書に関する情報の入力終了

この機会に「入力データ」の保存もしておきましょう。

入力結果の確認

取引報告書に「株式等の譲渡所得等(今回は損失)」に関する入力結果が表示されるので確認して問題なければ「確認終了」ボタンを押してください。

金融・証券税制(株式等の譲渡所得等・計算結果確認1)

次の画面で配当も含めた「譲渡損失の金額」も表示されます。

金融・証券税制(株式等の譲渡所得等・計算結果確認2)

「翌年以後に繰り越される上場株式等に係る譲渡損失の金額」も計算されて表示されます。

翌年以後に繰り越される上場株式等に係る譲渡損失の金額の計算

今回の例で言えば、約30万円が翌年の譲渡損失として繰り越されます。

問題なければ「確認終了」ボタンを押してください。

分離課税所得の入力確認

今回「特定口座年間取引報告書」の内容を入力することで、以下のように「株式等の譲渡所得等」に損失が入力されました。

分離課税所得の入力の確認

加えて、「上場株式等に係わる配当所得等」項目にも入力内容が反映されています。

これを申告することで、来年約30万円までは株での利益(配当所得・売却益等)があったとしても、課税されないようになります。

税務署に申告する

最後に、e-Taxの場合は指示にある通りに電子申告を行います。

株式損失電子申告データの送信

申告データの送信を行う前に、必ず確定申告データを保存しておくことをおすすめします。

詳しい方法はこちら。

僕は毎年、e-Taxで確定申告を行っています。e-Taxは、初期設定を済ませてしまえば非常に手軽に確定申告をすることができま...

書類提出の場合の記載(分離課税用)

確定申告書等作成コーナー」では、作成したデータから印刷を行って、税務署に提出(郵送)することもできます。

所得税及び復興特別所得税の申告内容確認票(分離課税用)

分離課税用確定申告表]

申告内容確認票(損失の繰り越し金)

申告内容確認表

株式等に関わる譲渡所得等の金額の計算明細書(控え)

こちらは控えなので、提出する必要はない書類。

株式等に関わる譲渡所得等の金額の計算明細書(控え)

申告する特定口座の上場株式等に係わる譲渡所得等の金額の合計(控え)

こちらも控えなので、提出する必要はなし。

申告する特定口座の上場株式等に係わる譲渡所得等の金額の合計(控え)

紙で提出するとしたら、こんな感じのものが出力されます。

「特定口座年間取引報告書」の提出の必要はない

今回「特定口座年間取引報告書」を元に確定申告を行いました。

こんなやつ。

特定口座の年間取引報告書

この書類は、平成31年(2019年)4月1日以後は、添付書類として提出する必要はなくなりました。

平成31年(2019年)4月1日以後に確定申告書等を提出する場合、「特定口座年間取引報告書」等の添付書類の提出が不要となります。

参考 【確定申告書等作成コーナー】-「特定口座年間取引報告書」の提出について

e-Taxにしろ、税務署提出(郵送)にしろ、提出は不要です。

まとめ

こんな感じで、株での損失を翌年に繰り越すことで、翌年に利益が出たときは相殺することで節税を行うことができます。

しかも、この損失の繰り越しは、3年間は有効です。株で大きな損失を出した場合は、損失を繰り越しておくことに越したことはないでしょう。というか、繰り越しておくべきです。

特に、この記事を書いた2020年はコロナショックがあったので、大きな損失を出している方も多いかもしれません。

例えば2020年に1000万円の損失を出したとします。

そして2021年に1000万円株での利益があったとします。

この場合、今回の申請を行っているのといないのとでは、約200万円も手元に残る金額が違ってきます。

正直、やって置かないと損する

ということで今回の方法を用いて、損失を毎年繰り越しておくことで、「翌年から3年以内の売却益」と相殺出来るのは結構重宝します。

なので、必ず「株で損失がある年の確定申告」の際には「損失の繰り越し申請」を行っておくことをおすすめします。