介護の必需品!500mlペットボトルでも使えるストローを安く大量購入

500mlの曲がるストロー

僕のように、手足が動かないとコップを持って水を飲むということができません。

介護者がいても、コップだけで飲ませてもらうのは難易度が高いです。下手をすると水が気管に入ってしまい、むせてしまう危険性もあるので。

そういった場合、やはり重宝するのはストローです。

僕のように、コップを自分で持てない者にとっては、ストローは必需品です。

ただ、最近よく販売されているのが500mlのペットボトルです。これがちょっと曲者で、普通のストローだと短かすぎて、容器の中に沈んでしまい使い勝手が悪いです。

なので、500mlのペットボトルで利用するには、「500mlペットボトル対応のストロー」が必要になってきます。

ただ、「500mlペットボトル対応のストロー」の難点は、通常のストローより多少値が張ることです。だいたい1袋20本入て120円(1本あたり約6円:個包装なし)くらいします。

決して高くはないですが、安いというほどでもないので「安い500mlペットボトル向けストローはないものか」と探してみたら、あっさりとAmazonで見つかったので購入してみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

購入したストロー

で、実際に購入した500mlペットボトル対応のストローがこちら。

曲がるストロー500本入

大容量の500本入りで約1000円。1本あたりの値段だと、約2円という安さです。

しかも、1本ごとに以下のように個包装されています。

1本ごとにストローが個包装されている

このように個包装されていると、病院の定期検診等で、購入したペットボトルを飲むためストローを持ち歩く時にも、清潔に持ち歩けます。

もちろん中身も、こんな感じで蛇腹により折れ曲がるタイプです。

蛇腹の付いた折れ曲がるストロー

曲がらないストローは、かなり飲みにくいので蛇腹により、曲げる機能は必須でしょう。

このように、「曲がる個包装のストロー」で1本あたり約2円弱は、かなりお買い得かと思います。

もちろん、500mlペットボトルで使用しても、長さは十分です。

500mlペットボトルでも長さ十分

個々のストローのスペックは、こんな感じになっています。

ストロー詳細のカタログ写真

飲み口は6mmとなっています。

飲み口サイズは6mm

使ってみた感想

使ってみた感想としては、まあ普通のストローです。

ただ、少量ずつ購入するよりは、圧倒的な値段の安さがあります。

以前、高値で購入したときは、洗いながら何回か使っていたりもしました。けれど、安く購入しだしてからは、使い捨てにしてもそこまで抵抗はなくなりました。

それでも貧乏性なんで、2、3回は使うんですけど。

まとめ

この「中村 曲がるストロー」の良い点はこちら。

  • 大容量の500本入
  • 業務用としてコスト削減にも
  • 500mlペットボトルにも対応可能
  • 飲み口が曲がるので飲みやすい
  • 外出先などで使い捨てしやすい
  • 個包装なので清潔に持ち歩ける
  • 介護の時などにも便利

たかだかストローなんですけど、僕のような重度要介護者には、非常にありがたいツールです。

たかがストロー、されどストローです。ちょっとしたことで、生活の質(QOL)が改善したりします。

こちらは、500mlペットボトル対応の個包装ストロー。

ロングタイプでない通常タイプのものもあります。こちらは、個包装じゃないやつ。

こちらは個包装。