香り高いペットボトルほうじ茶なら「伊藤園 おーいお茶 ほうじ茶」が旨い

伊藤園 おーいお茶 ほうじ茶

僕が普段一番よく飲んでいるお茶は、ほうじ茶です。

ほうじ茶は、緑茶などと比較してカフェインが少なく睡眠に影響を与えづらいからです。また、カフェインが少ないことで利尿作用も低く、常飲ドリンクとして適しているからです。

なので、ほうじ茶パックを購入し家で煮出して量産しています。

ただ、夏になると家族みんなが大量に飲むので、量産体制をかなり強化する必要があります。

しかし、それだと「お茶を作る人(母)」が大変なので、

足りなくなる分は購入すればいいや

ということで、ペットボトルほうじ茶を購入することにしました。

で、まず購入するなら「お茶といえば伊藤園」ということで「おーいお茶 ほうじ茶」を購入することにしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

届いた「おーいお茶 ほうじ茶」

実際に届いたほうじ茶がこちら。

おーいお茶ほうじ茶の箱

中には525ml入りペットボトルが24本入っています。

おーいお茶ほうじ茶525ミリリットル×24

1本だけ取り出してみるとこんな感じ。

おーいお茶ほうじ茶500mlペットボトル

おーいお茶ほうじ茶は、アミノ酸を多く含んだ旨み豊かな国産一番茶を100%使用しています。

おーいお茶ペットボトルラベル

伊藤園のページでは、このように説明されています。

旨み、香り成分が豊富な国産一番茶を100%使用したほうじ茶飲料です。焙煎の強さが異なる一番茶をブレンドして甘い香ばしさを引き出し、高温短時間抽出で雑味を抑えてやさしい味わいに仕上げました(国産茶葉100%、無香料・無調味)。

栄養成分

100mlあたりの栄養成分表はこんな感じ。

おーいお茶ほうじ茶100mlあたりの栄養成分表示

エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0g
食塩相当量 0.03g

ノンカロリー、無添加となっています。

原材料

原材料表示はこんな感じ。

おーいお茶ほうじ茶の原材料

原材料は、「日本産の緑茶」と「ビタミンC」のみです。

緑茶の扱い方次第で、緑茶にもほうじ茶にもなるんですね。

飲んでみた感想

実際に24本飲んでみた感想として以下のように感じました。

  1. 香り高い(お茶の香りが強い)
  2. 味も濃い

この2点はハッキリと感じました。

正直、「家で煮出しているパックのほうじ茶とは別物…」と感じました。「製法次第ではここまでお茶の香りや味が変わるものか…」と。

さすが伊藤園です。

お茶の「香り」と「旨味」を素人でも分かるぐらいにここまで引き出してくるか!!

と最初の一口で思いました。

反面、「ほうじ茶に香りも味もそこまで求めていない」という人には合わない可能性もあります。

「水分補給用にクセのないお茶がいい」という場合は、家で煮出したパックのお茶が最適かと思います。

まとめ

というわけで、ほうじ茶の持つポテンシャルを存分に引き出したペットボトル飲料を飲むのであれば「伊藤園 おーいお茶 ほうじ茶」は、かなりベストな選択でしょう。

口に含んだ瞬間、鼻に吹き抜ける香りを存分に楽しむことができます。そして、飲んで感じるほうじ茶の旨みも格別。素人の僕でも第一印象で違いが感じ取れるぐらいです。

反面、「お婆ちゃんが量産するクセのないゴクゴク飲みやすいほうじ茶」がご所望であれば、お婆ちゃんの作るものには敵わないとは思います。