Windows10で更新プログラム適用後に再起動するのを抑止する方法

先日、Windows Update後に勝手に再起動させず、スケジュール操作で再起動させる方法を書きました。

Windows10で夜中に勝手に行う再起動をスケジュールで設定する方法
先日、Windows10を利用し始めました。 いろいろ作業して、パソコンの電源をつけたまま一晩放置しておいたら、勝手に再起動さ...

ただ、その後いろいろ調べてみたら、アップデート後の再起動を抑止して、ユーザーのタイミングで再起動を行える方法を見つけたので紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Windows10 Proでアップデート後の再起動をさせない方法

まず、Windows10 Professional版、Enterprise版の場合は、設定は比較的簡単です。

ローカルグループポリシーエディターの起動

まずは、Windowsスタートボタンを右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択してください。Win + R キーを押してもOKです。

スタートボタンを右クリックしてメニューを出す

すると「ファイル名を指定して実行」ダイアログが表示されるので、名前をところに「gpedit.msc」と入力して「OK」ボタンを押してください。

ファイル名を指定して実行からpedit.mscを起動する

ローカルグループポリシーエディターでの設定

すると、「ローカルグループポリシーエディター」が開きます。

ローカルグループポリシーエディターが開く

ローカルグループポリシーエディター上の左ペインから「ローカルコンピューターポリシー」→「管理用テンプレート」→「Windowsコンポーネント」→「Windows Update」を開きます。

ローカルグループポリシーエディターでの設定

そして、右ペインにある「スケジュールされた自動更新のインストールで、ログオンしているユーザーがいる場合には自動的に再起動しない」項目をダブルクリックします。

ローカルグループポリシーエディターの右側

すると、以下のようなダイアログが表示されるので「有効」を選択して「OK」ボタンを押してください。

「スケジュールされた自動更新のインストールで、ログオンしているユーザーがいる場合には自動的に再起動しない」ダイアログ

あとは、Windows10を再起動すれば設定が反映されます。

ちなみに、ヘルプの説明には以下のように書かれています。

自動更新で、スケジュールされたインストールを完了するためにコンピューターを自動的に再起動せず、ログオン ユーザーによってコンピューターが再起動されることを待つかどうかを指定します。

状態が有効に設定されている場合、ユーザーがコンピューターにログオンしている場合は自動更新がコンピューターを自動的に再起動することはありません。代わりに、コンピューターの再起動が必要であることをユーザーに通知します。

更新を有効にするには、コンピューターを再起動する必要があります。

状態が無効または未構成に設定されている場合は、インストールを完了するためにコンピューターが 5 分以内に自動的に再起動されることがユーザーに通知されます。

注: このポリシーは、自動更新がスケジュールされた更新のインストールを行うように構成されている場合にのみ適用されます。[自動更新を構成する] ポリシーが無効になっている場合は、このポリシーは効果はありません。

要は「ユーザーのタイミングで再起動したい時の設定項目」ということだと思います。

上記設定でうまくいかない場合は

ネットを見る限り、上記設定でうまくいっているようなのですが、僕の環境ではたまに再起動してしまいます。

なので、完全に再起動させないために「Windows Updateのインストールも無効にする方法」も書いておきます。

インストールしない方法は、先程の設定と同様に、ローカルグループポリシーエディター上の左ペインから「ローカルコンピューターポリシー」→「管理用テンプレート」→「Windowsコンポーネント」→「Windows Update」を開きます。

そして「自動更新を直ちにインストールすることを許可する」をダブルクリックします。

自動更新を直ちにインストールすることを許可する

そして、表示されるダイアログで「無効」を選択して「OK」ボタンを押してください。

インストール無効の説明は以下になります。

Windows サービスへの割り込みまたは Windows の再起動を行わない特定の更新を、自動更新によって自動的にインストールするかどうかを指定します。

状態が有効に設定されている場合、これらの更新はダウンロード後に準備ができしだいインストールされます。

状態が無効に設定されている場合は、すぐにはインストールされません。

注: [自動更新を構成する] ポリシーが無効になっている場合は、このポリシーは効果はありません。

僕は、この設定にしてから完全に再起動はしなくなりました。

Windows Updateをインストールしない場合は、更新ファイルが出た場合は、自前でこまめにインストールする必要があります。インストールせずに放置しておくと、セキュリティー的に問題が出てくる可能性があるので、この設定を利用する場合は注意が必要です。

Windows10 Homeででアップデート後の再起動をさせない方法

Windows10 Homeでは、デフォルトでローカルグループポリシーエディター(gpedit.msc)は利用できません。

なので、設定方法は、多少難しくなります。

Homeでは、まずローカルグループポリシーエディターをインストールします。

その後、全項目のProfessional版と同様にします。

ただ、インストールと初期設定が結構面倒です。

レジストリエディターで設定する方法

上記のローカルグループポリシーエディターをインストールするのが面倒くさい場合は、レジストリエディターで編集する方法もあります。

ただ、僕も上記方法を試してみたのですが、Windows10 Pro 64bit版では、うまくいきませんでした。

以下によると、32bit版と、64bit版では、設定箇所が違うのかもしれません。

32bit版

以下のキーに移動(キーがない場合は作成)

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU

NoAutoRebootWithLoggedOnUsersキーをREG_DWORD値で作成してから値を1にする

64bit版

以下のキーに移動(キーがない場合は作成)

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU

NoAutoRebootWithLoggedOnUsersキーをREG_DWORD値で作成してから値を1にする

上記箇所を編集してみてうまくいかない場合は「ローカルグループポリシーエディター」をインストールして行った方が無難かと思います。

レジストリに不正な値を書き込んでしまうと、システムに重大な障害を及ぼし、最悪の場合、システムの再インストールを余儀なくされることもあります。レジストリエディターの操作は慎重に行うとともに、あくまでご自分のリスクで設定を行ってください。

まとめ

今回、Windows Update後の再起動を抑止する方法について書きました。

ただ、Windows Updateでプログラムの更新の後は、再起動しないと適用終了しません。なので再起動をするまでは、「セキュリティー的に弱い状態」のままになります。

今回の設定を行った場合でも、タイミングが合えば、再起動を実施し、プログラムの更新を適用するようにしてください。