LiteSpeed Cacheが動作しているかを確認する方法(+キャッシュの強制リセット方法)

先日、たまたま以下の方法でmixhostの管理画面からサーバーの負荷状況を見ていました。

当サイトは、MixHostにて運営しています。 MixHostサーバーでは、cPanelというサーバー管理ソフトが用...

すると、普段のCPU負荷率が3~5%なのに対し、CPU負荷率が6~9%ぐらいに常態的に上がっていました。

mixhostのCPU負荷がいつもより高かった

数値的には、大した負荷率ではありません。

けれど、特に設定をいじったわけでもなく、アクセスが急増しているわけでもない状態で、何故か負荷が上がっているのが気になりました。

その後、数日経っても同じ状態が続いているので、mixhostのサポートに問い合わせをしてみたところ、 (機能は有効にしているのに)LiteSpeed Cacheが動作していなかったことがありました。

そりゃ、ページキャッシュプラグインが動作していなければ、毎回プログラムが動的にページを生成することになるので、負荷が高くなるのは当然ですね。

その時に、サポートの方に対処して貰って、以前の状態に回復しました(自分で行う対処方法については後述します)。

その、問い合わせの際に、「もし今度同様の症状になった場合の確認方法」として「LiteSpeed Cacheが動作しているかを確認する方法」を教えていただきました。

その方法をメモがてら紹介したいと思います。

LiteSpeed Cacheとは
mixhostが利用しているLiteSpeedサーバー専用のページキャッシュプラグインのこと。公式プラグインページはこちら
LiteSpeed Cacheプラグインのインストール画面
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

LiteSpeed Cacheの動作を確認する方法

LiteSpeedサーバー上で、「ページキャッシュが正常動作しているか?」を確認するには、Chromeブラウザを利用します。

まずはGoogle Chromeを起動してください。

デベロッパーツールの起動

次に、デベロッパーツールを起動します。デベロッパーツールの起動は、Chromeメニューから「その他のツール → デベロッパーツール」を選択してください。

Chromeメニューからデベロッパーツールを開く

WEBページを開いた状態で、F12キーを押しても起動します。

ヘッダー情報の確認

試しに、以下のURL(https://nelog.jp/mixhost)のページのヘッダ情報を確認するのを例に説明します。

先日、MixHostにサーバー移転をしました。 その後しばらくMixHostを利用し、性能を知り、速さを知り、使いや...

デベロッパーツールを起動したまま、調査対象ページを開いてください。

そして、デベロッパーツール上で以下の順番で、項目を選択していってください。

  1. Network
  2. All
  3. ページを選択(Wordpressの投稿ページならスラッグ)
  4. Headers

2017-06-28_11h36_52

ページヘッダーが表示されない場合は、ブラウザでリロード(再読み込み)を行ってみてください。

ヘッダー情報タブ内で、以下のように表示されていれば、LiteSpeed Cacheが正常動作しています。

ヘッダー情報の詳細でLiteSpeed Cacheが有効化どうかを見る

Server: LiteSpeed
X-LiteSpeed-Cache: hit

反対に、以下のように表示されていたら、プラグインが正常動作していません。

Server: LiteSpeed
X-LiteSpeed-Cache: miss

X-LiteSpeed-Cache-Control: no-cache

上記のような情報が表示されていたら、Wordpressの管理画面からLiteSpeed Cacheプラグインの設定状態を確認してください。

LiteSpeed Cacheが動作していないのを解決する方法

LiteSpeed Cacheが動作していないのを確認したら、まずは以下などを確認してみてください。

  • LiteSpeed Cacheプラグインが有効になっているか
  • LiteSpeed Cacheプラグインの設定に誤りはないか
  • LiteSpeed Cacheのキャッシュデータを削除する

LiteSpeed Cache有効になっているかどうかは、以下のように確認してください。

LiteSpeed Cacheプラグインが有効になっているかどうか

その後、各種設定項目も確認してください。

大まかな、設定項目の説明であれば、以下を参照してください。

参考 WordPressでLiteSpeed Cacheを使用して高速化する方法 | mixhostヘルプセンター

設定項目に問題が無い場合は、Wordpress管理バーにある「LiteSpeed Cache Purge All」をクリックしてキャッシュファイルを全て削除してみてください。

LiteSpeed Cacheプラグインのキャッシュの全削除

サーバー上のキャッシュファイルを直接削除する

上記手順でもLiteSpeed Cacheの動作を確認できない場合は、サーバー上のキャッシュファイルを直接削除します。

mixhostの場合、直接キャッシュファイルを削除するには、コントロールパネル(cPanel)上から「ファイルマネージャー」を利用する方法が最も手軽な方法かと思います。

mixhostのコントロパネルでファイルマネージャを選択

LiteSpeed Cacheの保存場所は、「/lscache」になります。

lscacheディレクトリにLiteSpeed Cacheのキャッシュが保存されている

「/lscache」ディレクトリを開くと、中には以下のようにキャッシュが格納されています。

lscacheディレクトリの中身

これは中身をすべて選択して、右クリックメニューで出てくる「Delete」を選択してください。

2017-06-28_12h29_43

これで、キャッシュが強制的にリセットされます。

僕のサイトの不具合の場合は、これで「LiteSpeed Cacheが動作していない」という不具合は解消しました。

通常はこの方法ではなく、WordPressプラグインからのキャッシュの削除をまず試すことをおすすめします。この方法は、原因不明の問題が発生した際の最終手段として試す方法としてサポートの方に教えていただきました。

まとめ

こんな感じで、当サイトの「LiteSpeed Cacheが動作していない問題」は解決しました。

僕の場合は、こういったことをすべてmixhostサポートの方が行ってくれました。さらに今後、自分で問題に気づいて解決できるようにと、「LiteSpeed Cache動作確認方法」と「LiteSpeed Cacheの強制リセット方法」まで教えていただきました。本当にいつでも親切サポート。

今回は、教えてもらった方法を忘れないためにも、備忘録的に書き残した次第です。

ということで「最近アクセスが増えたわけではないのに、サイトのCPU負荷率が高い状態にある」なんて場合は、問題解決の1つの手段として「LiteSpeed Cacheの動作確認」を試してみるのも良いかもしれません。

サイト 高性能で高速なレンタルサーバーmixhost

参考 WordPressでLiteSpeed Cacheを使用して高速化する方法 | mixhostヘルプセンター