BabyLinkツールの公開停止と、ソースコードの公開について

Amazon商品リンク情報API(PA-API)の利用ポリシーが2019年1月23日から変更されます。

これにより、多くのAmazonブログパーツ生成ツールでPA-APIが利用できなくなるであろうことを以前以下で書きました。

新しいAmazon商品情報取得APIのポリシー変更に関する注意点。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

BabyLinkの公開停止

BabyLink

僕が以前作成したAmazon商品リンク作成ツール「BabyLink (babylink.herokuapp.com)」も1/23のポリシー変更により利用できなくなります。

ツイートでは1月15日~と書いてありますが、その後PA-APIの仕様変更が23日~に変更されたので、23日には利用できなくなります。

なので「もう利用出来なくなるWEBツールのソースコード」をハードディスクに置いておいても、しょうがないので公開しておこうと思います。

小さな小さなアソシエイトリンクの作成ツールです。. Contribute to yhira/babylink development by creating an account on GitHub.

ソースコードは、自由に利用してください。

Amazon PA-APIの「アクセスキーID」と「シークレットキー」と「トラッキングID」を自分のものにしてデプロイできれば、利用できるかと思います(※30日間で一つでも売り上げがある認証キーを利用した場合)。

BabyLinkの作成環境

公開していたBabyLinkツールの環境は、こんな感じ。

  • Ruby on Rails
  • Heroku

PA-APIの各種IDの入力場所

「アクセスキーID」と「シークレットキー」と「トラッキングID」の設定場所は、以下のキーワードでGrep検索すると見つかると思います。

  • ASSOCIATE_TAG:トラッキングIDを入力
  • AWS_ACCESS_KEY_ID:アクセスキーID
  • AWS_SECRET_KEY:シークレットキー

注意点

利用する際の注意点はこちら。

  • 2013年頃に作ったものなのでRuby on Railsが古い(見たところv4.0.0)
  • いろいろなgemライブラリも古いのでそのままではHerokuでデプロイもできないかも
  • 作者自身も作成当時のことは全く覚えておらずサポートはできません

最近は、WordPressばかりやってて、Railsは完全に忘れました。

まとめ

多分「Ruby on Railsが古い」ということと「gemライブラリも古い」ということを解決できれば、自分用のBabyLinkも作れるかと思います。

動作とかも好みのものに変更して自由に利用、公開していただいて大丈夫です。

ただ、PA-APIの利用ポリシーが変わってしまい、WEBツールとしてAPIが扱いづらくなりました。加えて、自分用に利用するにしても、それなりに面倒くさいので、やるメリットは、ほぼ無いとは思います。

それだったら、Amazonアソシエイトが推奨するAmazon Link Builderプラグインを使ったほうが、API制限もないですし楽かとは思います。

アフィリエイトリンクの効率的な作成を支援する、Amazon アソシエイト・プログラムの公式プラグインです。

いずれにせよ、PA-APIの仕様変更により、BabyLink(babylink.herokuapp.com)は2019年1月23日をもって公開を停止します。

参考 [重要] Product Advertising API 利用ポリシーの変更について

『BabyLinkツールの公開停止と、ソースコードの公開について』へのコメント

  1. 名前:かおり 投稿日:2019/01/30(水) 14:28:59 ID:c56304034

    今までBabyLinkで作成したリンクは
    そのままにしていても問題ないですか。

  2. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2019/01/30(水) 17:54:38 ID:bf501e15a

    これまで、BabyLinkで作成したリンクは、単なる「静的HTMLタグ」です。
    なので、そのまま利用可能です。コード貼り替えの必要もありません。
    APIを利用した「動的HTMLタグ取得」をするわけではないので、問題なく利用できます。

  3. 名前:かおり 投稿日:2019/01/30(水) 21:50:12 ID:c56304034

    回答ありがとうございます。
    安心しました。