Amazon EchoとGoogle Homeそれぞれの利点と難点まとめ

Amazon Echo DotとGoogle Home Mini

先日、個人的には「スマートスピーカーの本命」であったAmazon Echoを購入しました。

先日、スマートスピーカーのGoogle Homeを購入しました。 僕の使い方としては、単に天気予報を聞いたり、...

ただ、僕はAmazon Echo購入前からGoogle Homeも活用していました。

2017年10月6日、日本でもGoogle Homeが発売されました。 Google Homeといえば、声で様々なことに答えて...
先日、Google Homeを購入し、結構便利に利用しています。 僕もGoogle Homeを購入後しばらくは、1台体...

その後、約1ヶ月くらい使用してみて、どうしても双方を比較して比べてしまう自分がいました。

ここしばらく使ってみて「Amazonのここはいいけど、こっちはGoogleの方が…」なんてことも結構あったりして。

そんなわけで、以下ではAmazon Echo(Dot)とGoogle Home(Mini)を自分なりに比較してみて感じた、それぞれの強みと弱みについて書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Amazon Echoの利点

Amazon Echo Dot外観

Amazon EchoとGoogle Homeを比べてみて、僕が感じたAmazon Echoの強みを挙げるとすればこちら(※Google Homeの弱い部分でもある)。

  • サービスとの親和性が高い(特にAmazon)
  • Amazonプライムにさえ入っていれば新たな音楽サービスに入ることなく音楽が聴ける
  • Amazon EchoからAmazonを利用して買い物が出来る
  • 本を読み上げてくれる(※現状は英語だけだが将来的に対応の可能性)
  • 音楽再生向きのスマートスピーカー
  • 出力端子やBluetoothで外部スピーカーで手軽に聴くことが可能
  • スキル(拡張機能)が豊富
  • 呼び名を変更することが出来る(デフォルトはAlexa)
  • 値段が多少安い(プライム会員だと更に割引)
  • 廉価版(Echo Dot)のサイズは最も小さい
  • インターフェースは、ボタン操作なので分かりやすい

Amazonサービスを利用するならAmazon Echo

Amazon Echoの強みは何と言っても、「巨大サービスAmazonとの連携」でしょう。

特にプライム会員に入っていれば、Amazonサービスをスピーカーから活用しやすいよう作成されています。

音楽再生に強み

特にPrime Musicを利用した音楽再生は、使いやすく生活の中にうまく音楽を融合させることができると思います。

もちろん、Amazon Echoは高機能版でも、筐体サイズが限定されているので、音はそこまで良いとは言えないかもしれません。

けれど、Amazon Echoには出力端子、Bluetoothがデフォルト機能としてあるので、高性能スピーカーに出力してやれば、高音質化も比較的容易です。廉価版(Echo Dot)にもしっかりとこの機能はついています。

なので、「外部スピーカーの高品質な音で音楽を聴く」というのが主目的であれば、選択肢はAmazon Echo一択になるかと思います。

Google Homeには2018年1月時点のデフォルト状態では、外部スピーカー用の出力手段はないようです。Google Home側のスピーカーにBluetoothで音を出力ということはできるけど。

Google Homeの利点

Google Home Mini外観

反面、Amazon Echoと比較して、Google Homeの強みはこちら(※Amazon Echoの弱い部分含む)

  • 音声案内の声(日本語音声合成)が比較的流暢
  • デフォルト状態での音声アシスタント機能が豊富
  • Amazon Echoよりも質問への返しがうまい(※個人的な感想だけど)
  • Chromecastと連携してある程度テレビや動画の操作が可能(AmazonはFire TVにはまだ未対応)
  • Spotifyの無料版を利用すればコストをかけずに音楽が聴ける(※曲は選べない)
  • タッチパネルで操作ができておしゃれ・LEDが綺麗(※使い方が分かり辛い)
  • 初期設定のしやすさはGoogle Homeに分があると思う

Google Homeの強みは、何といっても「アシスタント(AI)の能力が高い」ことだと思います。

Google Homeはしゃべり方が綺麗

Amazon Echoよりも、日本語を綺麗にしゃべりますし、想定されている問答ストックは、明らかにGoogle Homeの方が多いように感じます。

音声合成(発声力)は、双方ともそれなりに聞き取りやすい日本語をしゃべります。そして当然、双方とも読み間違えるときは間違えます。

けれど、双方を比較した場合、Google Homeの方がしゃべりがスムーズで、読み間違いも少ないです。Amazon Echoもアップデートごとに良くはなっているのですが、音声合成力ではまだまだGoogle Homeに分があります。

Amazon Echoの方も1ヶ月ぐらい使っていますが、購入当初に比べて、日を追うごとに良くなっているように感じます。この差はそのうちなくなるかも。

Google Homeの方が賢そうな受け答えをする

あと、アシスタント(AI)能力は、Google Homeの方が高いと思います。

スマートスピーカーのアシスタント機能をAIと呼ぶのであれば、知能は明らかにGoogle Homeのほうが上です。

ここらへんの技術力は、さすがIT界の巨人Googleといったところ。

「声で質問 & 答えを返してくれる」というアシスタント機能に絞って言えば、Google Homeの方が今のところ出来ることが豊富です。

ただ、Amazon Echoの方はスキルという拡張機能が豊富なので、設定さえ行えば、ユーザーが出来ることを増やしやすいです。

質問の返し方もうまい

あと、Googleアシスタントの方は、返しもウィットに富んでいてうまいように感じます。

例えば、Amazon Echo(Alexa)に対して以下のように質問したとします。

Alexa、Google Homeについてどう思う?

すると、こんな風に返します。

すみません、私には分かりません。

AppleのSiriについて聞いてもこんな感じ。

すみません、今分かりませんが勉強をしておきます。

けれど、Google Homeに以下のような質問をしたとします。

OK Google Alexaについてどう思う?

すると、以下のようにうまく返します。

Alexaですか、一度会ってみたいです。お天気の話で盛り上がりそうです。

Siriについて聞いてもこんな感じ。

すてきな名前ですよね。

賢いという噂をよく聞きます。

こういう、意地悪な質問にも、しっかりと返す力は、現状Google Homeの方が確実に上だと思います。

先日、Google HomeとAmazon Echoの主な機能を比較しました。 上記の中で僕は、「AIアシスタント機能...

スマートスピーカー機能比較

今回、Amazon Echo、Google Home双方を使ってみたわけですが、個人的に感じた能力の比較表はこちら(※評価はあくまで個人的な主観によるものです)。

Amazon Echo Google Home 備考
アシスタント発声(音声合成) 発声はGoogleの方が綺麗。読み間違いも少ない。
アシスタント音声認識能力(聞き取り) 双方とも素晴らしい。周りがうるさくてもしっかりと聞き取ってくれる。
アシスタント能力 AI的な能力はGoogleが上。
アシスタント調べ物(調査能力) Amazonは主にwikiから?Googleは様々なサイトから引用。
アシスタントのユーモア力 受け答えはGoogleに分があり。
アシスタント拡張 Amazonはスキル(拡張アプリ)利用で手軽に機能追加可能。Googleもアクション設定で可能だが機能拡充中。
声の聞き分け × Googleは6人まで。Amazonは日本では未対応。
ニュースの読み上げ 双方そこまで変わらず。というかほぼ同じ。
ラジオ 双方radikoサービスを利用。
天気予報 利用サービスが違うので天気予報の数値は微妙に違う。
音楽サービス利用 Amazonはプライムサービスが利用できるという点において手軽。ただ、GoogleはSpotifyが利用できる。
無料音楽サービス × GoogleはSpotifyの無料版が利用可。※選曲はできない
スピーカー能力(安価版で比較) 筐体が大きくないので音は良くない。
スピーカー外部出力 × Amazonは出力端子とBluetoothに対応。Googleはデフォルト装備ではできない)
Bluetoothスピーカー利用 双方ともBluetoothスピーカーとして利用可能。安価版は音は良くない。
スケジュール管理 GoogleはGoogleカレンダーのみ。Amazonは他社サービスも利用可能。
ショッピング機能 × 主なものはAmazonで買える。けれど積極的に利用したいと思わない(単品だと配送業者さんに申し訳ない)。
本の読み上げ × Amazonは英語書籍のみ。
家電の操作 Amazon(Echo Plus)にはハブ機能あり。
テレビ連携 × GoogleはChromecastを利用して電源のオンオフは可能。AmazonはFire TVに現時点で未対応。
値段 定価はAmazonの方が安い。プライム会員で割引も。

様々な機能があるので、一概にはどちらが良いとは言えないです。

けれど冒頭でも書いたように、サービス連携力や、機能の豊富さで言えばAmazon Echoに分があると思います。

音声アシスタント機能に絞って言えば、「さすがGoogle!」と言えるほど出来は良いと思います(※出来は良いですが、どんな質問にでも答えられるわけではありません)。

どちらのスマートスピーカーを選ぶべきか?

結局、「どちらのスマートスピーカーが良いのか?」と言えば、それは使用目的によって変わってくると思います。

Amazon Echoが向いているのは以下のような方。

  • Amazonサービスを有効利用したい(今後スピーカーとサービスの連携発展を体感していきたい)
  • 音楽再生で主に利用したい(外部スピーカーで高音質化も容易)
  • Amazonからスピーカーで買い物をしたい
  • 自前で機能をいろいろと設定したい(スキル:拡張アプリ)

反面、Google Homeの方が向いているのはこんな方。

  • 音声アシスタント(AI)利用が主目的の場合
  • 機能追加設定が面倒なのでデフォルトのアシスタント機能のみで利用していきたい
  • 現時点で最強のIT技術集団が作るアシスタント(AI)を使いたい

大事なことなので何度も書いてしまいますが、サービスが主目的であればAmazon Echo。アシスタント(AI)利用が主目的であればGoogle Homeの方がおすすめです。

まとめ

僕の場合、主な利用目的はアシスタント機能であったため、今のところGoogle Homeの方を主に利用しています。

ただ、Amazon Echoは、当然ながら今後、Amazonサービスとのシンクロ率が高くなるのは確実です。なので、面白い機能が追加されるようであれば、使用機会も増えてくるでしょう。

僕はこういったガジェットが好きなので、双方ともそれなりに便利に利用させてもらっています。

スマートスピーカーは、まだ黎明期といってもいいくらい出たばかりの商品です。ですので「何にでも対応できる」という状態にはまだまだ、ほど遠いといっていいでしょう。

ただ、今後伸びしろのある分野なので、どんどん機能は追加されていくと思います。実際、購入後も自動アップデートされいくつか機能も追加されています。

ということで今後とも、「スマートスピーカーという分野がどのように発展していくのか?」を身をもって体験しながら楽しめればと思います。

Amazon Echoの安価版。Amazonサービス連携と音楽再生(外部スピーカー利用)ならこれで十分。

多少でも、内部スピーカーの音を良くしたいなら。

スマートホーム機能で家電操作をする際にハブ的役割を持たせたいなら。

デフォルトのアシスタント機能が優秀なものを選ぶなら。

Google Homeで、内部スピーカーを多少でも良いものにしたいなら。