スマホでAmazonの2段階認証設定を行う方法

Amazonでは、スマホからでも2段階認証をしっかりと行うことができます。

2段階認証を設定していない場合は、ログインパスワードが悪意ある第三者に渡ってしまえば、Amazon内で好き勝手されてしまいます。

このように、ログインパスワードが漏れてしまっても2段階認証を設定していれば安心です。

2段階認証を行うことにより、本人以外がAmazon内で商品の売買を行うことが基本的にできなくなることで、セキュリティが向上します。

ただ、Amazonではパソコンからとスマホからの登録方法が若干違うので、それも含めて説明したいと思います。

以下では、「スマホでAmazonで2段階認証を行う方法」を紹介します。

2段階認証とは
ログイン時の「ID/パスワード入力」の他に、アプリでのログイン可否の選択や、スマホ等に送られてくるセキュリティコードの入力を追加することで、本人以外が不正に情報にアクセスすることを防止する仕組みです。

パソコンからの設定方法はこちら。

Amazonでは、不正利用防止のための安全装置ともいえる2段階認証をしっかりと行うことができます。 2段階認証を設定していない...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Amazonで2段階認証を行う

まずはスマホから2段階設定を行うには高度なセキュリティー設定ページを直接開いてください。

ログイン画面が表示されたら、パスワードを入力してログインしてください。

スマホのAmazonログイン画面

高度なセキュリティ設定

「高度なセキュリティ設定」仮面が表示されるので「設定を開始」ボタンを押してください。

スマホでの「高度なセキュリティー設定」画面

認証手段の選択

2段階認証方法は、以下の2種類から選択できます。

  • テキストメッセージ(SMS)
  • 認証アプリ

以下では手っ取り早くできる「SMS(ショートメッセージ)」を利用した方法を紹介します。

第一手段を選択

「テキストメッセージ(SMS)」を選択して、携帯電話番号を入力後、「コードを送信する」ボタンを押してください。

テキストメッセージでの2段階認証

すぐにショートメッセージにコードが送られてくるので「6桁の数字コード」を入力して「次に進む」ボタンを押してください。

スマホで認証番号を入力

第2手段の選択

次に「バックアップ手段」の選択を行います。

2段階認証の第2手段

この「バックアップ手段」は、「第一手段」が正常動作しなかった場合に、バックアップとして登録しておく手段です。

先程と同様の手段で、セキュリティーコードを入手し設定を行ってください。

携帯電話が2つない場合は、例えば親のような信頼のおける人に頼んで、バックアップ手段とさせて貰うという手もあります。それもできない場合は、認証アプリを利用して認証する必要があります。

バックアップ手段は、スマホ料金の不払いなどで急に電話が使えなくなった場合等のことを考えて設定しておく代替手段です。

最終確認

「設定毎の最終確認」画面が表示されるので「2段階認証を設定」ボタンを押してください。

2段階認証の最終確認

正しく設定されれば以下のように「2段階認証が有効になりました」と表示されます。

2段階認証が有効になりました

これでスマホからの2段階認証設定が完了しました。

まとめ

このような感じでスマホからでも「2段階認証」の設定を行うことができます。

ポイントとしては、スマホの場合直接高度なセキュリティー設定ページに飛ぶ必要があることぐらいでしょうか。

あとは基本的にパソコンと同様の方法で設定を解除することができます。

やはりこれからの時代、金銭を扱うネットサービスを利用するのであれば、2段階認証設定をしておくに越したことありません。

Amazonを利用するに当たって、少しでもセキュリティを高めて、安心して利用できるようにしておくことをおすすめします。

パソコンでの設定方法はこちら。

Amazonでは、不正利用防止のための安全装置ともいえる2段階認証をしっかりと行うことができます。 2段階認証を設定していない...