個人死亡時にムームードメインのアカウントは相続できるのか?

ムームードメインの相続

サイト運営者本人が死亡した時、支払いの滞りによりアカウント停止というのは怖いです。

ただ、ブログなどでよく使われている有名所サーバーであれば、所定の手続きを踏めば、アカウントの相続は可能です。また、法人化の際の名義変更も可能です。

人間誰しもいつかは死にます。 僕自身は、基本的に不健康な生活をしているため、死亡時期は前倒しになる可能性もなきにしもあらず。 ...

ただ運営者死亡時、サーバー以上に押さえておかないといけないのは、ドメインです。

ドメインへの支払いが滞り、失効、その後他の人にドメインの権利を取られては目も当てられません。

なので「サーバーを相続するつもりならばドメインの相続も必須」です。

ということで、僕が使用しているムームードメインに「個人間の相続」と「法人への名義変更」について質問してみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

問い合わせ内容

問い合わせ内容はこちら。

貴社ドメインサービスを利用してサイト運営をさせていただいています。

ところで、長くサイト運営をしていれば、契約者本人が死亡することもあるかと思います。
その際には、ムームードメインアカウントの相続は可能でしょうか。
また可能な場合、相続に必要な手続きはどのようなことでしょうか。

また、可能ならば法人化して名義変更出来ればとも考えています。
ムームードメインでは、アカウントを法人に名義変更することは可能でしょうか。
また可能な場合は、どのような手続きが必要でしょうか。

質問の要点はこちら。

  1. 個人間のアカウント相続は可能か?
  2. 相続が可能な場合どのような手続きが必要か?
  3. 法人への名義変更は可能か?
  4. 名義変更が可能の場合どのような手続きが必要か?

以下では、それぞれの回答と共に詳しく書きたいと思います。

個人間のアカウント相続は可能か?

サポートからの回答はこちら。

もしご契約者がお亡くなりになった場合、弊社といたしましては、『ご登録者様のご親族(証明ができる方)』へドメインの管理権限を移行するお手続きにて、承っております

※誠に恐れ入りますが、ご親族の方以外への譲渡・確認手続きが行うことができませんこと、ご了承ください。

親族が「親族であるということの証明」が出来るのであれば、相続は可能なようです。

相続が可能な場合どのような手続きが必要か?

サポートからの回答はこちら。

 ◯お手続きに必要な書類
==========================
・ご登録・管理者様の【死亡証明書のコピー】または【戸籍抄本の写し】
・次のご契約者様(ご家族)の【身分証明書のコピー】
==========================

*証明書は、市役所や区役所で発行されております。
お手数ですが、最寄りの役所で発行方法をご相談ください。

相続(管理権限の移行)に必要な書類は以下になります。

  • 登録・管理者の「死亡証明書のコピー」か「戸籍抄本の写し」を市役所で取得
  • 相続する親族の「身分証明書のコピー」(故人との関係性を証明するもの)

ムームードメインアカウントの相続をするには、上記の手続きが必要になります。

法人への名義変更は可能か?

サポートからの回答がこちら。

ムームードメインでは、法人名ではなく個人名でのご登録をお願いしております。

ムームードメインは、登録者は個人で行うことが必須な様です。

法人・団体名での登録は行えません。

なので、法人で登録する際は、代表者名、もしくは担当者名で登録する必要があります。

よくある質問の「法人・団体からのお申し込みは可能ですか?」にも以下のように書かれています。

ムームードメインでは個人のお客様向けのサービスを提供しております。
法人・団体の方でもご契約は可能ですが、ドメインの管理については、代表者の情報にてご登録をお願いいたしております
(中略)
また、担当者を「企業名」や、その他架空の情報で登録された場合、上位レジストラやレジストリの指導の下、ドメイン登録情報が正確かどうか確認する必要が起きた際、所有者として認められない場合もあります
ドメイン紛争機関やレジストリにより虚偽情報と判断された場合、ドメイン抹消の措置が取られる場合がございます。

法人や団体名が「ドメイン登録者情報」になった場合、所有者として認められない可能性があるからのようです。

また、レジストリに虚偽情報と判断されてしまったら、ドメイン抹消のリスクもあるとのこと。

なので、法人で登録する際は案内に従って、代表者名か担当者名で登録しておいた方が無難かと思います。

名義変更が可能の場合どのような手続きが必要か?

前項目の内容と重複してしまいますが、サポートからの回答はこちら。

法人名への変更をご希望のところ恐縮ではございますが、ドメイン管理の担当者様や代表者様のお名前にてご登録くださいますようお願いいたします

よくある質問の「法人・企業で利用したいのですが、気をつけることを教えてください」には、以下のような案内があります。

ムームードメインでは、個人のお客様向けのサービスを提供しており、法人・団体の方でもご利用は可能なのですが、以下の点にご注意の上、ご契約をお願いします。

  • ご契約の際のお名前(ご契約名義)には、「 個人名 」を登録していただく必要がございます。ドメイン管理の担当者様や代表者様のお名前でのご登録をお願いします。
  • ドメイン管理の担当者様が変更になる際は、「 ご契約情報 」の引継ぎをお願いします。

ちなみに、個人名義の変更方法は、「管理するWeb担当者が変わる場合はどうすればいいですか?」に書かれている方法で変更すればよいかと思います。

まとめ

ムームードメインのサポートの方には非常に丁寧に説明していただきました。

このようにムームードメインでは、「個人間の相続は親族に限り可能」となります。

加えて「法人への名義変更は法人名での登録は不可能」となります。ただし、代表者や担当者個人として登録する分には問題ないようです。

ただ、ムームードメインの場合、.com、.netのようなドメインの場合、最大10年間、まとめてドメイン使用料を支払うことは可能です(現在利用中の場合は追加で9年)。

ムームードメインでドメイン使用料をまとめ買い

とりあえず、ドメイン使用料をこの先10年分毎年確保(※)しておけば、いざ運営者に何かあったとしても、余裕をもって対応できるかと思います。

とりあえず、「本人死亡でドタバタしている間にドメインが失効していた」なんて可能性はかなり低くなるのではないかと思います。

サイト ムームードメイン

※.jpのように1年ごとしか購入できないドメインもあるので、サイトを始める前に「複数年契約できるか」の確認が必要になるかと思います。

「.jp」や「.co.jp」ドメインの更新期間は、上位ドメイン登録機関JPRSにて『1年契約』のみと定められているため、複数年契約はできません。

.jpは値段も高いですし、登録者情報も見えますし、複数年契約もできないですし、正直いいところなしです(良いといえば.comとかより一文字短いぐらい)。

なので、特別な意味がない限りは、「.jp」や「.co.jp」は利用せず、複数年契約できるドメインを取得する方がおすすめです。

レンタルサーバーの相続に関してはこちら。

人間誰しもいつかは死にます。 僕自身は、基本的に不健康な生活をしているため、死亡時期は前倒しになる可能性もなきにしもあらず。 ...