ConoHa WINGに無料体験登録する方法やさしく解説。15日間試用が可能。

サーバーを速さで選ぼうと思ったらConoHa WINGは、最良の選択肢の一つです。

ConoHa WINGの場合は、15日間無料でその性能を実際に試すことができます。

これだけの期間試用することができれば、サーバーの能力を存分に計り知ることができるでしょう。

というわけで今回は「ConoHa WINGへの登録方法」について詳しく書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ConoHa WINGへの登録手順

ConoHa WINGに登録するのに必要な主な手順はこちら。

ConoHa WINGの登録ステップ

  1. ユーザー情報の入力
  2. 支払い方法の登録
  3. ConoHa WING申し込み

個人情報の入力と、支払い方法の入力は、多少面倒かもしれません。

とは言っても、単に自分の情報を入力するだけです。入力さえ終えてしまえば大して難しこともないかと思います。

以下では、ステップごとに詳しく説明したいと思います。

ユーザー情報の入力

まずは、ConoHa WINGに移動し「申し込み」ボタンをクリックします。

ConoHa WINGの申し込みボタンを押す

まずは、ユーザー情報の入力です。

住所氏名、メールアドレス、パスワードを入力します。

ConoHa WINGでログイン情報の入力

ユーザー情報を入力したら、「次へ」ボタンを押してください。

ログイン情報の入力を終えたら「次へ」ボタンを押す

個人情報とログイン情報を入力するだけです。

支払い方法の登録

ユーザー情報を入力したら、認証と支払い方法の入力です。

SMS・電話認証

電話番号を入力し、「SMS認証(ショートメッセージサービス)」もしくは「電話認証」ボタンを押すことで、認証が開始されます。

電話・SMS認証

「SMS認証」の場合は、ショートメッセージに暗証番号が送られてくるので、送られてきた番号を入力するだけです。

「電話認証」は、ボタンを押すと入力した電話番号に電話がかかってきます。

と同時に画面に以下のようなダイアログが表示されます。

IP電話による認証

画面上に出ている「認証コード」をプッシュボタンで入力して、シャープを押すと認証が終了します。

認証がうまくいった場合は、以下のような画面になります。

ConoHa WINGで電話認証がうまくいった場合

とりあえず、回線が繋がる電話さえあれば、ショートメッセージ機能がなくても認証可能です。

支払い方法の入力

最も手っ取り早くて簡単なのは、クレジットカード払いです。

よくわからない場合は「支払い方法」に「クレジットカード」カード情報を入力しましょう。

ConoHa WINGのクレジットカード情報入力

入力を終えたら「次へ」ボタンを押してください。

試しに、デビットカードで登録しようとしてみましたが、デビットカードは登録できないようです。
ConoHa WINGはデビットカードは利用不可

クレジット払いのほかに、プリペイド形式でチャージ払いが選択できるのもConoHa WINGの魅力の一つです。

ConoHa WING申し込み

クレジットカード情報を入力したら、プラン選択画面になります。

ConoHa WINGのプラン選択画面

プランはベーシックスタンダードプレミアムの3種類が用意されています。

プラン選択

まずはプランを選択します。

ConoHa WINGのプラン選択

「これから初めてサイトを始める」という方であれば、最安プランの「ベーシック」でも十分すぎるスペックがあるかと思います。

後に、作成したサイトが超人気サイトになったとしても、ConoHa WINGだとフレキシブルにプラン変更ができ、対応できるのが魅力です。

まずは最安プランで十分。人気サイトになったらサーバー増強も容易にできます。

初期ドメインの入力

次に、半角英数字で初期ドメインを入力します。

ConoHa WINGの初期ドメインを入力する

好みの文字列を入力してください。この初期ドメインがサーバー毎の「ユーザーID」みたいなものになります。

この初期ドメインでサイト運営をすることも可能です。

サーバー名の入力

サーバー名は、任意入力です。特にこだわりがなければそのままでOKです。

ConoHa WINGでサーバー名を入力

もちろん好みのものに変更してもOKです。

wing-balthasar

それぞれの入力を終えたら「追加」ボタンを押してください。

プランの入力を終えたら「追加」ボタンを押す

お試し期間中であれば途中で解約しても料金が請求されることはありません。

サーバー登録の完了

サーバー作成が完了すると、以下のようなダイアログが表示されます。

サーバー作成が完了しました。

サーバー作成が完了しました。

次はドメインを追加しましょう!
サーバー作成完了後、サーバー管理のドメインメニューから追加できます。

上記メッセージを確認したら「はい」ボタンを押してください。

登録後のConoHa WINGのコントロールパネルはこんな感じ。

ConoHaコントロールパネル

登録は特に難しいことはなく、簡単に終わります。

次はドメイン登録作業になります。

では、登録時に割り当てられる「初期ドメイン」でもサイト運営は可能です。 けれど、本気でサイト運営をするのであれば「独自ドメイン...

独自ドメインを取得する方法の詳しい解説です。

まとめ

このような感じで、ConoHa WINGサーバーに登録できます。

やることといえば、「個人情報の入力」と「認証」、「プラン選択」ぐらいなので、思っていたよりもあっさりと終わります。

実際、他のサーバーと比較しても、登録作業はかなり簡単な方だと思います。

あとは、無料体験期間中にWordPress環境を整えて、存分にテストするだけです。

サーバーが気に入ったら、そのまま利用を継続すればOKな仕様となっています。

無料体験登録はこちら。

サイト ConoHa WING

無料体験期間中に解約すれば、料金もかかりません。