Amazonギフト券(チャージタイプ)の利用方法。最大2%還元、自動チャージも可能。

先日、お世話になった友人にAmazonギフト券でお礼をしました。

先日、友人に僕の苦手なサーバーの設定を手伝ってもらいました。 手伝ってもらったサーバーの設定は、友人の得意分野だったので「お金...

この、メールタイプのAmazonギフト券は、気軽に相手に感謝の気持ちを伝えるのに非常に便利です(※相手がAmazon利用者の場合)。

ただ、先日購入したときに、自分用にAmazonギフト券をチャージできる「チャージタイプ Amazonギフト券」なるものがあるのを今更ながらに知りました。

Amazonギフト券 チャージタイプ(直接アカウントに残高追加)

これは、Amazonギフト券を自分用で利用したいときに、手軽に自分のアカウントにチャージするためのギフト券です。

気になったので、ちょっと自分のAmazonアカウントにギフト券をチャージして利用してみました。以下では、その利用方法についての紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

通常のAmazonギフト券とチャージタイプの違い

通常Amazonギフト券とチャージタイプの違い

「通常のAmazonギフト券」だったら、他の人に贈答用として送ることを想定して販売されています。

ただ、「Amazonギフト券(チャージタイプ)」の場合は、「自分のAmazonアカウントにギフト券ポイントをチャージして自分で使う」といった利用方法になるのが大きな違いです。

チャージタイプは自分用なので、購入が終了した時点で、即自分のアカウントに登録されます。

ただし、コンビニ払いの場合、支払いからチャージ完了まで最大70分かかります。

ですので、チャージタイプギフト券は、面倒なギフト券番号をアカウントに登録する手間が不要になるといった利点があります。

また、定期的にギフト券ポイントを補充できる「オートチャージ設定」もあるので、チャージ状況を細かく設定しておくこともできます。

Amazonギフト券チャージタイプ - オートチャージ設定

オートチャージ機能を利用した場合は、ポイント還元されませんのでご注意ください。

Amazonギフト券(チャージタイプ)の利点

チャージタイプギフト券を利用することにより、以下のような利点があります。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いのギフト券チャージで最大2%のポイント付与
  • チャージしたら即アカウントに反映される(ギフト券番号を登録する必要がない)
  • 自動チャージ機能があるのでチャージ状態を細かくコントロール可能
  • 細々(こまごま)とクレジットカード利用をする人は明細がスッキリする
  • クレジットカードの場合は請求が来るまで利用状況を把握しづらいが、ギフト券の場合はリアルタイムで利用状況が確認できる
  • クレジットカードで購入した場合はギフト券購入時点でまとめてAmazonポイントがつく(ただし、ギフト券を用いて商品を購入した時は、ポイントがつかないので最終的には同じことになる)

チャージタイプギフト券の利点は、このくらいかなと思います。

個人的には、クレジットカード払いをするのであれば、わざわざAmazonギフト券をチャージする利点は、ほぼないと言っていいと思います。

けれど、コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いでギフト券チャージをするのであれば、最大2%のキャッシュバックがあるので、これは大きな利点だと思います。

ポイント付与率

通常のギフト券チャージのポイント付与率は以下です(コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払い)の場合。

Amazonギフト券チャージタイプのポイント付与率

参考 Amazon.co.jp: ギフト券チャージで最大2%ポイント付与: ギフト券

毎年、Amazonで10万円以上買い物をする場合は、10万円以上のAmazonギフト券を、コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネーで一括払いしてしまえば、2000円分のポイントを手にすることができます。

たまによりお得なキャンペーンをやっている

例えば、先日はAmazonプライム会員であれば最大2.5%のポイント付与キャンペーンなども行っていました。

Amazonプライム会員限定キャンペーンポイント付与率

これだと、10万円分のギフト券を購入すれば、プライム会員ならば、2500円分のポイントキャッシュバックがあります。

なので、Amazonギフト券(チャージタイプ)の一番の利点といえば、こういったキャンペーン時のポイント獲得にあると思います。

たまに超絶お得なキャンペーンもやっている

例えば、今は終わってしまいましたが、2016年9月には「3万円分のギフト券を銀行でチャージしたら5300円分のポイント付与」というキャンペーンもやっていました。

チャージタイプ3万円を買うと5300ポイント付与

これだと、約17.7%のポイント還元率になります。

Amazonギフト券(チャージタイプ)は、キャンペーン時による、こういったポイント付与があるのも魅力の一つです。

チャージタイプのキャンペーンは、本当に極稀にしかしないので、「あったらラッキー」ぐらいの感覚がちょうど良いかと思います。待っていても、そう来るものではありません。

Amazonギフト券(チャージタイプ)の難点

チャージタイプに限らずAmazonギフト券の最大の難点は、使用期限が1年ということでしょう。

もし、ポイントが還元されてお得だからといって、ガバガバとギフト券をチャージして、1年以内に使えなかったとします。すると、余ったギフト券ポイントは全て失効してしまいます。

ここらへんが、Amazonギフト券(チャージタイプ)の使いどころの難しいところではあります。チャージタイプを購入する場合は、「必ず1年以内に使用できる金額に収めて購入する」といったことに気をつける必要があります。

また、Amazonギフト券は、Amazonが取り扱っている1億以上の商品で利用することができますが、中には利用できない商品もあります。

Amazonギフト券をポイント付でチャージする方法

Amazonギフト券をポイント付与ありでチャージするには、Amazonポイント付与キャンペーンに移動してください。

Amazon.co.jp- ギフト券チャージで最大2%ポイント付与- ギフト券

そして、「チャージタイプを購入する」ボタンをクリックしてください。

チャージタイプを購入するボタンをクリック

Amazonで購入手続きをする

すると、以下のような金額を決める画面が表示されます。

Amazonギフト券(チャージタイプ)を購入する

僕は、以下の「ポイント付与率」と、「確実に利用できる金額」ということで、2万円分のギフト券をチャージすることにしました。すると、1%のポイント付与率となり200円分のポイントがもらえます。

Amazonギフト券チャージタイプのポイント付与率

とりあえず、「今後テレビやエアコン等のような高価な家電を購入する予定が直近にある」なんて場合は、その金額相当のチャージギフト券を購入すれば、実質2%還元にできると思います(例えば20万円分購入したとしたら4000円ポイントバック)。

今回は20000円分のギフト券を購入するということで、「20,000円」を選択して「次へ」ボタンを押します。

Amazonギフト券(チャージタイプ)を購入する

すると、以下のように見慣れた注文確認画面が表示されます。

Amazonの注文内容確認画面

ここで重要になってくるのが、「支払い方法」の変更です。「支払い方法」にある「変更」ボタンを押してください。

Amazonの注文内容確認画面

チャージギフト券で、ポイントが還元されるのは、「コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払い」のみです。

ですので、「支払い方法の選択」画面では「コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払い」を選択して「次に進む」ボタンを押してください。

Amazonギフト券チャージタイプの支払い方法の選択画面

すると再び「注文内容の確認画面」が表示されるので、「支払い方法」が「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」になっているの確認して「注文を確定する」ボタンを押してください。

支払い方法を変更した注文確認画面

注文を確定したら、通常は5分以内に確認メールが送信されます。

ありがとうございます。 注文が確定されました。

支払い番号の通知メールをチェック

注文の確定画面では、「メールが届くまで5分」と書かれていましたが、注文確定のメールの13秒後には「お支払い番号のお知らせ」が届いたので、そんなに待つ必要はないようです。

注文の確定から13秒後にお支払い番号のお知らせメール

「お支払い番号のお知らせ」のメール内容は、以下のようになっています。

件名:Amazon.co.jp お支払い番号のお知らせ

Amazon.co.jp をご利用いただきありがとうございます。

下記のURLより、ご希望のお支払い方法をご覧のうえ、このEメールの受信日を含めて6日以内にお支払いください。お支払いを確認後、商品の出荷準備を進めます。(中略)

お支払い方法別の手順:
[支払い手順の案内URL]

支払い方法の選択

[支払い手順の案内URL]を開くと以下のような「支払い内容」案内が表示されます。

お支払い方法選択案内ページ

「お支払い方法を選択してください」と書かれているので、ページをスクロールしていくと、以下のような支払い案内が表示されます。

Amazonギフト券(チャージタイプ)の支払い方法選択

  • ネットバンキングで振込
  • コンビニの店頭レジで支払う
  • コンビニの店頭設置端末で支払う
  • 銀行のATMで支払う
  • 電子マネーで支払う

ネットバンキングで支払う場合

僕の場合は、住信SBIネット銀行を持っているので、部屋から支払いができるネットバンキングを利用しました。

現在、以下の金融機関が利用できるようです。

ネットバンキング

例えば「住信SBIネット銀行」を選択した場合は、以下のような分かりやすい支払い案内画面が表示されるので「お支払」ボタンを押します。

住信SBIネット銀行

あとは、ネットバンキングからログインして、支払いを行うだけです。

SBIネット銀行のログイン画面

ログインを行うと、「即時決済サービス」により、あらかじめ取引内容は入力されているので、確認をして決済をするだけでOKです。住信SBIネット銀行即時決済サービス

住信SBIネット銀行の場合は、「スマート認証」登録してある必要があります。

コンビニで支払う場合

銀行手続きが面倒くさいという場合は、近くにコンビニがある場合は、コンビニで支払うのが手っ取り早いかと思います。

レジで支払う

レジで支払いたい場合は、以下のコンビニであれば支払うことができます。

  • デイリーストア
  • スリーエフ
  • セブンイレブン

以下の項目に、詳しい方法が書かれています。

チャージタイプギフト券をコンビニレジで支払う

店頭端末で支払う

コンビニの店頭端末で済ませたい場合であれば、以下のコンビニであれば支払うことができます。

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • サークルK
  • サンクス
  • ミニストップ
  • セイコーマート

チャージタイプギフト券をコンビニ店頭端末で支払う

案内は、それぞれの項目に詳しく書いてあるので購入時に参照することをおすすめします。

僕が以前セブンイレブンで支払いをした時には、まずプリンタで以下のような「インターネットショッピング払込票」を印刷します。

セブンイレブンの支払い用紙を印刷

あとはこの払込票を、セブンイレブンのレジにもっていって支払いを済ませれば、OKです。

そのときにもらったレシート。

Amazonギフト券代を支払った後のセブンイレブンのレシート

Amazonの案内には、ギフト券が反映されるにはコンビニ払いの場合、最大70分かかるとありましたが、僕の場合は、40分~50分ほどでAmazonアカウントに反映されていました。

ポイントの付与時期

チャージタイプを利用して、ポイントの還元を受けた場合、そのポイントがアカウントに反映されるには、翌月の中旬頃になります。

ギフト券チャージの案内にも以下のように書かれています。

Amazonギフト券チャージタイプのポイント付与時期

付与時期:毎月中旬
※毎月1日から末日までの対象注文分のポイントをまとめて翌月中旬に付与

ポイントは、すぐさまもらえるわけではないので注意が必要です。

ポイントの支払い

僕の場合は、チャージタイプギフト券を購入した翌月中旬頃に以下のようなメールが届いてポイントの付与を知らせてくれました。

【ポイント付与のお知らせ】Amazonギフト券チャージで最大2%ポイント

件名:【ポイント付与のお知らせ】Amazonギフト券チャージで最大2%ポイント

平素よりAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。
下記Amazonギフト券キャンペーンにおいて、対象となる注文へのポイント付与のお知らせです。

メールを受けて、Amazon管理画面の「マイポイント(Amazonポイントの獲得・利用履歴)を確認」を見てみました。

Amazon管理画面のマイポイントを確認をクリック

すると、以下のようにちゃんとポイントが付与されていました。

Amazonギフト券 コンビニでチャージすると

まとめ

こんな感じで、Amazonギフト券(チャージタイプ)を利用することで、チャージポイントを獲得しつつ、Amazonギフト券を購入することができます。

このように、自分で使うギフト券を購入しておきながら、ポイントがつくのは非常にありがたいです。加えて、ギフト券をあらかじめ一括チャージしておくことで、クレジットカード明細のこまごまとした項目は、かなり減らすこともできます。

ただ冒頭でも述べたように、Amazonギフト券は期限が1年となっています。購入するからには、必ず利用できる分を買うように注意した方が良いかと思います。

例えば「大きな買い物をする前は、購入金額分だけチャージギフト券を購入して、ポイントを取得するとともに直ぐに使ってしまうといった使い方をすると良いかもしれません。

チャージギフト券で還元されたポイント分だけ買い物がお得になります。

サイト Amazonギフト券(チャージタイプ)でチャージ

参考 Amazon.co.jp: ギフト券チャージで最大2%ポイント付与: ギフト券