Amazonギフト券を徹底解説!タイプ別のメリット・デメリット比較。

Amazonギフト券は、非常に便利です。

僕は、知人への謝礼やプレゼントなどに有効利用させてもらっています。うまく使えば、これほど喜んで貰える贈り物もそうないような気がします(Amazonユーザーには)。

けれど、「Amazonギフト券の存在は知っているんだけど、どんな時に使えば良いか分からないんだよね」という方も結構おられます。

そこで、Amazonギフト券の種類や使いどき、メリットやデメリットも含めて、詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Amazonギフト券とは?

1億種以上の商品に使えるAmazonギフト券

とその前に、「Amazonギフト券て何?」と言う方のために簡単に説明しておきます。

Amazonギフト券とは、大手ネット通販サイトのAmazonで使用できる商品券のようなものです。現在、日本Amazonで1億種以上の商品購入に利用できるようになっています。

ですので、「貰う人は好きな商品を選べる」、「贈る側もプレゼントをあれこれ考える必要がない」というのが最大の利点だと思います。

そんなAmazonギフト券には現在、以下の6種類のタイプが存在します。

  1. Eメールタイプ(メールで手軽に贈れる)
  2. チャージタイプ(自分のアカウントにチャージするタイプ)
  3. 印刷タイプ(自由なデザインのギフトカードを贈れる)
  4. ボックスタイプ(おしゃれな箱にギフトカードを入れて贈れる)
  5. グリーティングカードタイプ(ギフトカードに挨拶カードを添えて贈れる)
  6. 封筒タイプ(よりゴージャスな封筒に入れてギフトカードを贈れる)

Amazonギフト券の主なタイプ

これらの6種類はどれも「中身は単なるAmazonギフト券」ではあるのですが、「使いどき」が分かれば、更に便利に使えます。

うまく利用すれば、自分にポイントがついたり、より贈り相手に喜ばれるかもしれません。

というわけで以下では、「Amazonギフト券タイプの使いどき」について詳しく書きたいと思います。

WEB上の知人にお世話になったならEメールタイプ

Amazonギフト券(ありがとう)

Amazonギフト券Eメールタイプ

購入時のメッセージ入力 可能
自分で用意した写真の使用 可能
金額 15円~50万円(1円位)
届けるまでの時間 注文完了から約5分
配送料 無料
有効期限 発行(メール送信日)から10年
内容 設定した金額のギフト券がメールで届く
支払方法 クレジットカード
ギフト設定 不可

最も手っ取り早いのが、メールタイプです。自由な金額を設定できて、すぐさま贈ることができます。

リアルで会った事の無いWEB上のみの知人に、お世話になった時に僕は利用することが多々あります。WEB上のみの知り合いの場合は、Eメールタイプあたりが最も良い距離感だと思います。

利点

  • すぐに贈れる
  • 自由に金額を設定できる(語呂合わせでも贈れる)
  • 自前で用意した写真(画像)を使える
  • メッセージを入れられる
  • デザイン豊富

難点

  • 電子データなので手元には残らない
  • 電子データなので重みがない(ガチでお世話になった人とかには不向き、反面軽い付き合いの人にはちょうど良い距離感)
  • 手の込んだ感はない

関連

先日、友人に僕の苦手なサーバーの設定を手伝ってもらいました。 手伝ってもらったサーバーの設定は、友人の得意分野だったので「お金...

自分用にポイント還元を狙うならチャージタイプ

Amazonギフト券チャージタイプ

購入時のメッセージ入力 不可(自分用なので不要)
自分で用意した写真の使用 不可(自分用なので不要)
金額 15円~50万円(1円単位)
届けるまでの時間 注文完了から最大の70分
配送料 無料
有効期限 発行から10年
内容 金額を設定「支払方法」で書かれた方法で支払う
支払方法 コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払い
ギフト設定 不可(自分用なので不要)

チャージタイプは、ポイント還元狙いで自分のために購入するギフト券です。

最大2%のポイント還元を受けることができます。10万円だと2000円です。

Amazonギフト券チャージタイプのポイント付与率

Amazonで、年間9万円以上の買い物をする場合は、まとめ買いしておくことで、2%のポイント還元を受けられます。

ただ、クレジットカードは使えず、支払方法が少し面倒なのが難点。おそらくこれは、クレジットカード利用だと、カード会社に利用料を払う必要があるため、直接購入してくれたユーザーには、ポイント優遇がされるのだと思います。

利点

  • 5,000円以上で利用すればポイント還元が受けられる
  • 大きな買い物の前準備に購入すればポイント分だけお得
  • リアルタイムに利用金額の確認が可能(クレジットカードだと明細が届くまでラグがある)
  • ギフト券番号の登録作業は不要(自動登録)

難点

  • 自分用にしか使えない(他人に贈ってポイント還元できない)
  • 買いすぎ注意(10年以内に利用できる範囲で)
  • 支払いが多少面倒くさい
  • ポイントは翌月になって入ってくる

関連

先日、お世話になった友人にAmazonギフト券でお礼をしました。 この、メールタイプのAmazonギフト券は、気軽に相...

自分で手を加えた上ですぐに送りたいなら印刷タイプ

印刷して出力したAmazonギフト券(印刷タイプ)

Amazonギフト券印刷タイプ

購入時のメッセージ入力 可能
自分で用意した写真の使用 不可
金額 15円~50万円(1円位)
届けるまでの時間 注文完了から約5分
配送料 無料
有効期限 発行(メール送信日)から10年
内容 設定した金額の印刷用のPDFファイルがメールで届く
支払方法 クレジットカード
ギフト設定 不可

印刷タイプは、ひと手間加えて、しかもすぐに贈りたいときに購入するのが向いているギフト券です。

Amazonギフト券で、即座に贈ることができるのは「メールタイプ」と「印刷タイプ」のみです。

従って、「メールでは味気ない。何か手書きのメッセージを添え封筒に入れて明日にでも手渡ししたい」なんて需要の時は、印刷タイプ一択になると思います。

注文を行うと、すぐさまPDFファイルが送られてきます。その後、PDFを印刷して、心のこもったメッセージを自分で書いて相手に渡すことで、「メールで送るだけ」より好印象になる可能性は高いです。

かなり気心の知れた友人等であれば、そういったセレモニー的なものは必要なく、メールタイプで「ありがとう」だけでも十分だとは思います。

利点

  • すぐに贈れる
  • すぐに利用できるギフト券の中では唯一手渡しが可能
  • 手書きのメッセージを書いて綺麗な封筒に入れて贈ればメールよりは好印象
  • もちろんAmazonサイトでもメッセージを入れられる
  • デザインも豊富

難点

  • 単なる印刷した紙なので印刷タイプギフト券のみだとかなり味気ない
  • 「手書きメッセージ」や「封筒」等に凝らないと結構安っぽい
  • メールタイプとは違い「ギフト券番号」は手入力する必要がある

関連

僕は、何かにつけてAmazonギフト券を結構利用します。 これまで、メールタイプ、チャージタイプ、ボックスタイプ、グリーティン...

見た目の豪華さはボックスタイプがダントツ

Amazonギフト券ボックスタイプ

購入時のメッセージ入力 不可(ギフト設定でラッピングを利用すれば可能)
自分で用意した写真の使用 不可
金額 5,000円~5万円まで4種類
届けるまでの時間 通常のAmazon配送にかかる時間
配送料 無料
有効期限 発行(メール送信日)から10年
内容 設定した金額のギフトカードが好みのボックスに入って届く
支払方法 クレジットカード
ギフト設定 可能(綺麗にラッピングできるけど有料)

Amazonギフト券には、いろいろなタイプのギフト券が存在します。けれどその中でも、最も貰った時にプレミア感があって嬉しいのはボックスタイプだと思います。 プレゼント用途なら間違いなくこれが一番喜ばれると思います。

とにかくボックス自体非常に凝った作りになっているので、最もプレゼント感のあるギフト券と言っていいと思います。実際僕も、全てのボックスを購入したことがあるのですが、手に取ると思っていた以上にワクワク感がありました。プレゼントって、こういうワクワク感が大事だと思います。

ボックスタイプは、直接Amazonから相手に贈ることもできますが、それだと「Amazon段ボール」の状態で先方に届きます。ですので、手渡しができる相手であれば、自宅に配送して貰って中身のボックスを、相手に面と向かって手渡しした方が、プレゼントとしての効果は高いかと思います。

利点

  • Amazonギフト券の中では最も凝ったデザイン
  • おそらく様々なギフト券タイプの中で最も貰って嬉しい
  • 5,000円以上からの購入でボックス代とか配送料も無料
  • ラッピングしてプレゼント可能(有料になるけど)
  • 6種類の中から相手の好みにあわせて贈れる

難点

  • ボックスタイプギフト券は最低限5,000円以上でないと利用できない
  • メール・印刷タイプと違い直ぐには利用できない(配送時間がかかる)
  • メッセージを入れるにはギフト設定でラッピング(有料)する必要がある
    ※自前でメッセージカードを付けることで対処可能

関連

先日、友人にいろいろお手伝いをしてもらうことがありました。 そのお礼の品としてAmazonギフト券のメールタイプを送ったら、凄...

贈る相手に合わせて、6種類の中から選べます。

先日、Amazonギフト券を友人に贈ることがありました。 それをきっかけに、「ギフト券のチャージタイプを利用すればポイント還元がある」と...
先日、Amazonギフト券をお世話になった方に贈ったことがありました。 ただ、その時はメールタイプのギフト券を送りました。 ...
Amazonギフト券のボックスタイプは、贈り物に向いていると思います。 先日は、こんな感じのカップケーキタイプを購入し...
プレゼントでAmazonギフト券を贈るならボックスタイプは外せません。 というのも、メールタイプなどとは違い、気の利いた箱に入...
僕は、Amazonギフト券を人に贈るならばボックスタイプが一番喜ばれると思っています。 というのも、プレゼントボックスとして直...

5,000円未満で良いものを贈りたいなら封筒タイプ

Amazonギフト券(封筒タイプ)

Amazonギフト券封筒タイプ

購入時のメッセージ入力 不可(ギフト設定でラッピングを利用すれば可能)
自分で用意した写真の使用 不可
金額 3,000円~5万円まで5種類
届けるまでの時間 通常のAmazon配送にかかる時間
配送料 無料
有効期限 発行(メール送信日)から10年
内容 設定した金額が綺麗な封筒に入って届く
支払方法 クレジットカード
ギフト設定 可能(綺麗にラッピングできるけど有料)

封筒タイプのギフト券は、「5,000円未満でお世話になった方に、なるべく体裁の良いものを手渡したい」なんて時に便利かと思います。

Amazonギフト券の中では、ボックスタイプが最もデザインが凝っています。けれども、ボックスタイプは5,000円からの利用になります。封筒タイプは、「3,000円で購入できるギフト券の中では最もデザイン性に優れてもらって嬉しいタイプ」だと思います。

例えば、「あの人にはお世話になったけど、5,000円以上贈るほどではないかな」なんて時に良い塩梅です。「お世話になったんなら5000円以上贈ればいいじゃん」と思われるかもしれませんが、「3,000円分くらいお世話になる」なんてことは生活していたら、ままあることです。

そして、1人だけに贈るのなら良いですが、複数に贈るのであれば、2,000円の差はかなり大きいです。

利点

  • 3,000円で購入できるギフト券の中では最も手の込んだデザイン
  • 封筒タイプなので相手も受け取りやすい
  • 3,000円以上からの購入で封筒代とか配送料も無料
  • ラッピングしてプレゼント可能(有料になるけど)

難点

  • デザインは1種類しかない
  • 封筒タイプギフト券は最低限3,000円以上でないと利用できない
  • メール・印刷タイプと違い直ぐには利用できない(配送時間がかかる)
  • メッセージを入れるにはギフト設定でラッピング(有料)する必要がある
    ※自前でメッセージカードを付けることで対処可能

関連

最近は、何かしらでAmazonギフト券を贈ることが多くなってきました。 というのも、ものすごく手軽ですし、Amazonユーザー...

1,000円分くらいを多くの人に渡すならグリーティングカードタイプ

Amazonギフト券グリーティングカードタイプ

購入時のメッセージ入力 不可(ギフト設定でラッピングを利用すれば可能)
自分で用意した写真の使用 不可
金額 1,000円~5万円まで8種類
届けるまでの時間 通常のAmazon配送にかかる時間
配送料 無料
有効期限 発行(メール送信日)から10年
内容 設定した金額がグリーティングカードに入って届く
支払方法 クレジットカード
ギフト設定 可能(綺麗にラッピングできるけど有料)

グリーティングカードタイプは、1,000円からの購入できて最もコストの安い手渡し可能なギフト券です。

印刷タイプを使えば、確かに15円から「手渡し可能なギフト券」を利用することはできます。けれど印刷タイプの場合、自分で封筒を用意する必要があります。

けれどこのグリーティングカードタイプのギフト券は、封筒もあらかじめついてくるので、「届いたら付属の封筒に入れて渡すだけ」という手軽さはあります。

ですので、「なるべくコストと手間をかけないで多くの人にギフト券を配りたい」なんて場合に適していると思います。

利点

  • デザインが豊富
  • 実体のあるギフト券では最も安く1,000円から利用可能
  • 付属の封筒に入れて贈るので相手も受け取りやすい
  • 1,000円以上からの購入で配送料も無料
  • ラッピングしてプレゼント可能(有料になるけど)

難点

  • 実体のあるギフト券の中では最もデザインが簡素
  • 最低限1,000円以上でないと利用できない
  • メール・印刷タイプと違い直ぐには利用できない(配送時間がかかる)
  • メッセージを入れるにはギフト設定でラッピング(有料)する必要がある
    ※自前でメッセージカードを付けることで対処可能

関連

僕は、何かお世話になった方にAmazonギフト券を贈ることが多いです。 中でも、メールタイプのギフト券は、メールアドレスさえ分...

ギフト券タイプの比較表

Amazonギフト券タイプの特徴を全て表にまとめると以下のようになります。

メール チャージ 印刷 ボックス 封筒 Gカード
メッセージ × × × ×
写真の使用 × × × × ×
金額(円) 15~50万 15~50万 15~50万 5千~5万 3千~5万 1千~5万
届く時間 約5分 約90分~ 約5分 配送時間 配送時間 配送時間
配送料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
有効期限 10年 10年 10年 10年 10年 10年
特徴 メールで
届く
ポイント
還元
印刷して
渡す
プレゼント
向き
3000円台
では良い
1000円から
利用可能
カード払い ×
ギフト設定 × × ×

メール・チャージ・印刷タイプは、すぐにギフト券が利用できます。

反面、ボックス・封筒・グリーティングカードタイプは、配送されて届くまでは、利用できません。

こうやってまとめてみると、それぞれ特徴があって面白いです。

まとめ

このように、Amazonギフト券はタイプによって、「ベストな使いどき」はあると思います。

実際、これらのギフト券タイプ6種類は、Amazonが「様々なユーザーのギフト券の使い方」を想定して、採用されていると思います。ですので、得手・不得手があるのは当然かもしれません。

ですので今回は、「相手にAmazonギフト券をプレゼントするなら、なるべく喜んでもらえるように」ということで「各ギフト券の特徴」と「使いどき」に関して書きました。

ただ一応、「それぞれの特徴から適した使いどき」はあるものの、結局は人が人にプレゼントするものです。相手が喜んでくれるのであれば、どのギフト券タイプでも問題ないでしょう。

サイト Amazonギフト券で詳細を見る