VISAギフトカードの端数残高を余すことなく使い切る方法

VISAギフトカード

先日、ブロードリーフの株主優待で2万円分のVISAギフトカードをいただきました。

VISAギフトカードというのは、「クレジットカード感覚で使えるVISAギフト券」のようなものです。

見た目はこんなやつ。

VISAギフトカード(株主優待)

裏面はこんな感じで、金額が書かれています。

VISAギフトカードの裏面

これは、VISAギフト加盟店ならば、ほんとクレジットカード感覚で手軽に支払いができます。

スーパーとかだと、レジ横の機械にスッと通すだけで支払いができる。

ただこの「VISAギフトカード」にも難点が。

それは、「残高が余ってしまうと現金とあわせて使えない店が多い」ということ。

使えなくて余った金額がもったいない…。

なんてことになってしまいました。

「VISAギフトカード」のよくある質問と回答にも以下のように書かれています。

VISAギフトカードのよくある質問

Q.少しだけ残ってしまった残高はどのように使えばいいですか?

A.お店により、現金と併用払いができる場合があります。併用払いが可能かを予めお店にご確認のうえ、残高分は本カード、残りの金額は現金で支払う旨をお伝えください。

「店により併用可能」と一応は書かれてはいます。

ただし併用できる店は、僕の体感ではほとんどないです。少なくとも、近所のスーパーマーケット何件かではできなかった。

また、いちいちお店に「併用払いができるかどうか」を確認するのも面倒くさい。

ということで今回は、「VISAギフトカードの残高をキッチリと使う最も手っ取り早い方法」の紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

VISAギフトカードを使い切るのに手っ取り早い方法

こういったことを想定してか、VISAギフトカードのFAQにも以下のようにヒントがありました。

Visaギフトカード(カードタイプ)の残高を使い切るにはどうすればいいですか?

Visaギフトカード(カードタイプ)の残高を使い切るにはどうすればいいですか?

Visaギフトカードでお支払いをする前に、現金との併用希望であることと、Visaギフトカードと現金のそれぞれのお支払い金額をお店にお伝えすることで併用可能となる場合がございます。併用できるかはお店によりますのでお支払い前にご確認のうえご利用ください。

またその他の方法として、オンラインショップのポイントとVisaギフトカードの残高を併用払いで利用する方法や、Visaギフトカードの残高でオンラインショップのギフト券を少額で購入する方法などがございます。利用するネットショップの案内を確認のうえご利用ください。

オンラインショップのギフト券といえば、真っ先に思いつくのがAmazonギフト券です。

Amazonギフト券は、少額からも購入できますし、Amazonでなんでも購入できて使い勝手も良いのは間違いありません。

ですので、「VISAギフトカード」で残高がある場合は、Amazonギフト券に交換するのが最もオススメです。

これだ!

ということで早速交換しました。

今回紹介するAmazonチャージの場合、最小で交換可能な金額は100円からです。なので残高が100円未満の場合は利用できません。
残高が100円未満の場合は、15円から利用できるAmazonギフト券(メールタイプ)で交換してみてください。

VISAギフトカード残高でAmazonギフト券を購入する方法

Amazonギフト券交換で、最も手軽に行えるのはAmazonギフト券(チャージタイプ)での利用かと思います。

Amazon.co.jp: Amazonギフト券 チャージタイプ(直接アカウントに残高追加) : ギフト券

「Amazonギフト券チャージタイプ(通称Amazonチャージ)」は、単に必要な金額を入力して購入手続きをするだけです。

具体的な方法はというと、まず、Amazonチャージに移動して金額入力欄を見ます。パソコンからだとこの部分。

Amazonチャージの金額入力欄

スマホだとこの部分。

Amazonチャージの金額入力欄(スマホ)

ここに「VISAギフトカード」の残高を入力します。

VISAギフトカードの残高がわからない場合は?

VISAギフトカードの残高がわからない場合は、VISAギフトカード残高照会で必要入力項目を記入すれば残高を確認することができます。

三井住友VISAプリペイドカードの残高照会

Amazonチャージの金額入力欄に残高を入力します。

ピザギフト残高を入力

残高を入力したら「今すぐ購入」ボタンを押してください。

僕の場合こんな感じで、残高をメモして貼っておいたので、それを入力しました。

VISAギフトカードの残高表示

Amazonの支払い確認画面が表示されるので「支払い方法」の「変更」リンクを押します。

Amazonチャージ支払い確認画面

拡大画面はこんな感じ。

支払い方法の変更

「変更」リンクを押して遷移した先で、「クレジットまたはデビットカードを追加」ボタンを押してください。

クレジットまたはデビットカード

「カード情報入力画面」が出るので入力します。

VISAギフトカード情報の入力

入力画面はクレジットカードのものですが、VISAギフトカード表面に書かれている情報を以下のように、そのまま入力します。

VISAギフトカードノ情報入力

必要な情報は「カード番号」、「カード名義人」、「有効期限」のみです。

Amazonの場合、「裏面3桁のセキュリティーコード」や「パスワード」は必要ありません。

入力を終えたら「カード追加」ボタンを押してください。

次に「カード選択画面」が表示されるので、入力したカードを選択して「続行」ボタンを押してください。

Amazonクレジットカード選択画面

「住所選択画面」が表示された場合は、「請求先住所」を選択します。

Amazonの請求先住所選択画面

最後に、「注文の確認画面」が表示されるので、「支払い方法」が「VISAギフトカード番号」になっているのを確認して、注文を確定してください。

Amazon VISAカード使用の注文確認画面

以下のような「注文確定画面」が表示されたら、Amazonギフト券がアカウントにチャージされています。

ありがとうございます。 注文が確定されました。

Amazonギフト券残高の確認

「Amazonギフト券が問題なく登録されたか」の確認方法も記しておきます。

まずは「Amazonアカウントリンク」を押します。

Amazonのアカウントボタンリンクを押す

「アカウントサービス」画面から「Amazonギフト券」を選択します。

Amazonアカウントサービス画面

「ギフト券残高」が反映されていれば、間違いありません。

Amazonギフト券の残高確認

まとめ

このようにして、無駄なく「VISAギフトカード」の残高を使い切ることができます。

というか、最初から「VISAギフトカード」の全額を、Amazonギフト券に交換してしまうことが最も手っ取り早かったのかもしれません。

最初からVISAギフトカードをAmazonギフト券に交換

これだと「VISAギフトカード」でもらった金額は全額、Amazonで手軽に使い切ることができます。

最初からAmazonギフト券で全額交換しておけば良かった。

ということで「VISAギフトカード」の残高を持て余している方は、簡単なので是非試してみてください。

サイト Amazonギフト券(チャージタイプ)

サイト VISAギフトカード