ドルツ・ジェットウォッシャーの食べかす除去能力が最強過ぎる[レビュー][EW1250P-W]

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

CIMG5110

最近僕は、寝る前にアーモンドを食べています。

というのも、不眠に悩んでいた僕が、バナナとアーモンドで朝まで快眠できるようになった話で書いたように、アーモンドが快眠にとても効果があったからです。

ただ一つ残念なのが、アーモンドのようなナッツ類って食べるとものすごく歯の間に挟まるんですよね…。歯の隙間にモノが挟まっているとものすごく気持ち悪い。

しかもその食べかすを、そのまま放置すると口臭の原因になってしまうこともあります。

口臭予防に歯磨き→間違い 歯の間のカスをとる→正解
「普段から歯の間のカスを取るようにしましょう。なるべく歯間ブラシを使って、日々ケアをするように。歯磨きは、歯をキレイにする上でもちろん有効ですが、口臭を消すための方法としては、実はあまり効果がありません。歯の間のカスを取ることが大切です」
いくら歯を磨いてもニオイが取れないと悩んでいた人には朗報ですね。歯磨きの際に、カスを取る習慣をつけるのが良いでしょう。

歯磨きは実は効果がない!? 口臭を消すポイントは歯の間!

それで「歯の間のカスを放置しておくのはまずいな」ということで、歯の間の食べかすをジェットで取り除く「Panasonic ドルツ・ジェットウォッシャー」というのを買ってみました。

パナソニック
ジェット水流で食べカスをすっきり除去心地よい刺激で歯ぐきをやさしくケア

これの購入の決め手となったのが、レビューにある

最初にこれを使ったときに感じたのは”なんとも嫌な匂いの水が出るな”と言う事です。
あとになって分ったのですが、それは自分の口の、歯茎の匂いでした。

という意見。なんだかとても効果がありそうです。購入前にネットでいろいろ調べてみたのですが同様の意見が多数見られました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

届いたもの

で、実際に届いたものが以下です。

CIMG5112

中に入っているのはこんなの。電源をさして、タンクに水を入れて使用します。

CIMG5115

あと、家族間でも使えるようにと思うんだけど、替え用のノズルとスタンドが附属していました。

実際に使ってみて

実際に使ってみたところ、かなり食べカスが取れます。

一番最初に使ってみたのが、歯磨きの後でした。歯ブラシで綺麗に磨いた後にウォッシャーを使ったんですけど、それでも奥歯の隙間から食べカスが出てきました。そして、ちょっと嫌な感じの水の味にもなりました。やはり、歯磨きでは取りきれない隙間の汚れがあるのでしょう。(嫌な匂いの水が出るのは次回からはほとんど無くなります。)

水流は、1~5段階あって数字が上がるほど強くなります。

僕が使ってみて感じたのは、1でも結構強めで十分にとれます。5だとちょっと強すぎるぐらい。なので僕は、だいたいいつも2で使用しています。

タンクに水は、650ml入り、約2分間連続使用できます。しかし僕の経験上、1回200mlくらいで十分綺麗になります。なので毎回、200mlだけ水を入れ、使い切る感じで使用しています。使用前に「歯が汚れているな」と感じたら水量を増やせばいいと思います。

この「ドルツ・ジェットウォッシャー」を使って最もよかったところは、『とにかく使ったあとが気持ちいい』ということです。歯間にモノが挟まった気持ち悪さはなくなるし、叩くように断続噴射する水流が、良い歯茎へのマッサージにもなっているのでしょう。

これは久々に会心の買い物でした。

「食事をとると歯の隙間にモノが挟まって気持ち悪い」という人や「最近口臭が気になっている」なんて人は是非。

冬の寒い時期などの、冷たい水でやると知覚過敏ではないと思っていた僕でも結構歯にしみます。知覚過敏の人は、ぬるま湯を入れて使うった方がいいです。

『ドルツ・ジェットウォッシャーの食べかす除去能力が最強過ぎる[レビュー][EW1250P-W]』へのコメント

  1. […] 出典:「Panasonic ドルツ・ジェットウォッシャー」を買って歯の隙間の食べかすをジェット水流で洗浄してみた[EW1250P-W] […]

  2. […] 臭を消すための方法としては、実はあまり効果がありません。 [引用元] 「Panasonic ドルツ・ジェットウォッシャー」を買って歯の隙間の食べかすをジェット水流で洗浄してみた[EW1250P-W] […]