お気に入りの歯ブラシを電動歯ブラシにできる新型「ソニックオール」を購入レビュー

超音波歯ブラシソニックオール

僕は、手に障害があるので普通の歯ブラシは使えません。

なので、とりあえず口の中に突っ込んで動かせば、それなりに綺麗に歯が磨ける360度歯ブラシを利用しています。

僕は昔、事故により怪我をしてしまい、手に障害が残っています。 障害で指などを思うように動かせないため、通常の歯ブラシを使ってい...
   360度歯ブラシをたくさん買ってしまいました。 なぜ360度歯ブラシを使うのかというと、フワフワの毛先を、と...

ただ、僕自身手が不自由なものだから、歯ブラシを動かすのすらしんどいです。

なので

360度歯ブラシを電動化したい!

ということで、「ソニックオール」「トゥースウェーブ」といったような、通常の歯ブラシを電動歯ブラシに変換できる、「音波振動歯ブラシ変換キット」を利用しています。

電動歯ブラシを購入しました。 とは言っても、高級なものではなく1000円未満の安物です。 僕も、高級歯ブラシを颯爽と使い...

動かない指で利用する方法はこちら。

僕は、頚椎損傷C4-5です。 詳しくはプロフィールに書いてありまが、握力が0なので物を掴んで持つということができません。 ...

先日、Amazon眺めていたらこの「ソニックオール(トゥースウェーブも同型商品)」の新型版が発売されていたので、速攻で注文しました。

音波振動アシスト ソニックオール(sonic all) 市販の歯ブラシを音波振動化 SA-2
大作商事
市販の手磨き用歯ブラシを音波振動歯ブラシに。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

届いた新型ソニックオール

で、届いた最新型のソニックオールがこちら。

ソニックオールのパッケージ

超音波歯ブラシソニックオールのパッケージ

市販の一般的な歯ブラシを5秒で超音波歯ブラシに変換できる電動化キットです。

パッケージ裏面はこんな感じ。

超音波歯ブラシソニックオールのパッケージ裏面

裏面には、ソニックオールの特徴として以下のようなことが書かれています。

  • 専用ブラシ不要
  • 簡単にブラシ交換が可能(5秒で装着)
  • 子供用の歯ブラシ装着可
  • 丸洗い可能
  • オーラルケア用品対応(舌クリーナー、歯間ブラシ)

保証期間は1年間となっています。

ソニックオール本体

中身を取り出してみると、入っているのはこの本体のみ。

ソニックオール本体

本体正面がこんな感じ。

ソニックオール本体正面

上は、歯ブラシを固定するダイヤルになります。

下は、歯ブラシの電源をON/OFFするためのトグルスイッチになります。

本体を真上から見ると、以下のように歯ブラシを差し込む穴が設けられています。

ソニックオールの本体を真上からみた状態

この穴に対して市販の歯ブラシを差し込んで、「固定ダイヤル」を回せば、しっかりと固定することができます。

ソニックオールに歯ブラシを取り付ける方法

歯ブラシを差した状態

僕が利用している「360度歯ブラシ」を装着した状態がこちら。

ソニックオールに360度歯ブラシを装着した状態

横から。

ソニックオールに360度歯ブラシを装着した状態(横面)

電池の挿入

電池は、本体部分がパカッと外れるので、そこに単四電池を挿入します。

ソニックオールに電池を挿入

ちなみに、1日2分間を2回使用したとして、単4電池1本で75日間利用出来るようです(約5時間)。

ソニックオールの電池寿命

ソニックオール自体に電池は付属していません。ですので単四電池は別に購入する必要があります。

ソニックオールの説明書

新型ソニックオールの説明書も付属していたので掲載しておきます。細かな仕様は以下で確認してください。

ソニックオール説明書1

ソニックオール説明書2

ソニックオールのパッケージ

商品のパッケージは商品を知る上で一番分かりやすく情報が掲載されているのでパッケージ写真も掲載しておきます。

表面。

ソニックオールのパッケージ(表)

裏面。

ソニックオールのパッケージ(裏)

使ってみた感想

届いた新型のソニックオールを早速使ってみました。

ただ感想はどうしても旧式と比較してしまいます。

僕は昔、事故により怪我をしてしまい、手に障害が残っています。 障害で指などを思うように動かせないため、通常の歯ブラシを使ってい...

ですので以下では、旧式と比較する形で紹介します。

旧式と比較して良くなった点

旧式と比較して良くなっていた点がこちら。

  • とにかく軽い
  • コンパクトになった
  • 振動もパワーアップ
  • 振動も細かになっている
  • 取り付けやすい
  • 電池を交換しやすい
  • 接触不良がない

とにかく、僕が使ってみた限りでは、良いところしかなかった。

とにかく軽い

旧式は単三電池を利用していましたが、新型は単四電池なりました。

これにより、大きさもコンパクトになり、とにかく軽くなりました。

旧式の本体重量は81g、新型の本体重量は44gと重さも約半分になりました(電池含まず)。

これに加えて「単三電池」から「単四電池」なったので、その分の重さも軽くなり、重さがほぼ半分になるという軽量化がなされました。

コンパクトになった

全項目でも書きましたが、サイズも非常にコンパクトになりました。

新型と旧型で比較

テープや針金がついているのは、僕の補助装具に着脱式で取り付けるために加工しました。実際の商品には付いていないので安心してください。

なので、軽いのもちろんなんですが、かなり小回りが利くようになりました。

これだと、小さなお子さんでもかなり扱いやすいのではないかと思います。

ソニックオールは、子供用の歯ブラシも装着出来るようになっているので、

子供用の電動歯ブラシでいいのがない…

なんて場合は、ソニックオールは良い選択肢かと思います。

振動もパワーアップ

乾電池は「単三」から「単四」に変わりましたが、音波振動はかなりパワーアップしています。

スイッチを入れた瞬間から、旧式との違いが明らかにわかるほど能力アップしています。

振動も細かになっている

パワーアップもさることながら、新型はより振動が細かくなっています。

旧式は毎分1万5000回の振動でした。

旧式は毎分1万5000回

けれど新型は、毎分2万4000回の振動と大幅にスペックアップしています。

毎分2万4000回の振動

スペック上では毎分9000回音波振動が増えたことになりますが、実際に使ってみるとスペック以上に「細かな振動になった」ということが感じ取れます。

取り付けやすい

また取り付けも、旧式はネジ式でした。

以前のソニックオールはネジ式

けれど新型は、ダイヤル式で軽く締められるようになり、取り付けが非常に簡単になりました。新型ソニックオールの装着方法

慣れるとこちらの方が明らかに装着しやすいです。

電池を交換しやすい

あと、電池交換もかなりしやすくなりました。

旧式はロックレバー方式なので、機械に疎い人には、外すのがかなり困難でした。

旧式はロックレバー方式

けれど新型は、パカッと外して、クルッとひねり、スポッと電池を挿入するだけの簡単仕様になりました。

新型ソニックオールの電池交換

説明書を見ると、手順は増えたように見えますが、電池交換はしやすくなっていると思います。

接触不良がない

あと、地味に嬉しいのが、接触不良が起こる不具合が改善されたことです。

旧式だと、しっかりとボタンを押さないと接触不良なのかなんなのか、パワーが弱くなるという不具合がありました(旧式を何個か買いましたが、全てに同様の不具合がありました)。

けれど新型の場合は、ポチッと押すと、完全フルパワーで稼動し歯磨きのアシストをしてくれます。

旧式と比較して悪くなった点

正直ない。

僕も、レビューを書くからには難点も出来る限り書きたいです。

けれど、旧式ソニックオールと比較した場合は、「悪くなった点」は、個人的に全く見つかりませんでした。

まとめ

現在、新型ソニックオールの快適さを知ってしまったら、旧式は全く使う気が起きません。

旧式もまだ十分に使える上に、急な販売停止に備えて買い置きも2台ほど保有しているのですが、もう使うことはないかと思います。

それほどまでに新型の使い勝手が良かったです。

この新型ソニックオールも、市販の歯ブラシなら大抵のものを装着して利用できます。

市販の歯ブラブラシヘッドを自由に選べる

なので、以下のような用途であれば「買い」だと自信を持って言えます。

  • 市販の歯ブラシを電動化したい
  • 介護用の歯ブラシを電動化したい
  • 子供用の歯ブラシを電動化したい

旧式のソニックオールは、いくつか不満点もありましたが、新型は想像以上に良かったです。

単四電池は別売りで購入する必要があります。

おすすめの歯磨き粉。

先日、昔治療した歯の詰め物が取れたので、歯科医にかかりました。 もともと、歯医者はあまり好きではないのですが、せっかく治療を受...
先日、歯科医にかかった時におすすめの歯磨き粉を聞きました。 その1つが、以前紹介したコンクール ジェルコートFだったのですが、...