7年間使用したジェットウォッシャードルツを最新型に買い換えレビュー

先日、2014年2月に購入し、7年間使用したジェットウォッシャーが壊れてしまいました。

最近僕は、寝る前にアーモンドを食べています。というのも、不眠に悩んでいた僕が、バナナとアーモンドで朝まで快眠できるようになっ...

これまで断線など、ちょこちょこ修理しながら使っていました。

けれど、水が通るチューブにひびが割れてきて、使うたびに水がポタポタ、これ以上の修復は無理に。

十分使い切った。新しく買い換えよう!

ということで、買いなおすことに。

以前使用していた、ジェットウォッシャーEW1250Pです。これの正当な後継機は、こちらのEW-DJ63になるかと思います。

最初、これを「買おうか」とポチろうとしたところ、おすすめ商品に「新タイプのジェットウォッシャー」が出ているのに気づきました。

それがこちら。

調べてみると、上記商品は「超音波を発生させて汚れの除去力を高くしている」とのこと。

そりゃ、綺麗になったほうがいいな。

ということで、こちらを購入することにしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

届いたジェットウォッシャー

実際に届いたジェットウォッシャーがこちら。

ジェットウォッシャーの箱

パッケージがこちら。

ジェットウォッシャーのパッケージ表面

箱の側面には、このジェットウォッシャーの特徴が書かれています(詳しくは後述します)。

ジェットウォッシャーの特徴

もう一方の側面には、セット内容が書かれています(詳しくは後述します)。

ジェットウォッシャーのセット内容

箱から中身をすべて取り出すとこんな感じ。

ジェットウォッシャーの同梱物

入っていたのは、この3種類だけ。

  • 本体
  • ノズル×3
  • ノズル立て

部品が少ないので、説明書を読まなくても直感的に使い方がわかります。

本体

本体はこんな感じでノズルをさして利用します。

ジェットウォッシャー本体

本体の裏面が水タンクになっています。以下のように外して水道から水を汲んでくることができます。

ジェットウォッシャーの水タンク

600mlも入るので、何回も汲む必要はありません。

ジェットウォッシャーの水タンクの場所

本体の上面は、電源と水圧調整ボタンがついています。

ジェットウォッシャーの本体上面

水圧は10段階で変更することができます。

ジェットウォッシャーの電源と水圧調整ボタン

僕は強めが好きなので、最高レベル10で利用しています。

本体裏面はこんな感じ。

ジェットウォッシャー本体裏面

左右どちらにでも電源が出せるようになっているので、「洗面所の電源とうまく位置が合わない」なんて事もほぼないかと思います。

左右どちらにでも電源が出せる

ノズルはこんな感じ。

ジェットウォッシャーのノズル

このノズルの先から、強力な超音波水流が出ることで、歯の汚れをはがし飛ばします。

ジェットウォッシャーで洗い飛ばす

当然、歯間や

歯間を強力に洗い流す

歯周ポケットの汚れも洗い流してくれます。

歯周ポケットを強力に洗う

この商品の大きな特徴として、以下のように気泡を含んだ超音波水流が噴出されます。

気泡を含んだ超音波水流

このような微細な気胞がスクラブ代わりとなって、歯周ポケット内の汚れなどを掻き出してくれます。

歯周ポケットの汚れ除去

この歯周ポケット掃除が最高に気持ち良い。

こちらのブラシつきノズルを利用すれば、

ジェットウォッシャーのブラシつきノズル

矯正器具の間の汚れも磨きながら洗うことができます。

矯正器具の間を洗う

かなり旧型のジェットウォッシャーより汚れ除去力は強力になっています。

使ってみた感想

僕はこれまで、旧型のジェットウォッシャーを使っていましたが、今回初めて新型のジェットウォッシャーを使いました。

これら新旧の比較も含めて、新型ジェットウォッシャーを購入する「メリット」と「デメリット」も含めて感想を書きたいと思います。

メリット

今回、実際に1ヶ月ほど使用してみて、良かった点がこちら。

  • 超音波水流なので旧型に比べて除去力が高くなっている
  • 超微細な泡が歯周ポケットも洗ってくれて気持ち良い
  • 間食の食べかすを洗い流すのにちょうどいい
  • 使い方はとにかく簡単

以下で詳しく書きます。

超音波水流なので旧型に比べて除去力が高くなっている

旧型ジェットウォッシャーと比べて、新型の良いところは、とにかく汚れの除去力が高いということです。

水流自体は、旧型の方が強かったように思うのですが、新型は超音波式なので以下のように微細な泡が出ます。

気泡を含んだ超音波水流

この泡がものすごく良い仕事をします。

すごく微細な泡なので、歯の隙間や歯周ポケットに入り込んで、「洗顔料のスクラブ」のような役割を果たして、汚れを掻き出してくれる感じ。

実際、水流を歯ではなく舌などに当てると、泡がバシバシ当たって、結構痛い。

水流を舌に当ててみると、

微細な泡が攻撃目標に突撃している!

と思うほど、攻撃力が高い。

これは、旧型では感じ取れなかった感覚です。

超微細な泡が歯周ポケットも洗ってくれて気持ち良い

前項目の続きとなりますが、微細な泡が歯と歯ぐきの間に入り込んで、細かな汚れをスッキリ除去してくれます。

歯間の汚れは、歯間ブラシやフロスで十分とることができるけど、歯周ポケットはなかなか難しい。

けれど、このジェットウォッシャーは、歯周ポケット内にも入り込んで泡で掻き出してくれるので、かなり気持ちいいです。

歯周ポケットを強力に洗う

もちろん「毛先が長くて細い歯ブラシ」や、「高性能な電動歯ブラシ」を利用すれば歯周ポケット掃除も十分取れます。

けれど、このジェットウォッシャーは、「歯周ポケットに入り込んでるアピール」がすごい。

間食の食べかすを洗い流すのにちょうどいい

僕は、1日2食食事を摂っています。

なので食事後は、電動歯ブラシ、フロス、ジェットウォッシャー、の3点セットを毎回行っています。

ただ、間食でちょっとしたおやつを食べたときなど、歯ブラシ・フロス・ウォッシャーの3点セットを行うのは面倒な時があります。

そんな時僕はたまに、ジェットウォッシャーだけで済ますことがあります。

これでも結構綺麗になります。

もちろん毎回、電動歯ブラシ、フロスだけでも丁寧に行えば、間違いないです。けれど毎日生活していれば、なかなか余裕のないときもあります。

そんな時は、ササッとジェットウォッシャーをするだけで済ませられる手軽さはあります。

使い方はとにかく簡単

あと、使い方はめちゃくちゃ簡単です。

なにせ、使用するのはこれだけなんだから。

ジェットウォッシャー本体

写真を見てわかるように、複雑な組み合わせなどはありません。

やっぱ、どんな高性能なものであっても、使い方が難しいと、使用するのが億劫になるもの。

けど、このジェットウォッシャーは「使い方が難しい心配」はしなくて良いかと。

洗面所に電源をさしておいておけば、10秒もかからずに利用することができる手軽さがあります。

デメリット

反面、ジェットウォッシャーは万能ではありません。

そういうことも含めて、ジェットウォッシャーの購入・使用にあたって注意したい部分の紹介です。

値段が高い

パナソニック製のそれなりの商品なので、当然値段はそれなりにします。

僕が購入した時点では、14,000円ぐらいしました。

とはいえ、毎日使うものですし、実際使っていて気持ち良いので、その価値は十分にあったかと思います。

これを高いと感じる場合は、無理に購入する必要はないかと思います。

ジェットウォッシャーだけで歯磨きをした気になっちゃダメ

あと、ジェットウォッシャーで歯の汚れはある程度取れます。

けれどジェットウォッシャーは、補助的な目的で利用すべきです。ジェットウォッシャーだけでは、完全に汚れは取れません。

ですので、「歯磨き」と「フロス・歯間ブラシ」も併用して行うことは必要かと思います。

歯磨きは「良質の電動歯ブラシ」を使用すると尚効果的です。僕の場合、歯科医師推薦のこちらの「ソニッケアー電動歯ブラシ」を利用しています。

「液体歯磨き」として「リステリン紫」を使用しています(研磨剤不使用で殺菌力も高い)。

あと、デンタルフロスはこちらが使いやすい。

僕はこれの仕上げとして、ジェットウォッシャーを利用しています。

基本的に、歯磨きで歯の汚れを落とし、フロスで歯間の歯垢を掻き出し、最後にジェットウォッシャーで超細かな食べかすや、歯周ポケット内の掃除をする感じです。

僕はどうしても時間がないときは、ジェットウォッシャーだけで済ますこともあります。けど、寝る前と寝起きは、必ず「歯磨き」と「フロス(歯間ブラシ)」を組み合わせて利用して口腔内の清潔を保っています。

僕が歯科医におすすめしてもらった口腔ケアグッズはこちら。

僕は先日、とある病気から大腿骨骨折になりました。それと時を同じくして、虫歯にもなってしまいました。 よくないことは続けてや...

まとめ

僕は基本的に毎日以下のルーティーンをこなさないと、口の中が気持ち悪くて眠れない体になってしまいました。

  1. 電動歯ブラシで歯みがき(リステリンで)
  2. 歯間の歯垢をフロスでお掃除
  3. ジェットウォッシャーで歯間や歯周ポケットの仕上げ

1と2だけでも、しっかりとやれば十分ではあると思います。けれど、最後にジェットでブッ放さないと、何だか物足りなくて。

気持ちいいのはマジで気持ちいいので、歯ブラシやフロスを持っている上で、余裕のある方は是非試してみてください。