体調不良時の飲む点滴としてOS-1より格安の「日本薬剤 経口補水液」を飲んでみた

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

日本調剤 経口補水液500ml

体調不良で何も食べたくないときは、経口補水液にいつも助けられます。

僕はこれまで、経口補水液は、大塚製薬のOS-1を何度も購入して飲んできました。

下痢・嘔吐・脱水など体調不良の時に飲む「経口補水液 オーエスワン」は正に神の雫
先日、体調不良のときに冷蔵庫にOS-1が1本たまたまあったので飲んでみました。 そのときは、膀胱炎の熱で、ちょっとした脱水症状のような...

OS-1は、体調不良時に飲むと、それはもう天から与えられし神の雫がごとく、体に染み渡り、無性に美味しく感じます。そして体調回復の手助けをしてくれます。

ただ、OS-1にも1つの弱点が。それは、結構良い値段がすることです。24本入りでも、1本あたり160円ぐらいします。

で、ある日、OS-1を切らしたので、また購入しようとネットショップを見ていたら、「日本薬剤の経口補水液」というのを見つけました。

この、「日本薬剤の経口補水液」は、1本あたりの値段が、110円とジュース並みで約3割ほど安いです。なので「同じ効果があるなら値段の安い方試してみて良いかも」と思い、早速購入してみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

実際に届いたもの

で、ネット注文をして、実際の届いたものが以下になります。

日本調剤 経口補水液24本入りの箱

中には、以下のように500mlペットボトルが24本入っています。

日本調剤 経口補水液24本入りの箱を開けた状態

1本だけ取り出してみると、パッケージはこんな感じです。

日本調剤 経口補水液500ml

大塚製薬のOS-1とのパッケージの違いはこんな感じです。

OS-1と日本調剤の経口補水液

OS-1と日本薬剤経口補水液の成分分析

salt-51973_960_720

せっかくなので、2つの成分を比較してみます。

OS-1(左)と、日本薬剤経口補水液(右)の「100mlあたりの成分分析表」は以下になります。

OS-1の成分分析表(100mlあたり) 日本調剤の成分分析表(100mlあたり)

OS-1 日本薬剤
エネルギー 10kcal 10kcal
タンパク質 0g 0g
脂質 0g 0g
炭水化物 2.5g 2.5g
ナトリウム 115mg 100mg
塩分相当量 0.292g 0.254g
ブドウ糖 1.8g
カリウム 78mg 80mg
塩素 117mg
マグネシュウム 2.4mg 2.6mg
リン 6.2mg 6.1mg

※日本薬剤の食塩相当量は自前で計算。

OS-1も、日本薬剤も、100mlあたりのエネルギー、タンパク質、脂質、炭水化物は全く同じです。

大きな違いといえば、ナトリウム(塩分)が日本薬剤の方が、約13%ほど少ないです。

ブドウ糖、演奏については、日本薬剤の方には書いてありませんでした。その他は、それほど大きな違いはないかと思います。

ちなみに、OS-1の成分は以下。

OS-1の成分

日本薬剤の経口補水液の成分は以下になります。

日本調剤経口補水液の成分

実際に飲んでみた感想

実際に「日本薬剤の経口補水液」を飲んでみました。

飲んだ瞬間、まず最初に「味が薄い!」と感じました。

先程の、「100mlあたりの成分分析表」の値からもわかるように、日本薬剤の方が13%ほど少ないので塩分控え目といった感じです。

例えるなら、大塚製薬のOS-1がポカリスエットだとしたら、日本薬剤の経口補水液は、アクエリアスに似たあっさりとした味になっています。

その「日本薬剤の経口補水液」を、味に例えるなら、「OS-1より薄味というか塩分控え目で、飲み口は薄味のスポーツドリンク、最後にスイカの風味がフワッっと鼻に上がってくる」といった感じの味です。

僕は、家に来たりする人に日本薬剤の方を飲んでもらったのですが、「スイカ風味」を「あーわかる!」という方が結構おられました。

で、僕も、一番最初に「日本薬剤の経口補水液」を飲んだ限りでは、「値段が安いならこれもありかな」と思っていました。

けれど、何度も何度も飲むうちに、OS-1の味が無性に恋しくなってきました。で結局OS-1を飲んでしまったら、結局、日本薬剤のものは何だか物足りなくて、体調不良時でも、あまり進んでは飲まなくなってしまいました。

まとめ

最初は本当、日本薬剤経口補水液の方もスポーツドリンクのようで、「悪くはないかな」といった感じでした。

けれども、何度も何度も飲むうちに、結構すぐに飽きがきてしまいました。

例えるなら、「カップヌードルなら日清の無印」、「ポテトチップスならカルビーの塩味」、「柿の種なら亀田のプレーン味」が、たまに食べたくなります。これらと同様に、大塚製薬のOS-1には、「人を惹きつける王道の味」感が僕にはあると思います。

体調不良時に、何度も何度も飲むには、結局OS-1になってしまうような気がします。最初は、物珍しさで普通に美味しく飲めてしまいますが、何度も何度も飲んでも飽きのこない定番の味を出すというのは、やはり難しいのでしょう。

僕としては、やはり多少値段が高くてもOS-1を購入すると思います。

下痢・嘔吐・脱水など体調不良の時に飲む「経口補水液 オーエスワン」は正に神の雫
先日、体調不良のときに冷蔵庫にOS-1が1本たまたまあったので飲んでみました。 そのときは、膀胱炎の熱で、ちょっとした脱水症状のような...

というわけで、日本薬剤の経口補水液を、あまり推奨してない感じにはなってしまいましたが、経口補水液としての能力は、そこまでOS-1と変わりはないと思います。

ですので「熱中症対策用の値段の安い経口補水液が欲しい」とか「ポカリスエットよりはアクエリアス派だ」なんて人には、おすすめかもしれません。