エックスサーバーに無料体験登録する方法。安定レンタルサーバーを試用。

僕が初めてサイトを運営したのは2001年。

かれこれ17年以上はサイト運営をしていることになります。

その経験から言ってもエックスサーバーは、「個人向けサーバー界」で3本の指に入るくらい有能なレンタルサーバーだと自信を持って言えます。

安定性を重視するならば業界随一といっても、決して大げさな表現ではないと思います。

そんなエックスサーバーなんですが、

これからサイト運営を始めよう!

という方は、無料で10日間、お試し利用ができます。

お試し期間中は、特に制限もなくエックスサーバーの機能を存分に味わい尽くすことができます。

その間、「よし!使いやすくていいサーバーだ」と思えば利用すれば良いですし、「ちょっと自分には合わないな…」と思えばキャンセルすれば料金を支払う必要もありません。

そんなわけで以下では、「エックスサーバーで無料体験登録をする方法」をできるだけ易しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

エックスサーバーに登録

まずは、エックスサーバーにアクセスして、「申し込み」ボタンを押してください。

エックスサーバーの申し込みボタンを押す

「サーバー新規お申込み」ボタンを押してください。

「サーバー新規お申込み」ボタンを押す

プラン選択

「契約内容」を入力します「サーバID」と「プラン」を入力してください。

プラン選択

  • サーバID:3文字以上12文字以内の半角英数字を入力
  • プラン:サイトを始めるのであればx10(スタンダード)プランで十分

最安プランの「x10(スタンダード)」プランであっても100万PVサイトであっても余裕で運営できます。

ユーザー情報入力

「会員情報」で住所氏名、電話番号を入力してください。

会員情報の入力

「利用規約の同意」にチェックを入れて「お申し込み内容の確認」ボタンを押してください。

利用規約に同意する

入力内容の確認

確認画面が表示されるので内容に問題がなければ「お申し込みをする」ボタンを押してください。

入力内容の確認

登録メールの確認

すると、登録時に入力したメールアドレスに「アカウント情報」が記載されたメールが届きます。

そのメールの中に記載されている「インフォパネル」のURLをクリックして開きます。

登録内容メール

管理パネルにログイン

メールに書かれている「アカウント情報」を元にログインしてください。

ティフォパネルへのログイン

これで、無料体験登録は完了です。

体験期間中は、エックスサーバーの能力を存分に堪能してください。

本登録する方法

無料体験でエックスサーバーが気に入ったのであれば、本契約する必要があります。

無料体験期間は10日しかないので、本契約をしないと体験期間中に構築したものは、削除されてしまいます。

ですので、1週間ほど試用して問題なければ、料金を支払ってしまうことをおすすめします。

無料体験期間中に本契約をしたとしても、しっかりと無料期間は消化された後、料金が支払われるようになっているので、損することはありません。ご安心を。

料金の支払い

ログインをするとインフォパネルが表示されるので「料金のお支払い」メニューを選択します。

「料金のお支払い」メニューを選択

「契約一覧」の中から取得したサーバーを選択し「お支払い方法を選択する」ボタンを押して支払い手続きを行ってください。

サーバー契約一覧から支払い方法を選択する

「更新期間」は、長ければ長いほどサーバー使用料が安くなります。

「X10(スタンダードプラン)」だと、「ひと月あたりの利用料が1200円(3ヶ月)~900円(36ヶ月)」と変わってきます。

「X10(スタンダードプラン)」の料金表

12ヶ月契約あたりが、最も無難かと思います。

利用料金を支払う

「料金のお支払い」画面に移動すると、以下のように必要な金額が表示されます。

利用料金の支払い画面

支払方法は、以下の中から選択できます。

  • 銀行振り込み
  • クレジットカード
  • コンビニ払い
  • ペイジー

この中で最も手軽なのは、「クレジットカード払い」です。クレジットカードを利用すると、更新期限が来ると自動的に支払いが済まされるので、余計な手間がかからずおすすめです。

クレジットカードで利用料を支払う場合は、「クレジットカード決済画面へ進む」ボタンを押してください。

クレジットカード決済ボタンを押す

「クレジットカードでのお支払い」画面にて、クレジットカード情報を入力し「カードでのお支払い」ボタンを押して支払い手続きを行ってください。

クレジットカード情報の入力

これで、料金の支払いは完了です。

大事なことなので、もう一度書きますが料金を支払っても、キッチリと10日間の無料体験期間は消費されるので損はしません。

まとめ

こんな感じで、結構簡単にエックスサーバーへの無料体験登録ができます。

全手続きの中でも面倒な部分は「ユーザー情報の入力」くらいではないでしょうか。ただ、ユーザー情報は、自分の氏名と住所を入力するだけなので、「難しい」というほどではないと思います。

無料期間中、WordPressサイトを立ち上げて問題なければ、10日をすぎる前に必ず本契約を行ってください。

無料期間中に作成したサイトでも、本契約を行えばその後、そのまま運営を開始することが可能です。

無料体験登録はこちら。

公式 エックスサーバー