エックスサーバー vs カラフルボックス徹底比較表。どちらを選ぶべきか?

僕は複数サイトを運営しており、エックスサーバーと、カラフルボックスサーバー双方とも利用しています。

どちらも素晴らしいレンタルサーバーだと思います。

ただ、それぞれを簡単な言葉で表すならば、エックスサーバーは「安定感抜群の老舗サーバー」、カラフルボックスは「最新技術を取り入れた新進気鋭の高速サーバー」といった感じです。

WordPressで個人サイトを運営するのであれば、どちらかを選択しても、まず間違いないでしょう。

どういったサイトに向いているかといえば、「アフィリエイトサイトはエックスサーバー」、「ブログ向けサイトはカラフルボックス」といった感じでしょうか。

いずれにせよ、これからサイトを始めようと思っている人にとって、サーバー選びは悩みどころの一つだと思います。

そういった場合はスペック表を見て、自分の使用目的に合ったサーバーを判断する必要があります。

けれど、それぞれのサイトの仕様ページを何ページも見比べながら比較することになるので、結構面倒くさいかと思います。

僕自身も、その見比べる作業が非常に面倒くさい。

そんなこともあって、手軽に両サーバーを比較できるように一覧表を作成してみました。

双方、「何が、どう優れているのか?」が分かりやすくなっているかと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

サーバースペック比較表

それぞれサーバーの同価格帯プランで比較します。

エックスサーバーは「x10のスタンダードプラン」。カラフルボックスの「BOX2」での比較になります。

価格はすべて税別料金として表示しています。

色別評価の違いは以下のようになっています。

  • 緑色:勝(まさ)っている
  • 黒色:変わらない
  • 赤色:明らかに劣っている
エックスサーバー
スタンダード[x10]
カラフルボックス
BOX2
初期費用 3000円 0円(3ヶ月契約以上)
月額料金(1年契約) 1000円 980円
月額料金(3年契約) 900円 880円
無料お試し期間 10日間 30日間
商用利用
再販 △(一定条件を満たせば)
リージョン選択 × ○(東京・大阪)
アダルトサイト × ○(※BOX4以下はCDN利用)
出会い系サイト × ○(※BOX4以下はCDN利用)
プラン
アップグレード
月単位 即時
プラン
ダウングレード
契約終了時 即時(差額は返金)
最上位プラン能力 転送量と
ディスク容量のみ増加
スペックアップ可能。
超大規模サイトでも運用可能。
サーバー引っ越し
オプション
× ○(有料だけど割安、転入のみ)
支払方法 クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
Pay-easy
クレジットカード
銀行振込
サーバーソフト nginx LiteSpeed
HTTP/2
QUIC
(新高速化技術)
×
使用ディスク 完全SSD 完全SSD
ディスク容量 200GB 150GB
CPU ?(共用:非公開) 3コア
メモリー ?(共用:非公開) 4GB
転送量目安 70GB/日
日区切り
日毎の転送量目安は多い
2TB/月(平均:66GB/日)
月区切り
例:1日だけ200GBでもOK
SSD RAID10構成
自動DBバックアップ 14日分 14日分
自動ファイルバックアップ 7日分 14日分
遠隔バックアップ ?サイトに記述なし ○(東京 or 大阪)
バックアップ
復元コスト
MySQL:7日分のみ無料
MySQL:7日以外は5,000円
ファイル:10,000円
無料
ドメイン取得 可能 可能
マルチドメイン 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限
MySQL 50個まで(MariaDB) 無制限(MariaDB)
MySQL
管理ツール
phpMyAdmin phpMyAdmin
SQLite
PostgreSQL × ×
独自SSL
無料SSL
管理パネル 独自パネル cPanel
CPU使用率表示 ×
メモリー使用率表示 ×
ディスク使用量表示
転送量表示 △(要設定)
オリジナルCGI利用
SSI利用
PHP 7.2、7.1、5.6、4.3.9 7.2、7.1、7.0、5.6、5.5、5.4、5.3
Ruby 2.0.0、1.9.3、1.8.5 2.0
Python 3.3.1、2.7.4、2.4.3 2.7
Perl 5.8 5.16
Cron
SSH利用
FTP利用
FTP追加アカウント 無制限 無制限
ファイルマネージャー
.htaccess編集
WEBフォント利用機能 ○(有料) ×
メールアカウント 無制限 無制限
メーリングリスト
メールマガジン ×
メール転送
メール自動返信
WEBメール
メールボックス容量設定
アンチウィルス
スパムフィルター
メール暗号化
ブログシステム WordPress : ◯
Drupal : ◯
Joomla : ◯
concrete5 : ◯
Movable Type : ◯
WordPress : ◯
Drupal : ◯
Joomla : ◯
concrete5 : ◯
Movable Type : ×
簡単インストール
サポート メール、電話 メール、フォーラム形式、電話(上位プラン)、ライブチャット
サポート対応 良い 良い
質問のしやすさ 電話なので基本的にすぐに答えをもらえる。 電話よりライブチャットは気軽に聞ける。
メールも画像をアップロードできるので説明しやすい
今回は、同スペック帯で比較しましたが、カラフルボックスには、さらに値段が安いBOX1プランがあります。BOX1プランは最安480円(月額:税別)でサイト運営を開始できる格安プランとなっています。安く始めるならこちらでしょう。プランは後から増強することも可能です。

エックスサーバーの強み

比較してみた結果、エックスサーバーの強みはこちら。

  • サーバーソフトがnginx
  • ディスク容量が多い
  • 各種プログラムのバージョンが豊富
  • WEBフォントが利用できる(PV2万5000以上は有料)
  • メールマガジンを発行できる

ディスク容量が多い

SSD利用できるディスク容量がカラフルボックスは60GBなのに対して、エックスサーバーは200GBと豊富です。

容量が必要なサイトを運営するには、エックスサーバーの方が良いかと思います。逆に、テキスト・画像メインのサイトの場合は、ここまでの容量は必要はないかも。

安定感のある老舗のサーバー

エックスサーバー社がレンタルサーバー事業を開始したのは2009年1月7日です。

エックスサーバーには、この長い間レンタルサーバー事業を継続的に運用出来てきたという実績と信頼があります。

実際、僕も何年も利用していますが、大きなトラブルは全くなかったです。

なので、レンタルサーバーを選ぶ際に安定性を求めてエックスサーバーを選択する方も多々おられます。

やはり、「長く続けて信頼を得る」ということは、その言葉以上に重いということでしょう。

サイト エックスサーバー

エックスサーバーでサイト運営を開始する方法はこちら。

レンタルサーバーを借りてサイトを作成したい! なんて場合は、エックスサーバーは最良の選択肢だと思います。 というのもエッ...

カラフルボックスの強み

エックスサーバーと比較して、カラフルボックスの方が優れていると思う点はこちら。

  • 初期費用が0円
  • 月額料金が微妙ながらも安い
  • サーバーソフトがLiteSpeed(Apacheよりは高速)
  • サーバー性能が高い(共用ではなく個別のリソース割り当て)
  • リージョン(データの場所)を選択可能
  • サーバースペースの再販売が可能
  • アダルトサイトを運営可能(※BOX4プラン以下だとCDN利用が必須)
  • 出会い系サイトを運営可能(※BOX4プラン以下だとCDN利用が必須)
  • プランの変更がフレキシブルに可能(急なトラフィックの増減にも対応できる)
  • プランを上げれば超大規模サイトでも運営可能
  • WordPress移転代行オプションで引っ越しをお任せできる(有料:転入のみ)
  • 最新高速化プロトコルのQUICに対応
  • 東京と大阪にデータをバックアップ(災害によるデータロスもしにくい)
  • バックアップデータをすぐに自前で無料復元可能(XSERVERはファイル復元は有料)
  • MySQLを無制限に作成できる
  • データベースがGoogleにも採用されているMariaDB
  • コントロールパネルでサーバーの現在の状態を把握可能(CPU、メモリ、ディスク使用率、転送量など)

最新技術が取り入れられている

カラフルボックスには、新しい高速化技術がふんだんに取り入れられています。

思いつくだけでもこれくらい。

  • 完全SSD環境(ハード面)
  • サーバーにLiteSpeed(サーバーソフト)
  • HTTP/2通信可能(通信面)
  • QUIC利用可能(通信面)
  • データベースがMariaDB(データベース)
  • AIによるセキュリティ(攻撃負荷を減らす)
  • リージョンを東京と大阪から選べる(物理的なデータ近さ)

カラフルボックスには、先進的な技術が取り入れられています。

とにかくサーバーが快適となり、ユーザーの利便性が上がる新しい技術を積極的に組み込んでいます。

バックアップを自前で復旧可能

また、バックアップを自分で復元できると言うのも大きいです。

僕は先日、プラグインをいじっていてサイトが真っ白に(エラー状態)になってしまいました。

プラグインのコードをいじっていたならまだしも、通常操作で起きたエラーなので、復旧方法もよくわからない状態でした。

けれどそんな時は、カラフルボックスであれば、コントロールパネルを操作することで、15分程度でデータファイルと、データベースを復旧することができます。

復旧操作後は、14日間分の自動バックアップの中から復元ポイントを選択するだけで、自動で行ってくれます。

しかも復旧に必要な費用も完全無料となっています。

参考 自動バックアップからの復元方法 – カラフルボックス サポートサイト

エックスサーバーの場合、データベースであれば7日間限定で自動復旧出来るようにはなりました(2018年8月から)。

しかし、データファイルを復旧する必要がある場合は、10,000円(税別)の費用を支払ってデータを取り寄せる必要があります。

その後、ファイルの復旧作業も自前で行う必要があるので、結構手間と時間と知識が必要です。

参考 自動バックアップ機能 | レンタルサーバー【エックスサーバー】

サイトを復旧する場合、カラフルボックスのような「自前で手軽にバックアップデータをリストアできる環境」があるのに越したことはありません。

この環境が整っているだけで収益面での損失はもとより、人的・時間的コストも減らすことができます。

また、バックアップデータセンターも東京と大阪にあります。例えば東京のデータセンターが災害などで被害をこうむったとしても、大阪のデータセンターから復旧するということが可能となります。

これにより、一層データ保存の安心感があるサーバになっているといえます。

アダルト・出会い系サイトOK

そして、カラフルボックスはアダルトサイトも運営することが可能です。

アダルトサイトはアクセス数が多く、トラフィックによる問題が出てくるため、一般的にはアダルト不可なサーバーが多いです。

けれど、カラフルボックスは、アクセス制限を超えると自動的に制限がかかり、他のサイトに迷惑がかからないシステムになっています。

この余所に迷惑をかけないシステムのおかげで、アダルトサイト運営が可能なサーバーとなっています。

※BOX4プラン以下の場合は、サイトロックCDNを契約する必要があります。

コストも安い

また、3ヶ月以上の利用であれば初期費用も不要で、月額料金も480円(税別)から始められるということで、お財布的にも嬉しい仕様となっています。

そんな格安価格でありながら、30日間も無料体験が用意されており、サーバーの動作状態を確認することが可能です。

サイト カラフルボックス

カラフルボックスでサイト運営を開始する方法はこちら。

WordPressで収益化サイトを始めるのであれば、カラフルボックスは、今や「最も安価で始められる高性能サーバー」と言って良いと思い...

まとめ

「で、どちらのサーバーが良いの?」ということに一言で答えるならば、以下のようなことが言えるかと思います。

カラフルボックスは、加えて以下の好条件があります。

  • 月額480円(税別)と安価で始められる
  • サイト成長に合わせてフレキシブルにプラン変更が可能
  • 自前でバックアップ復元可能
  • アダルト利用可(※一部条件あり)

ですので、これからWordPressサイトを運営するのであれば、個人的にはカラフルボックスの方がおすすめです。

ただ、いずれにせよ双方とも良いサーバーではあるので、個人サイトであれば、どちらを選んでも間違いはないと思います。

どちらも100万PV/月 規模のサイトであれば十分に運営できます。

!カラフルボックスキャンペーン

カラフルボックスで10%オフキャンペーン実施中!

カラフルボックスで2018/12/31まで本契約した場合は、利用料が10%割引になるキャンペーンが行われています。3年契約で10%割引となると、約4ヶ月分のサーバー料金が無料になる計算です。

割引を受けるには、本契約の際に以下のプロモーションコードを入力してください。

プロモーションコード:PK4JK4RJ

プロモーションコードの入力

\ まずは無料体験  /

カラフルボックスを試してみる

MFクラウド確定申告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

スポンサーリンク
この記事をお届けした
寝ログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!