ポリフェノールの一種「ルチン」が入った伊藤園のそば茶を飲んでみました

伊藤園そば茶

最近は、常飲用のお茶として玄米茶にはまっています。

僕は、病弱なせいか、いつもお腹の調子に不安があります。 主な症状としては、常に腹の動きが悪い感じ。日常的に軽めの便秘のような症...

で、いつも取り置きの玄米茶がなくなってきたので、新しく購入しようとAmazonを開いたら、「そば茶」なるものを見つけてしまいました。

でこれが、星4.5個とやたら評価が高い。

伊藤園 伝承の健康茶 そば茶 500ml×24本

Amazonでここまで高評価なものを見たら、思わず飲んでみたくなってしまい、玄米茶を購入するのをやめて、そば茶を購入してみることにしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

実際に届いたそば茶

で、そば茶を購入した結果、届いたのがこちら。

伊藤園そば茶の箱

箱を開けると、以下のような感じで500mlペットボトルが24本入っています。

そば茶の箱を開けた状態

ペットボトル一本だけ取り出してみるとこんな感じ。

そば茶の500mlペットボトル

色自体は、麦茶みたいな色をしています。

このそば茶の特徴としては、そばの実に含まれるポリフェノールの一種である健康成分「ルチン」が1本あたり30mg含まれています。

そばポリフェノール30mg配合

ポリフェノール(ルチン)は、一般的に血管を強化する働きがあるとされています。

僕は、朝の血圧が高めなので、この「ポリフェノール(ルチン)」配合というのも購入した理由の1つです。

加えて、無香料・無着色となっており、その上カフェインゼロと僕のような睡眠導入に不安のある者にとっても優しい仕様になっています。

ただし、そばの実を使用しているため、そばアレルギー体質の人は、飲まないことをおすすめします。

そば茶の成分・原材料

今回購入した、そば茶の構成を見てみようと思います。

栄養成分表示

今回購入したそば茶の栄養成分表示はこちら。

そば茶の栄養成分表示

完全にノンカロリー、塩分も0、カフェインも0です。

健康成分のルチンが30mgと目立ちます。

原材料名

原材料名は「そばの実」、「ダッタンそばの実」、「ビタミンC」とシンプルな素材になっています。

そば茶の原材料名

飲んでみた感想

届いたものをすぐに、冷蔵庫で冷やして早速飲んでみました。

で、飲んだ瞬間ものすごい蕎麦の香りが、昇り龍のように上がってきて鼻を占拠します。

鼻の奥が「蕎麦、蕎麦、蕎麦、蕎麦、蕎麦、蕎麦、蕎麦、蕎麦、蕎麦、蕎麦!!!」となるような存在感。

味自体は、香ばしく、ほろ苦のブレンド茶みたいな味わいで、飲みやすいです。

けれど、「蕎麦の香り」の自己主張はとてつもなく激しいです。僕の場合は、香りが強すぎることにより、クセを感じすぎてしまって、正直苦手な味でした。あくまで、僕の好みではありますが。

ただ「お茶の香りはクセが強い方が好き。蕎麦の香りも好き。」みたいな人には、良いのかもしません。

まとめ

僕の場合は、蕎麦の香りのクセが強すぎて、ちょっと「常飲するためにまた買おう!」とまではなりませんでした。

ただ、無香料・無着色・ノンカロリー・無塩、かつ蕎麦ポリフェノールが入った、健康的なお茶であることは間違いありません。

なので、蕎麦の香りが好きな人で、「最近血圧が高いので血管に良いお茶飲みたい」とか「ノンカロリー・ノンカフェインだけどクセの強いお茶を飲みたい」なんて人には、良いお茶になり得ると思います。

実際に、Amazonのレビューでは、評価が高いので、香りが苦手な僕の方が少数派かもしれません。

その後、新モデルが出たようです。