おなかの調子を整える「お~いお茶 日本の健康 玄米茶 W」を飲んでみた感想[機能性表示食品]

伊藤園 おーいお茶 日本の健康 玄米茶 500ml ×24本 [機能性表示食品]

僕は、病弱なせいか、いつもお腹の調子に不安があります。

主な症状としては、常に腹の動きが悪い感じ。日常的に軽めの便秘のような症状です。もちろん、とても体調の悪い時などは、腹がゴロゴロといった、逆の症状になることも。

なので常に「腹の調子を見ながら生活をしている」みたいな状態なので、いつも「腹の調子を整える商品」には、ついつい目を奪われてしまいます。

で先日ショッピングサイトを見ていたら、おーいお茶に「お腹の調子を整える」といった機能があるという機能性表示食品の「玄米茶」があるじゃないですか。

なので、「これは一度試してみねば!」ということで、早速500mlのペットボトルを一箱購入してみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

お~いお茶 日本の健康 玄米茶 Wとは

機能性表示食品「お~いお茶 日本の健康 玄米茶 W」は、6種類の健康素材(米、緑茶、とうもろこし、大麦、はと麦、抹茶)から作られています。

6種類の素材を利用+緑茶と抹茶

6種の素材に対して、さらに食物繊維(1本当たり5g)を加え健康性を高めた機能性表示食品の玄米茶飲料に仕上がっています。

あと、地味に嬉しいのが「ノンカフェイン」というところ。ノンカフェインだったら、睡眠導入に不安のある僕でも、夜に飲んでも大丈夫というのが大きいです。

機能性表示食品としての登録内容

この玄米茶が機能性表示食品として届け出表示している機能はこちら。

  • おなかの調子を整える。
  • 脂肪の吸収を抑える。

この玄米茶には難消化性デキストリン(食物繊維)が含まれています。

その、難消化性デキストリンには、おなかの調子を整える機能と、食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて、食後の中性脂肪の上昇を抑える機能があることが報告されているそうです。

機能性表示食品とは、機能を証明した研究を消費者庁に提出し、受理された食品(飲料)になります。ただ、特定保健用食品(トクホ)とは違って、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。ここらへんは、混同しやすいので注意が必要です。

けれど少なくとも、「機能を証明した研究があって消費者庁に受理された飲み物」であるということは間違いないです(※機能は保証していない)。

ちなみに、消費者庁の届出詳細内容には以下のように届け出されています。

販売しようとする機能性表示食品の科学的根拠等に関する基本情報

本品には難消化性デキストリン(食物繊維)が含まれます。難消化性デキストリン(食物繊維)には、おなかの調子を整える機能と、食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて、食後の中性脂肪の上昇を抑える機能があることが報告されています。

機能的には、まさに僕の求めている飲み物だったので実際に購入することにした次第です。

難消化性デキストリンとは、とうもろこし由来の「でんぷん」から作られた水に溶ける食物繊維の一種です。

実際に購入したもの

で、実際に届いた玄米茶がこちら。

玄米茶の箱

500mlの24本入りです。中を開けると、以下のようにペットボトルが並んでいます。

おーいお茶 玄米茶の箱を開けた状態

1本だけペットボトルを取り出すと、こんな感じになっています。

玄米茶のペットボトル外観

機能性表示食品として届け出された機能は、以下のように緑帯で表示されています。

機能性表示食品の届け出機能

500mlペットボトル1本あたりの、「栄養成分表示」はこちら。

玄米茶の瓶を成分表示

エネルギーゼロ、食物繊維5g、食塩相当量0.1gということで、体にはよさそうな成分表示になっています。

加えて、カフェイン0gというのは、睡眠に不安のある方には嬉しいのではないでしょうか。

飲んでみた感想

購入後、1日に1本か2本、1ヶ月弱かけて毎日飲んでみました。

玄米茶の味

味の方は、滅茶苦茶僕の好みで、非常に美味しいです。

玄米の香ばしさが鼻腔内を通り抜ける感じです。それとともに、トウモロコシのほのかな甘みが加わり、抹茶&緑茶がお茶としての味を引き締めているといった印象。

飲み物として、非常によくまとまって、「お茶として非常に仕上がりの良いもの」になっていると僕は思います。

お腹の調子は?

で、1ヶ月ほど飲んでみて、「お腹の調子は良くなったのか?」と問われると、「正直わからない」としか答えられないです。

飲んでいる期間中、決してお腹の調子は悪くはなかったです。けれど、「すこぶる良いか?」と問われると、「多少は(お通じが)良くなったかな?」くらいでしょうか。

ただそれも、「お腹に良い玄米茶を飲んでいる」といった、プラシーボ効果的なものである可能性も否定できず、日常生活中の誤差の範囲内と言えばそうなのかもしれません。

実際そういった感じなのも当然といえば当然のような気もします。

だって、もし劇的に体調に変化があるようなものならば、それはもはや薬であって機能性表示食品も枠を超えています。そんな劇的に作用する食品を毎日摂取するのは逆に怖いかも。

ただ、例えプラシーボ効果でも「腹の調子が良いのかも」と思って前向きに生活できる分には、良いかなと個人的には思います。

脂肪の吸収を抑える効果は

脂肪の吸収を抑える効果としては、実際に僕もここ1ヶ月の間で数キロ体重はやせました。

けれどこれは、期間中風邪をひいてしまったというのもあるので、その間の体調不良でやせた部分が大きい気もします。

まあ、お茶を飲んだくらいで痩せるのであれば、世の中に数多ある「ダイエット本」や「ダイエット食品」は必要ないわけで。

あくまで、「微妙ーーーーーーーーーに、脂肪吸収に効果があるのかも?」程度に思っておいた方が良いと思います。

正直、「お茶を飲むだけで痩せる」というのは夢物語だと思います。そんなものがあったら、毒ですよ毒。

まとめ

今回購入した、「お~いお茶 日本の健康 玄米茶 W」の機能性表示食品としての能力は、正直ハッキリした効果は分かりません。

ただ、単に玄米茶としての味は、非常に素晴らしいものがあると僕は思っています。

大抵の玄米系のお茶の場合、「香ばしすぎる」と感じてしまう商品も、これまで多々ありました。けれど今回購入した玄米茶は、とても香ばしさと味のバランスが良くて、非常にまとまった味に仕上がっていると思います。

とりあえず、「常飲するお茶」としての美味しさは十分すぎるくらいあるので、今後もちょくちょく購入しようと思います。

それに加えて、「もしかしたら、お腹に良くて、脂肪も吸引してくれるかも」程度に思っておくのがちょうど良いスタンスかと思います。