最近やたら健康にルイボスティーと聞くので「伊藤園 ヘルシールイボスティー」を買って飲んでみました

伊藤園 ヘルシールイボスティー 500ml×24本

最近やたら、「健康や美容にルイボスティー」みたいなことをよく目にします。

なんでも、抗酸化成分SODが含まれており、活性酸素を減らす働きがあり、抗炎症作用、動脈硬化予防、アレルギー症状の緩和、等のサポートをするとか何とか。

僕が、SODと聞いたら、ソフトオンデマンドぐらいしか思いつかないんですが、どうやらスーパーオキシドディスムターゼ(Superoxide
dismutase)の略で、スーパーオキシド消去酵素ともいわれるらしい。

jstage.jst.go.jpにある論文には、以下のように書かれています。

活性酸素を消去する酵素

酸素を使って生きていく以上,活性酸素が生成してしまうのはある意味宿命的なものである.そのため生体には活性酸素を消去するシステムが備わっている.

そのひとつが活性酸素を消去する酵素である.特に
スーパーオキシドを消去する酵素と,過酸化水素を消
去する酵素がよく知られている.

参考 活性酸素と抗酸化物質の化学(PDF)

とりあえず生体にはSODを用いた活性酸素消去システムがあるのだとか。

ただ、ルイボスティーを飲んだだけで、そこまでの効果があるのかはよくわからないけど「体に良さそうなもの」は何でも試したくなるので、ネットで探してみました。

すると、僕の大好きな伊藤園がペットボトルで、ルイボスティーを出していたのでそれを購入してみました。

とりあえず、健康効果とかはさておき、僕にとってルイボスティーは、これまでに飲んだことがないお茶だったので「どういう味のお茶なのか?」ということに興味があって購入してみた感じです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

実際に届いたルイボスティー

で、実際に購入して届いた伊藤園のルイボスティーがこちら。

伊藤園・ヘルシールイボスティーの箱

500mlペットボトルのルイボスティーを、24本購入しました。

500mlペットボトルのルイボスティーを24本購入

1本だけ取り出してみると、こんな感じ。

ヘルシールイボスティー(500ml)

ラベルには「グリーンルイボスブレンド」と書かれています。サイト上の説明では、緑茶に近い味がするのだとか。

グリーンルイボスブレンド

また、このルイボスティーは香料、着色料、保存料が無添加の「オール無添加設計」のお茶となっています。

伊藤園のヘルシールイボスティーはオール無添加設計

また、カフェインゼロでもあり、睡眠に不安のある人が夜飲んでも、おそらく大丈夫です。僕も、寝つきが悪い方ですが、夜飲んでも問題なく眠れました。

ここらへんのこだわりが伊藤園ぽくて僕が好きなところです。

上記のように、無添加でノンカフェインなので、赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲める「乳児用規格適用食品」となっています。

伊藤園のルイボスティーは乳児用規格適用食品

原材料・成分表

今回購入したルイボスティーの原材料、成分表は以下のようになっています。

原材料

ルイボスティーの原材料

原材料名が「ルイボス」のみ書かれているのが清々しいです。

ほんとに、ルイボス茶葉以外は、一切入っていないようです。

成分表

ルイボスティーの成分表

成分量
エネルギー 0kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0g
食塩相当量 0.1g
カフェイン 0mg
ポリフェノール 100mg

何から何まで、ほぼゼロなんですがポリフェノールが100mg入っています。

ルイボスポリフェノール100mg

ポリフェノールといえば、カカオやワインなども入っている、抗酸化作用的なやつですね(実際、巷で言われている効果が何処まであるのかは知らないけど)。

飲んでみた感想

実際に、ルイボスティーを冷やして飲んでみました。

一口飲んだ瞬間は、紅茶のような味がします。

ペットボトルのラベルにも、以下のように書かれています。

ルイボスティーは味が紅茶に似ている

味わいが紅茶に似ていることから、ヨーロッパではカフェインゼロの紅茶代替品として愛飲されています。

実際に、口に入れた瞬間は確かに紅茶のような味わいがします。

ただ、飲み込むと、独特のハーブの香りというか、干し草のような香りがフワッと鼻を通り抜けていきます。その後、「ハッカを何十倍も薄くしたような、スーとした感覚が、わずかに口に残る」といった味になっています。

僕は、ルイボスティー初体験だったので、最初はこの独特の風味が苦手ではありました。

ただ、4、5本も飲んでくると、もう慣れてきて「微かにスーっとする紅茶」みたいな感覚でガブガブ飲めるようになりました。

僕は元々、紅茶は好きなので、「カフェインゼロの夜に飲むための紅茶の代替品」としても良いかなと。

あと、商品の説明で「グリーンルイボスは緑茶に近い味」と書かれていたのですが、緑茶感は全く感じませんでした。

健康への効果

冒頭で、抗酸化成分SODとか、ポリフェノールとか書いたけど、「実際に健康的にどうなのか?」と言われると、「全くわからない」としか言えないです。

たかだか、24本飲んだだけでは、全くといっていいほど影響がないと思います。逆に、影響がある方が怖いですけどね。

実際、冒頭で紹介した論文にも、以下のような結論が書かれています。

生体が酸素を利用して生きている以上,活性酸素の生成は避けられないことである.そのため,生体は活性酸素を消去するシステムを備えているが,それでもやはり老化や疾病を完全に防ぐことはできない.

活性酸素を消去する天然抗酸化物質をサプリメントなどの形で摂取することは,現代人にとって珍しいことではないが,それで本当に老化が抑えられたり,病気にかかりにくくなるかどうかについては疑問が残る

さまざまな疾病の要因として活性酸素があることは示されているものの,抗酸化物質によって活性酸素を積極的に消去することで治療につなげようとする試みはいまだに成功していない.しかしながら,新しいタイプの抗酸化物質の開発は続けられており,抗酸化物質が医療に用いられる日が来ることが期待される.

参考 活性酸素と抗酸化物質の化学(PDF)

巷では、いろいろ効果が言われていますが、少なくともこの研究においては、老化防止や病気防止には疑問が残っており、抗酸化物質により活性酸素を消去する治療には、まだ成功したことがないと書かれています。もしかしたら医療用のニュータイプが出るかもしれないので、今後に期待といった感じでしょうか。

実際に、伊藤園のルイボスティーのラベルや、WEBサイトなどを見ても、健康に関するような表記は一切ありません。

当然といえば当然なんですけど。

体感的なものに関しては、ソフトオンデマンドの方が「何かしらのやる気が出る」という点においては影響力がありそう。

まとめ

というわけで、ルイボスティーは、純粋にお茶として味を楽しめば良いかと思います。

そして、「あわよくば健康によければいいなぁ」程度に嗜むのがちょうど良いかと思います。

今回飲んだ伊藤園のペットボトル型のルイボスティーの特徴はこちら。

  • 味は紅茶に似ている
  • 飲み込むと干し草のようなハーブの香りがする
  • 微かにスーっとした後味が残る
  • 香料・着色料・保存料無添加
  • 原材料は「ルイボス茶葉」オンリー
  • カフェインゼロなので夜飲んでも安心
  • 乳児用規格適用食品

個人的にも、「夜に飲める紅茶に似た味のお茶」というだけでも、「不眠症の紅茶好き」の需要は、ある程度あるのかもしれません。

ただ、味が似ているというだけで、独特の風味やクセもありますので、好みの分かれるところではあると思います。

あと、原材料が茶葉オンリーなので、乳児用規格適用食品として小さなお子さんには良いと思います。