新しくなったWordPressローカル環境、InstantWPのインストール方法と使い方。

先日、コメントでInstant WordPressが新しくなったことを教えていただきました。

現在、名称も少しだけ変わってInstantWPとなっています。

新バージョン5では、インターフェースが一新され、以前v4のときに書いた以下の方法と利用方法が結構変わってしまいました。

当記事はInstant Wordpress v4.3.1時点のものです。僕が確認した時点のv5.3以降では、インターフェースが新...

なので、自分のメモがてら新InstantWPのインストール方法から使い方を書いておこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

InstantWPのセットアップ手順

InstantWPサイト

まずはじめに、InstantWP利用するのに必要な主な手順は以下になります。

  1. InstantWPのダウンロード&解凍
  2. InstantWPの移動
  3. InstantWPの起動
  4. InstantWPの日本語化

以下では、Windows環境でInstantWPをインストールする方法を、手順を追って紹介したいと思います。

InstantWPのダウンロード&解凍

まずは、InstantWPからダウンロードを行います。

InstantWPのダウンロード

僕はWindows環境で利用するので「Download InstantWP for Windows」ボタンを選択しました。

Windows用のInstantWPダウンロードボタン

「IWP-v5.3.3-Win.zip」といった名前のzipファイルがダウンロードされます。

IWP-v5.3.3-Win.zip

上記ZIPファイルを「InstantWPを設置したいフォルダ」で解凍(展開)します。

解凍したあと、移動してもOK。

InstantWPは、インストーラーがありません。ですので、解凍先フォルダがインストールフォルダになります。

InstantWPの起動

解凍を終えたら、解凍先フォルダを開きます。

InstantWP解凍フォルダ

フォルダの中にある「Start-InstantWP.bat」を起動します。

Start-InstantWP.bat

するとWindowsの場合は、以下のようなアクセス警告が表示されるかもしれませんが「アクセスを許可する」を選択してください。

InstantWPのアクセス許可

すると、以下のようなコンソール画面とともにInstantWPが起動します。

2017-11-14_10h29_57

しばらく待つと、以下のような画面が表示されるので、全て「Next」ボタンを押し続けてください。

InstantWPの初期起動画面

「Next」ボタンを押し続けると最終的には「Close and Don’t Show Again(閉じる。[案内を]再び表示しない)」が表示されるので、そのボタンを押します。

InstantWPの案内画面終了

すると以下のようなInstantWPのコントロールパネルが開きます。

InstantWPのダッシュボード画面

それぞれのボタンには、以下のような役割があります。

  • WordPress FrontPage:WordPressのトップページを開く
  • WordPress Admin:WordPress管理画面を開く
  • Themes Folder:テーマのインストールフォルダを開く
  • Plugin Folder:プラグインのインストールフォルダを開く
  • MySQL Admin:MySQLを管理するためのphpMyAdminを開く
  • Help:取り扱い説明(※英語)

ちなみに、「Wordpress FrontPage」ボタンを押すと

Wordpress FrontPageボタン

以下のようなローカルサイトが表示されます。

InstantWPのインストール時のサイトスクリーンショット

Windowsデフォルトでは、以下のURLが開きます。

 http://127.0.0.1:10080/wordpress

※僕が試したWindows環境では上記URLで表示されました。

InstantWPの日本語化

InstantWPはインストール時、英語設定のままになっています。

日本語環境で利用するには、管理画面から設定を変更する必要があります。

まずは、「Wordpress Admin」ボタンを押してください。

Wordpress adminボタン

すると以下のようなログイン画面が表示されます。

InstantWPのログイン画面

ログイン情報は、インストール時にデフォルトで決まっています。

以下のログイン情報をもとにWordpress管理画面にログインしてください。

  • ユーザーネーム:admin
  • パスワード:password

あらかじめこのようにログイン情報が決まっていると、余計な手間が省けて楽です。公開するわけでもないローカル環境なので、ログイン情報に気を遣う必要はありません。

ログインすると、まだデフォルト状態なので以下のように英語表記でダッシュボードが表示されます。

InstantWPのデフォルトログイン画面

これを日本語化するには、メニューの「Settings」から「General」を選択してください。

InstantWPで標準設定画面を表示

あとは、設定画面下の方にある「Site Language」から「日本語」を選択して設定を保存してください。

標準設定画面から日本語を選択

これで、WordPressの日本語化が完了しました。

InstantWPの日本語化完了

その他の設定・機能

あとは、InstantWPのその他の設定・機能も紹介しておきます。

WordPressのアップデート

一応WordPressのアップデートもしておきましょう。

管理画面の「更新」メニューを開いてください。

InstantWPインストール後の更新

WordPressに新しいバージョンがあれば更新しておきましょう。

WordPressに新しいバージョンがあればお更新

MySQLの管理

データベースの管理は、「MySQL Admin」ボタンから行います。

InstantWPのMySQL Adminボタン

ボタンを押すとデフォルトのブラウザで、以下のようなphpMyAdmin画面が表示されます。

InstantWPのphpMyAdminログイン画面

phpMyAdminへのログインは、ユーザー名に「root」とだけ入力してください。

InstantWPを用いたphpMyAdminのログイン

パスワードは、空欄でOKです。

phpMyAdminは、英語版しかなく、日本化できないので注意が必要です。

InstantWP5.3のphpMyAdminは日本語化できない

その他のInstantWP機能

その他にInstantWPで新しく追加された機能として、「SSH接続」「SFTPクライアント接続(WinSCP)」「QMENUモニター」「IWP Web Console(InstantWP Web Console)」「configファイル編集」「PHP Info」表示機能も追加されています。

InstantWPのアドバンス機能

例えば、「SSHターミナル」をクリックすると、以下のようなKITTYコンソールが表示されます。

KITTYコンソール

ブラウザからWeb Consoleも利用することが可能です。

WordPressのWEB Consoleが使える

WEBコンソールを利用するには、以下の情報でログインする必要があります。

  • ユーザーネーム:iwp
  • パスワード:iwp

まとめ

InstantWPは、以前と比べて設定方法こそ多少変わったものの、簡単さはほぼ変わっていないと思います。

ただ、唯一難点があるとすればInstantWP起動時に、batファイルを起動すると言うことです。

batファイルの場合、ショートカットを作っても、ランチャーに登録したとしても、デフォルトだと「batファイルのアイコン」になるので、区別が付けにくいといった感じ。アイコンを独自設定すれば良いですが、その手間が増えるのはちょっと面倒くさいかなと。

Start-InstantWP.bat - ショートカット batファイルをランチャーに登録

とりあえず、「WordPressローカル環境を1つだけ構築したい」なんて場合は、結構手軽に作成できるかと思います。

WordPressローカル環境を複数作成する必要がある場合は、Local by Flywheelの方がおすすめです。

当サイトでは、これまでにいくつかWindowsで使えるWordpressローカル環境を紹介してきました。 ...
先日、Wordpressローカル環境のLocal by Flywheelを使ってみました。 そしたら、余りにも使い勝手が良いの...

サイト InstantWP – your local WordPress installation – InstantWP