手軽にWordPressのエラーメッセージチェックを行う方法

面倒な「WordPressエラー表示」を手軽に行う方法を紹介します。

今回は、「edump」というプラグインを使って有効化するだけで手軽にエラーメッセージチェックを出来るようにする方法です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

WordPressのデバッグは面倒

WordPressデフォルト状態では、通常エラー画面になってもエラーメッセージを表示されません。

エラーが出ても、画面が真っ白になるだけだったりします。

これは、デフォルトでは「WordPressのデバッグモード」が無効になっているからです。なぜこうなっているかというと、エラーメッセージが表示されると、エラーが出ているファイルへのパス等が表示されるからです。

エラーファイルパスには、サーバーパネルへのログイン情報が含まれているサーバーもあります。他の要素も含めて、エラーメッセージを表示することはセキュリティー上よくないからです。

ですので、わざわざエラーメッセージを表示させるには、FTP等でWordPressインストールフォルダを開いて、「wp-config.php」ファイルの中の以下の部分を

以下のように編集する必要があります。

そしてデバッグを終えたら、元に戻す必要もあります。やっぱり地味に面倒くさい。

サーバーによってはエラー出力しないサーバーも

php.iniエディター

あとサーバーによっては、PHPの設定(php.ini)により、デフォルトでエラーメッセージを表示しない設定になっていることも。

エラーメッセージを表示しないサーバー設定

これも有効にする必要がある場合も。

エラーメッセージを表示するサーバ設定

セキュリティー的には、これもありがたい機能なんですが、やっぱりデバッグの時には面倒くさいです。

ということで以下では、「もっと手軽にWordPressのエラーメッセージを表示する方法」を紹介したいと思います。

主な初期設定手順

手軽にエラーメッセージを確認する方法は、いろいろあるのかもしれません。ただ、今回は「edump」プラグインを用いた方法を紹介します。

  1. edumpに無料登録する
  2. edump用のWordpressプラグインをインストールする
  3. プラグインの初期設定

この設定を行うことにより、WordPressのPHPエラー・警告を手軽に出力できるようになります。

edumpについての詳細はこちら。

僕はここ最近、PHPプログラムを書く機会が増えました。 以前はRubyをよく使っていたので、それと比較してしまうと、PHPのデ...

edumpに無料登録する

edumpに登録していない場合は、無料登録する必要があります。

まずは、edumpサイトに移動して新規登録ボタンを押してください。

edump_thumb

すると、メール入力欄が表示されるので、メールアドレスを入力します。

edump_thumb[8]

あとはメールアドレス宛に「ログイン情報」が送られてくるので、その情報をもとにログインすれば登録完了です。

無料登録に必要な情報は、メールアドレスだけとなっています。

メールで送られてくる簡易パスワードは後で変更しておくとよいかと思います。

edump用のWordpressプラグインをインストールする

次に、Wordpress管理画面から「プラグイン→新規追加」を選択して「edump」を検索し、プラグインをインストールしてください。

edumpプラグインのインストール

インストールが完了したら、「有効化」してください。

edumpプラグインの有効化

プラグインの初期設定

プラグインのインストールを終えたら、「設定→edump」を選択してください。

設定からedump項目の選択

すると、以下のような画面が表示されるので、「Message ID」取得用のURLをクリックします。

「Message ID」取得用のURLをクリック

すると、edumpサービスの「システム設定」画面が表示されるので、スクロールして下の方にある「Message ID」をコピーします。

登録情報の更新項目にあるメッセージID

コピーした「Message ID」を、プラグインの「Message ID入力欄」にペーストします。

プラグインのメッセージID入力欄にコピペ

あとは、以下のチェック項目を有効にして設定を保存します。

  • このWordPressでPHP版edumpの機能を有効にする
  • PHPの通知、警告、エラーを自動的に取得してedumpのビューワーで表示する
  • このWordPressでJavaScript版edumpの機能を有効にする

edump プラグイン for WordPressの設定画面

JavaScriptデバッグ環境が不要な場合は、チェックボックスは無効にしておいてください。

これで初期設定は完了です。

エラーメッセージを表示する必要がない場合は、プラグインを無効にしておいてください。edumpは通信を行うプラグインなのでサイトパフォーマンスが落ちる可能性があります。
edumpの無効化

WordPressのエラーメッセージを表示する場合

もし自分のサイトが、エラーなどで正常表示されていない場合は、管理画面から「edump」を有効化してください。

edumpの有効化

その後、エラーなどで正常表示されていない画面を再読み込みしてください。

エラーで真っ白な画面

その後、edumpの出力画面を開くと、エラーメッセージが表示されています。

edumpでエラーメッセージを表示した状態

上記のように、「PHPエラー」を確認するのにも便利なんですが、以下のような「PHP警告」もデフォルトで確認できるようになっています。

edumpでPHP警告を出力

デバッグが終了したら、edumpプラグインを停止しておきます。

edumpの無効化

このようにedumpを用いてエラーメッセージを確認することで、パブリックなページに一瞬でもエラーメッセージが表示されることはなくなります。ですので多少なりともセキュリティー的にも良いかと思います。

edumpを使ったデバッグの難点

edumpを使ったデバッグでは、管理画面でedumpプラグインを有効にする必要があります。

ただ、管理画面までエラーが出るような不具合がある場合は、利用できないという難点があります。

管理画面までエラーが出ると、プラグインを有効に出来ないので。

その場合は、冒頭で紹介したように、デバッグモードを有効にして確認する必要があります。

あと、edumpを用いてデバッグをすると、エラーメッセージや、デバッグ出力結果などは、edumpサービス上に送られます。そういった情報も、別サーバーに送信したくない場合は利用しない方が良いかもしれません。

まとめ

edumpプラグインを利用することで、プラグインを有効化するだけで、PHPエラーメッセージをチェックすることができるので、かなり手軽です。

通常だと、以下のような手順が必要でした。

  1. サーバーのphp.iniでエラー出力をする設定にする
  2. FTP等を用いてデバッグモードを有効に編集する
  3. エラーメッセージの確認(デバッグ)
  4. FTP等を用いてデバッグモードを無効に編集する
  5. サーバーのphp.iniでエラー出力しない設定に戻す

これだと、サーバーパネルにログインしたり、FTPを立ち上げてエディターでテキスト編集をする必要があったりと結構面倒。

けれど、edumpプラグインを利用すれば、以下のように簡単に行えます。

  1. edumpプラグインを有効にする
  2. エラーメッセージの確認(デバッグ)
  3. edumpプラグインを無効にする

デバッグ環境のセットアップは、WordPress管理画面からマウスでポチポチするだけになるので、結構手間が省けるかと思います。

サイト edump | Web開発効率化のための簡易デバッガー(無料)

サイト edump ? WordPress プラグイン