WordPressローカル環境「Local by Flywheel」が有能ツールだったので良いとこ言いたい

当サイトでは、これまでにいくつかWindowsで使えるWordpressローカル環境を紹介してきました。

今回は、Windowsに、これ以上無いくらいに簡単にWordpressローカル環境を構築する方法の紹介です。 僕は2台のWindows...
僕は、Wordpressのローカル環境構築に「Instant Wordpress」を使用しています。 Instant ...
ローカルWEB開発環境構築と聞くと何だか難しそうに聞こえます。 けれど、僕はこれまでWindows上でローカル環境を構築するのにIns...

上記ツールも、手軽にパソコン上にローカル環境を作成できて非常に便利です。

けれど先日、Local by Flywheelというローカル環境ツールを初めて使ってみたら、便利すぎてローカル開発環境を全てこれに移行してしまいました。

以下では、このLocal by Flywheelが、他のWindows用ローカル環境作成ツールと比較して「いかに便利だったか」について紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Local by Flywheelとは

Local by Flywheel Local WordPress development made simple

と、その前に、Local by Flywheelについて簡単に紹介したいと思います

Local by Flywheelは、WindowsやMacで利用できるWordpressローカル環境作成ツールです。

WordPressは基本的に公開サーバー上で利用するものです。けれど、テーマなどをカスタマイズするとき、公開サーバー上のテーマを直接編集してしまった場合、少しでもコード記載ミスがあると、エラーが出たり、画面が真っ白になってしまったなんてことがあります。こういった、経験のある方は結構おられるのではないかと思います(自分含む)。

今回紹介するLocal by Flywheelのようなローカル環境作成ツールは、そういった問題を出さないようにクライアント側のパソコン(ローカル)で、サーバーを動作させて、開発環境として利用することが主な目的のツールです。

これだったら、いくらローカル環境でコード編集に失敗しようが、公開サイト上に影響を及ぼすことはありません。ローカル上で、十分に動作確認をした後、本番サーバーにアップロードすれば、安全にカスタマイズが行えるようになります。

Local by Flywheelは、このローカル環境作成ツールとして、非常に優秀な機能を多数保有しています。

その便利な機能については、以下で詳しく書いていきたいと思います。

複数開発環境を1つのツールで管理できる

まず便利だったのが、複数のローカル環境を、Local by Flywheelのウィンドウ1つで管理できるということです。

Local by Flywheelは複数のローカル環境を1つのウィンドウで管理できる

これまで使ってきたローカル環境作成ツールのInstant WordPress、Bitnami、MAMPでは、インストールしたツール1つに対して1つのローカル環境しか作成できませんでした。

僕はこれまで、「Wordpressテーマ開発はInstant WordPress」、「仕事の制作用にはBitnami」、「サイトカスタマイズ用にはMAMP」といったように使い分けて利用していました。

もちろん、必要な操作さえ行えば、1つのローカル環境でも複数の開発環境として利用することは可能です。けれど、設定をイチイチ変更するのが面倒くさいんですよね。

その点、Local by Flywheelの場合、1つのウィンドウ内で、様々な設定の開発環境を何個も作って統合的に管理できます。

以下のようにして、新たなローカル環境を、何個でも作成することが可能です。

追加ボタンを押せば何個でも開発環境を作成可能

これのおかげで、何個も「ローカル環境ツール」を動作させる必要がなくなりました。

作成する環境をある程度自由に選べる

そしてありがたいのが、作成するローカル環境の状態をある程度自由に変更できるというところです。

主に以下のような環境を選ぶことが可能です。

  • PHPのバージョンを指定
  • サーバーソフトをApacheとnginxから選べる
  • MySQLのバージョンも選択可能

作成する開発環境を自由に選択できる

これのおかげで、例えば「最新のPHP7環境でエラーメッセージが出た」なんて不具合報告があった場合でも、同様のPHPバージョンの環境を作成し、すぐに対応することが可能です。

あと、nginx環境を手軽に利用できるというのも非常にありがたい。

これまで、Windows使える「GUI型ローカル環境作成ツール」でnginxが使えるものは、無かったような気がするので。

ただ、僕の環境で試した限りは、サーバーにApacheを選択した場合でも、どういうわけかレスポンスヘッダーにnginxと表示されてしまいます。Apacheを選択してもレスポンスヘッダーにnginxと表示されてしまう
いくつかのApache環境を作成して試しましたが、全てnginxと表示されます。これが、不具合なのか何なのかは不明。

後から環境の変更も可能

また、ローカル環境作成後も、PHPバージョンと、サーバーソフトなら自由に変更可能です。

後から環境の変更も可能

これも環境ごとの不具合対応なんかにも非常に便利かと思います。

また、メニュー操作1つでクローン環境の作成も行えるので、「現在の環境とはちょっと設定を変えたテスト環境作りたい」なんて時にも異常に重宝するかと思います。

Local by Flywheelでクローン環境の作成

エラーメッセージも見やすくデバッグもしやすい

あと、Local by Flywheelは、エラーメッセージも以下のように非常に見やすいです。

nginxのエラーメッセージ

その他にも例えば、以下のようなコードでPHPのvar_dumpしたとしたら、

デフォルトの状態で、こんな感じに綺麗に整形して出力してくれるのも嬉しいです。

nginxでのvar_dump

とても見やすいです。おまけに、出力場所も提示してくれます。

ちなみに、これまでのローカル環境作成ツールだと、こんな感じの出力でした。

通常のvar_dumo出力

これだと、改行がないので見にくいですし、出力された中にタグが含まれていたりすると、表示されなかったりするんですよね。

これまでは、var_dump前に、以下のようなことをしていたのですが、こういったことも不要になります。

PHP開発をしていてバグがあった時に変数の中身を確認したいなんて時があります。 そんなときは、var_dump関数を用いて、変...
これまでnginxを使ったことがなかったので、最初は「nginxではこういう出力なのか」と思いました。けれど、最近エックスサーバー環境がnginxになったので、エラーを出力させてみたけど、同様の表示にはなりませんでした。おそらく、Local by Flywheel特有の出力と思います。多分。

動作がサクサク

あと、Windows上でローカルサーバーを利用している方なら、感じている方もおられると思うんですけど、Windowsで動かすサーバーの動きって、かなりモッサリなんですよね。

その点、Local by Flywheelの場合は、仮想環境構築ツールのDockerVirtualBoxで仮想マシン(Linux)を作成した上で動作をしているせいか、キビキビとページ遷移してくれます。

体感的には「Windows上に直接インストールしたローカルサーバー」より、平均で1.7倍くらいは早く感じます。

1.7倍というのはあくまで、個人的な体感ではありますが、「Local by Flywheelを利用して仮想マシン上に作成されたローカル環境」の方が、「Windows上で動作させてる環境」よりも、確実に軽快な動作をすると思います。

これの何がありがたいかというと、「制作したものの動作確認をする時間を短縮できる」ということです。

WordPressテーマなどをカスタマイズして、動作確認をするときって、設定を変更したり、いろんなページの表示を確認したり、結構ブラウザ上でページ遷移を行っていると思います。

この、ページ遷移を行う1回1回の時間を短縮できることで、気持ちよく動作確認できるというのは大きいです。

Windows上でWordpress開発を行う上で、Local by Flywheelを利用した際、この「動作が軽快」というのが一番嬉しいかもしれません。

まとめ

こんな感じで、Local by Flywheelは、非常に使いやすい「Wordpressローカル環境作成ツール」となっています。

良いところばかり紹介してきましたが、悪いところといっても、今のところ以下のことくらいしかないです。

  • 様々なソフトを利用しているのでインストールに多少時間がかかる
  • 環境作成前にPHPやWordpressをダウンロードするので環境作成に多少時間がかかる(常に新しい環境を取得できるので利点でもある)

上記のように、設定などに多少時間がかかる程度で、インストールや、ローカル環境構築は視覚的に操作していけば、非常に簡単にできるようになっているとは思います。

詳しいインストール方法や、利用方法はこちら。

先日、Wordpressローカル環境のLocal by Flywheelを使ってみました。 そしたら、余りにも使い勝手のが良い...

とりあえず、これを無料で利用できるというのはありがたすぎます。

参考 Local by Flywheel

『WordPressローカル環境「Local by Flywheel」が有能ツールだったので良いとこ言いたい』へのコメント

  1. 名前:ケイタ 投稿日:2017/09/24(日) 12:04:03 ID:add6529b8

    PHPとMySQLバージョン、WebサーバーをApache or Nginxから選択できるのは優れものですね。
    今XAMPP使ってるけど重いかつ何かと面倒なので、乗り換えようと思います。

  2. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2017/09/25(月) 12:21:50 ID:bfd1e4198

    Apacheとしてちゃんと動作しているのかは、謎な部分も残るのですが、いずれのサーバーに設定したとしても、かなり動作が早くなるので、本当良いツールでした。
    もっと前から使用していたかったです^^;