【PA-API v5版】WordPressでAmazon商品リンクショートコードを実装する方法

PA-APIv5版Amazon商品リンク機能

以前、PA-APIv4を利用したAmazon商品リンクの実装方法は書きました。

けれどPA-APIv4は、2019年11月30日をもって利用できなくなるとAmazonアソシエイトからのアナウンスがありました。

【2019/09/09: PA-API v5移行のご案内】 PA-API 新しいバージョン(PA-API v5)についてお知らせいたします。 現在PA-APIをご利用の方で引き続きのご利用をご希望の場合、移行手続きが必要になります。 PA-API v5への移行を2019年11月30日までに実施しなかった場合、現在のPA-APIはご利用をいただけなくなります。

今後は、PA-APIのバージョン5たるPA-APIv5を利用する必要があります。

ということで以下では、「WordPressでPA-APIv5を利用してAmazon商品リンクショートコード機能を実装するテーマカスタマイズ方法」を紹介したいと思います。

こんな感じのAmazon商品リンクを作成できます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

主な手順

実装するのに必要な主な手順はこちら。

  1. functions.phpにコードを追記
  2. style.cssにスタイルを追記
  3. 各種IDを取得し入力

基本的にコードを2回ほどコピペしてあとは、APIの認証IDや、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングのIDを書き加えるだけです。

以前、PA-APIv4のカスタマイズを行っている場合は、その部分の「PHPコード」は削除しておいてください。「CSSコード」は流用可。

functions.phpにコードを追記

まずはテーマ(子テーマ)のfunctions.phpに追記する形で以下のコードを書き加えます。

コードが長すぎるので、詳しくは説明しません。

一応、PA-APIの制限対策用に、一度商品リンクを作成したら、90日間キャッシュ保存されるようになっています(エラーの場合は3日間)。

そして、2回目以降はキャッシュが呼び出され、PA-APIの制限をなるべく回避するようにしてあります。

こちらのAPIの利用コードは、以下の「PA-APIv5スクラッチパッド」が出力するものを利用させていただきました。

参考 Product Advertising API 5.0 Scratchpad

style.cssにスタイルを追記

子テーマのstyle.cssに追記する形で以下のCSSコードを貼り付けます。

これは、PA-APIv4のカスタマイズと全く同じものなので、前回カスタマイズされた方は、そのまま流用で問題ないかと思います。

Font Awesome4適用下で、コメント部分をコメントアウトすると、商品紹介ボックス右下にAmazonアイコンが表示されます(※Font Awesome5には対応していません)。

商品ボックス右下にAmazonアイコン表示

Font Awesomeを使用していないテーマの場合、もしくはアイコンを表示させたくない場合は、そのままにしておいてください。

各種IDを取得し入力

最後に、functions.phpに追加したコード部分に、APIのIDや、AmazonトラッキングID、楽天アフィリエイトID、バリューコマース(Yahoo!ショッピング)のsid・pidを入力してください。

PA-APIの「アクセスキー」と「シークレットキー」の入手方法は、以下を参照してください。

Amazon商品紹介リンク用の認証機能を取得&登録方法です。Amazonアソシエイトからアクセスキーとシークレットキーを作成登録する方法です。

Amazonアソシエイトの「トラッキングID」を取得するには、以下を参照してください。

AmazonアソシエイトからトラッキングIDを取得して、Cocoonの商品紹介リンクで利用するために設定する方法です。

「楽天アフィリエイトID」を取得するには、以下を参照してください。

楽天ウェブサービスからアフィリエイトIDを取得して設定登録する方法です。

バリューコマースからYahoo!ショッピングの「sid」と「pid」を取得するには、以下を参照してください。

バリューコマースでYahoo!ショッピングと提携しsidとpidを取得し設定登録する方法です。

Amazonアソシエイトに登録されていないサイトで利用すると、規約違反になる恐れがあるので、事前に必ず登録申請を行ってください。

先日新しくこのブログを作ったので、Amazonアソシエイトにサイト登録をしました。 ただその時、やり方につまずいたので書いてお...

使い方と動作確認

何点か商品リンクを作成してみます。

基本的に、asinオプションにAmazonのASINを指定すればOKです(書籍以外)。

ASINとはAmazonの商品IDのことです。紙媒体の書籍の場合はISBNになります。

ダイソン掃除機

紙の書籍

紙の書籍の場合はISBNで(ISBN-10)。

Kindle書籍

Kindle書籍の場合は、ASINで。

ボタンが不要な場合

個々のボタンの表示を切り替えるならこんな感じ。

1が表示、0が非表示です。
全ての検索ボタンを非表示にするのであれば、kwオプションを無くすか、未入力にしてください。※kwオプションを無くした場合は、コンパクト表示になる仕様になっています。

詳しい使い方

ASIN、ISBN等の取得方法や、詳しい使い方は以下を参照してください。

Cocoonの「Amazon商品リンクタグ作成ショートコード」機能の使い方を詳しく解説しています。

こちらのブックマークレットを使用するとクリック一発でショートコードを作成することもできます。

Amazon商品リンクショートコードを手軽に作成するための「Amazonリンク作成ブックマークレット」の登録方法と、使い方の解説です。

また、実用で使うのであれば、正しくトラッキングIDが設定されているか以下の方法で確認しておくことをおすすめします。

Amazon商品リンクのアソシエイトリンクの有効性を確認する方法です。

注意点

当記事のコードは、なるべく簡潔に書いたサンプルコードです。

ですので、どんな環境でも確実に動作するということは、保証はできません。

また、他にも考えられる注意点を列挙しておきます。

  • PA-APIには、リクエスト制限があります。制限が厳しい状態になっている場合はなかなか商品リンクが表示されない可能性があります。そういう場合は時間をおいてブラウザでリロードすればいずれ読み込まれます。制限について詳しくはリンク先をご確認ください。
  • 当カスタマイズコードを含む、PA-APIを利用したソフト等を有償販売する場合はPA-APIライセンス違反になると思うのでご注意ください。
  • 当記事で紹介されているコードはサンプルコードです。利用することにより不利益が起こったとしても当サイトは責任を負いません
  • Cocoonのようなキャッシュの削除機能はありません。基本的に時間を置けばキャッシュは削除されます。キャッシュの削除方法機能実装の質問には、お答えできかねるのでご了承ください。
  • キャッシュ期間が長いためデフォルトでは値段は表示させてません
  • PA-APIv4版と一部仕様が違います
  • Cocoon版とも一部仕様が違います

あくまで利用は自己責任でお願いします。

このコードについてのサポートはできませんのであらかじめご了承ください。あくまでサンプルコードなので、起こり得るトラブルについて自前で解決できる方のご利用をおすすめします。

ちなみに、Amazonアソシエイト管理画面の「リンクタイプレポート」では現時点(2019年11月)では、PA-APIv5の売上は、空白でカテゴライズされています。

PA-APIv5のリンクタイプレポート

上記のように「リンクタイプ」名はありませんが、一応PA-APIからの売上にはなっていると思われます。

なので、このような「リンクタイプ名のない売り上げ」があればAPI使用回数制限解除の役割は果たしているかと思います。

まとめ

ということで、以前PA-APIv4版のカスタマイズを行っていた方でも、今回のカスタマイズを行うことで2019年12月以降もPA-APIを利用できるかと思います。

当サイトも、この記事を書く1ヶ月前からPA-APIv5版で動作テストを行っておりましたが、特に問題なく動作はしているようです。

ただし、サーバー環境によって動作しない場合もあるかもしれないので、詳しくは以下の注意点を参照してください。

Amazonの商品取得APIがPA-API v4からPA-API v5に変わることによる注意点の説明です。

それでも動作しない場合は、詳しいサポートまではできかねるので、プロに依頼いただくかプラグインの利用を検討していただけると幸いです。

参考 Amazon.co.jp Product Advertising APIライセンス契約

参考 Product Advertising API (PA-API) の利用ガイドライン