WordPress標準のサイトマップで著者アーカイブページを除外する方法【v5.5以降】

WordPress5.5から標準機能でサイトマップが利用できるようになりました。

WordPress標準のサイトマップ機能

以下のURLにアクセスすれば標準でXMLサイトマップが出力されます。

https://ドメイン/wp-sitemap.xml

パーマリンクが「基本」の場合はこちら。

https://ドメイン/index.php?sitemap=index

前回、「全てのカテゴリー・タグページ」をサイトマップから除外する方法を書きました。

WordPress5.5から標準機能でサイトマップが利用できるようになりました。以下のURLにアクセスすれば標準でX...

ただ、標準のサイトマップには著書アーカイブも出力されています。

なので「著者一覧ページサイトマップから除外したい」という場合もあるかと思います。

そういうケース用の書き方もあるみたいなので追加で記しておこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

主な手順

カテゴリー・タグページをWordPress標準のサイトマップから除外するための主な手順はこちら。

  1. functions.phpなどにコードをコピペ

今回はコードを単にコピー&ペーストするだけなので非常に簡単です。

functions.phpなどにコードをコピペ

著者アーカイブページ変更用としては、wp_sitemaps_add_providerフィルターフックが便利そうです。

「1人運営なんだから著者は出力しなくていいや」という人向けかなと。

ただ、出力したとしても全く問題はないと思います。

参考 New XML Sitemaps Functionality in WordPress 5.5 – Make WordPress Core

参考 XMLサイトマップのnoindex対応

まとめ

今回フォーラムで教えてもらったコードで、より手軽なサイトマップの出力操作方法を知ることができました。

これやったからといってSEO的な効果はほぼほぼないとは思うのですが、「サイトマップに著者ページは必要ない」なんて場合の対応用メモです。