Amazonプライムの損益分岐点。年会費を払うメリットがあるラインを探る。

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

最近、アマゾンで買い物をすると、もの凄く心苦しく感じていました。

と言うのも、最近我が家は不在がちで、なかなか荷物を受け取れず毎回、再配達になってしまうからです。

そこで先日、「このままではあまりにも配達員さんに申し訳ない」ということで日時指定便を利用して家にいるときに届けてもらうようにしました。そして、日時指定便を何度も無料で利用するためAmazonプライムにも入りました。

その後、Amazonプライムを利用しているうちに、特典の多さに気づき「何これ!これは逆に会員になっていない方が損なんじゃないか!?」とまで思うようになりました。

そう思うのも当然で、Amazonプライムは、その特典の豊富さから年会費3900円の元を非常に取りやすい会員サービスだったからです。というかむしろ、元を取らない方が難しいと言ったほうがいいかも。

ということで以下では、その根拠となる損益分岐点を計算したので紹介したいと思います。

photo by Mike Seyfang

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Amazonプライムとは

Amazonプライム

Amazonプライムを簡単に説明すると、Amazon利用がより便利になる様々な特典を年額3900円(月額325円)で受けることができる会費制サービスです。

Amazonプライムに加入すると以下のような「お得な特典」を受けることができます。

  1. お急ぎ便(早めに商品が届く)が何度でも無料
  2. 日時指定便(日にちと時間を指定して届けてもらう)が何度でも無料
  3. 2000円未満の発送は送料350円のところが無料
  4. プライム・ビデオにある映画やアニメが見放題
  5. プライム・ミュージックにある100万曲以上の楽曲や音楽が聴き放題
  6. プライムラジオでジャンル別に好きな音楽をかけ放題
  7. Kindle端末所持者なら毎月1冊オーナーライブラリーの中から無料で読める
  8. Amazonファミリーでおむつとおしりふきがいつでも15%OFF
  9. 会員のみタイムセールに30分前から優先的に参加できる
  10. フル画像を保存できるプライム・フォトを無制限使用
  11. Amazonカード(クラシック)のポイント還元率が1.5%から2%に増加

細かなものを合わせれば、この他にもありますが、メインの特典といえば上記のようになります。

これはかなりの特典です。

で、僕は思いました。「Amazonプライムの得点をどのくらい使い倒せば年額3900円を回収できるのか?」と。

ということで、以下では、それぞれの特典をどれだけ使えば、投資金額の年額3900円の元を取れるか損益分岐点を、それぞれの特典別にまとめてみました。

損益分岐点とは、損失が出るか利益が出るかの分かれ目となる売上高や販売数量のこと。ただし今回は、Amazonプライム会員年会費の元が取れる採算点ということにします。

お急ぎ便


photo by: Ricecracker.

「お急ぎ便」は、日本全国(沖縄および一部離島を除く)を対象に、いち早く商品を届ける配送方法です。

今回この配達特典をどのくらい利用すれば、年会費を回収できるかを計算してみました。

こちらの「お急ぎ便」は、以下のような、Amazonプライムマークがついているもののみが対象となります。
Amazonプライムマーク
ある程度の、人気商品であれば大抵このマークが付いていて「お急ぎ便」の対象になると思います。

通常のお急ぎ便


photo by FaceMePLS

お急ぎ便は、Amazonプライム会員でない場合は、1回360円(税込)かかります。

年会費が3900円なので、損益分岐点は以下になります。

  • 「お急ぎ便」を1年に  9回利用=3240円(-660円
  • 「お急ぎ便」を1年に10回利用=3600円(-300円
  • ————損益分岐点(11回以上利用)————
  • 「お急ぎ便」を1年に11回利用=3960円(+60円
  • 「お急ぎ便」を1年に12回利用=4320円(+420円

というわけで、1年に「お急ぎ便」を11回以上利用するだけで、年会費は回収することができます。だいたい月に1回、お急ぎ便を利用すれば、余裕で回収できる金額です。

もちろん、30回、40回、50回と利用すればするほど、お得感は増えます。試しに、50回利用したとすると、1万4000円くらいお得になります。

僕は、Amazonで去年76件以上の注文をしていたので、余裕で3900円は回収できそうです。

2014年に確定された76件の注文

「お急ぎ便」を利用するには、「注文の確認」画面で「お急ぎ便 無料」を選択してください。

お急ぎ便 無料

当日お急ぎ便


photo by www.chrisbirds.com

「当日お急ぎ便」は、Amazon倉庫から近く24時間以内に届けられる場合に利用できます。

「当日お急ぎ便」を利用できる場合は、以下のようなメッセージが表示されます。

2015-12-09_12h43_00

新しい商品のを予約して、すぐに利用したいときなどに便利です。

予約お急ぎ便

「当日お急ぎ便」は、Amazonプライム会員でない場合は、1回につき514円(税込)となっています。

ということで、「当日お急ぎ便」の損益分岐点は以下になります。

  • 「当日お急ぎ便」を1年に6回利用=3084円(-826円
  • 「当日お急ぎ便」を1年に7回利用=3598円(-302円
  • ————損益分岐点(8回以上利用)————
  • 「当日お急ぎ便」を1年に8回利用=4112円(+212円
  • 「当日お急ぎ便」を1年に9回利用=4626円(+726円

「当日お急ぎ便」は、住んでいる地域と、注文するタイミングで利用できるかが変わってきますが、利用できる場合は、1年に8回プライム商品を配達してもらうだけで、年会費の元は取れてしまいます。

Amazonで商品を注文するとき、以下のようなメッセージをよく見かける場合は、積極的にAmazonプライムを利用すると回収は早いと思います。

Amazonでお急ぎ便または当日お急ぎ便が利用できるメッセージ

Amazonプライムのお急ぎ便の詳細については以下を参照してください。

参考 Amazon.co.jp ヘルプ: お急ぎ便について

お届け日時指定便

「お届け日時指定便」は、定の日時に商品をお届けする配送方法です。

「お届け日時指定便」の配達特典も「お急ぎ便」と基本的に値段は同じです。

こちらの「お届け日時指定便」も、以下のような、Amazonプライムマークがついているもののみが対象となります。
Amazonプライムマーク

お届け日時指定便

「お届け日時指定便」は、Amazonプライム会員でない場合は、1回360円(税込)かかります。

「お急ぎ便」と併せて利用することも出来るので、急いでいて、日時指定もしたいときは「お届け日時指定便」の利用をがお勧めです。

「お届け日時指定便」の損益分岐点は以下になります。

  • 「お届け日時指定便」を1年に  9回利用=3240円(-660円
  • 「お届け日時指定便」を1年に10回利用=3600円(-300円
  • ————損益分岐点(11回以上利用)————
  • 「お届け日時指定便」を1年に11回利用=3960円(+60円
  • 「お届け日時指定便」を1年に12回利用=4320円(+420円)

というわけで「お急ぎ便」と同様に、1年に「お届け日時指定便」を11回以上利用するだけで、年会費は回収することができます。こちらも、月に1回利用すれば元を取ることができます。

「お届け日時指定便」を利用するには、「注文の確認」で「お届け日時指定便 無料」を選択して「配達時間を変更」ボタンから配達日時を指定してください。

お届け日時指定便 無料

「お届け日時の選択」ダイアログが以下のように表示されるので、届けてもらいたい日時を指定します。

2015-12-09_16h58_05

お届け日時指定便(当日配送)

「お届け日時指定便」を当日配送する場合、Amazonプライム会員でない場合は、1回につき514円(税込)となっています。

ということで、「お届け日時指定便(当日配送)」の損益分岐点は以下になります。

  • 「日時指定便(当日配送)」を1年に6回利用=3084円(-816円
  • 「日時指定便(当日配送)」を1年に7回利用=3598円(-302円
  • ————損益分岐点(8回以上利用)————
  • 「日時指定便(当日配送)」を1年に8回利用=4112円(+212円
  • 「日時指定便(当日配送)」を1年に9回利用=4626円(+726円

「お届け日時指定便(当日配送)」なら1年に8回利用するだけで年会費の元が取れます。

「当日お急ぎ便」が選択できる環境なら、「お届け日時指定便(当日配送)」も利用できます。積極的に使用していけば、すぐに年会費は回収できるでしょう。

Amazonでお急ぎ便または当日お急ぎ便が利用できるメッセージ

Amazonプライムの「お届け日時指定便」に関する詳細は、以下を参照してください。

参考 Amazon.co.jp ヘルプ: お届け日時指定便について

2000円未満の発送でも送料が無料


photo by Tiendq

2016年4月から2000円未満の発送は、配送料として350円がかかるようになりました。

Amazon.co.jpが発送する商品のご注文金額が2,000円(税込)以上の場合は通常配送料は無料ですが、満たない場合には配送料として350円がかかります。

これまでは、Amazonの発送する大抵の商品ならば、値段がかなり安い商品でも、無料で配達してくれました。けれども、これからはほぼ全商品(書籍とAmazonギフト券以外)は、2000円以上購入しないと350円の送料がかかるようになりました。

様々な物価の値上がりでしょうがない部分もあるかもしれません。しかし、これは痛いです。

けれど、Amazonプライムにさえ加入していれば、多くの商品※はこれまで通り、2000円未満でも無料で配送してくれます。

例えば僕の場合、ペーパータオルがなくなったら、500円ぐらいのペーパータオルを単品で注文することがよくあります。

Amazonでペーパータオルを買う

これが、2016年4月以降はAmazonプライムに入っていないと、4つ以上購入するか、他のものとあわせ買いをしないと、350円の送料がかかってしまいます。

けれど、僕の場合は、Amazonプライムに入っているので「2000円未満の発送」でも無料で配達してもらえます。

Amazonプライムに加入していると、2000円未満でも送料無料

これで、わざわざ2000円以上になるように、やりくりして購入する必要がないので余計なことに頭を煩わせる必要がありません。

ということで、「2000円未満の発送」を利用した場合の損益分岐点は以下になります。

  • 「2000円未満の発送」を1年に10回利用=3500円(-400円
  • 「2000円未満の発送」を1年に11回利用=3850円(-50円
  • ————損益分岐点(12回以上利用)————
  • 「2000円未満の発送」を1年に12回利用=4200円(+300円
  • 「2000円未満の発送」を1年に13回利用=4550円(+650円

というわけで「2000円未満の発送」を1年に12回するだけで、元は取れます。

僕は去年、「2000円未満の発送」を24回注文しています。例えば今年度以降、僕が同量の注文をしたとすれば、年に4500円も得をすることになります。

正直、Amazonプライムに、この特典が出来たおかげで、プライムに加入している意義が大幅に上がったと思います。反面、無料会員にはたまったものではないですが。

書籍や、Amazonギフト券は無料会員でも送料は無料です。プライム会員でも、「Amazonが発送する商品以外」や「合わせ買い対象商品」の場合は、送料がかかります。

プライム・ビデオ見放題

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムの会員だと、Amazonプライム・ビデオにある映画やドラマ、アニメが見放題になります。

Amazonプライムに登録しているだけで、「プライム・ビデオ」内の日本映画やAmazonプライム日本映画

日本のドラマ、

Amazonプライム日本のテレビドラマ

アニメ、

Amazonプライムビデオのアニメ

海外映画、Amazonプライムビデオの海外映画

海外ドラマを、どれだけ見ても無料の見放題になります。Amazonプライムビデオの海外ドラマ

「プライム・ビデオ」は、Amazonにあるすべての映像作品を見ることはできず、視聴可能な作品はある程度限定されています。

けれども、見ようと思ったら、とても全部は見切れないですし、名作もかなり含まれているので、暇な年末や長期休暇にはもってこいだと思います。海外ドラマとかがかなり充実しています。

映画を見るなら

Amazonプライムに入会していない場合、プライム・ビデオで通常の日本・海外映画を見ようと思ったら、HD高画質でだいたい400円~540円します。

例えば「値段が安めの400円の映画ばかりを見た」派としても、総益分岐点は以下のようになります。

  • プライムビデオで映画を9回視聴=3200円(-700円
  • プライムビデオで映画を9回視聴=3600円(-300円
  • ————損益分岐点(10作品以上視聴)————
  • プライムビデオで映画を10回視聴=4000円(+100円
  • プライムビデオで映画を11回視聴=4400円(+500円

とりあえず、映画なら1年に10本以上を見るだけで、単純計算で年会費3900円を回収できる計算になります。

ひと月に映画を一本見れば、余裕で元が取れると思います。

アニメを見るなら

Amazonプライムに入会していない場合、プライム・ビデオで通常のアニメを見ようと思ったら、HD高画質で30分番組1話あたり、216円します。(短いアニメは時間に比例して安くなります)

  • プライムビデオでアニメを17話視聴=3672円(-228円
  • プライムビデオでアニメを18話視聴=3888円(-12円
  • ————損益分岐点(19話以上視聴)————
  • プライムビデオでアニメを19回視聴=4104円(+204円
  • プライムビデオでアニメを20回視聴=4320円(+420円

30分アニメなら1年に19話以上視聴すれば、見れば見るほど得になります。

とりあえず、ワンクール30分アニメなら2作品視聴すれば3900円の元は余裕で取れるかと思います。

日本ドラマを見るなら

Amazonプライムに入会していない場合、プライム・ビデオで通常の日本ドラマを見ようと思ったら、1時間ドラマ1話当たりHD高画質324円します。

日本の1時間ドラマばかりを視聴した場合、単純計算で損益分岐点は以下になります。

  • プライムビデオでドラマを11話視聴=3564円(-336円
  • プライムビデオでドラマを12話視聴=3888円(-12円
  • ————損益分岐点(13話以上視聴)————
  • プライムビデオでドラマを13回視聴=4212円(+312円
  • プライムビデオでドラマを14回視聴=4536円(+636円

ドラマなら1年にワンクール(13話)見るだけで、ほぼ年会費の元は取れます。

海外ドラマを見るなら

Amazonプライムに入会していない場合、プライム・ビデオで海外ドラマを見ようと思ったら、1時間ドラマ1話当たりHD高画質で100円~450円します。

一番安い100円のドラマばかりを見た場合、損益分岐点は以下のようになります。

  • プライムビデオで海外ドラマを38話視聴=3800円(-100円
  • プライムビデオで海外ドラマを39話視聴=3900円(0円)
  • ————損益分岐点(40話以上視聴)————
  • プライムビデオで海外ドラマを40回視聴=4000円(+100円
  • プライムビデオで海外ドラマを41回視聴=4100円(+200円

海外ドラマの場合、一話あたりかなり安いので、かなりの数をこなす必要はあります。

海外ドラマは、1シーズンあたりだいたい20数話なので、1年でだいたい2シーズンほど見れば、元を取れる計算になります。

ただ海外ドラマの場合、シリーズあたり、第3、第4シーズンと続くものはザラなので、シリーズを見始めたら、止まらなくなって、元は取れているパターンになるかと思います。

そして、第5シーズンぐらいになったら、飽きてきてやめるパターン。

プライム・ビデオでしか見れない独自番組も

HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル

その他にも、松本人志のAmazonオリジナル番組「ドキュメンタル」のような、独自配信コンテンツにも力を入れてきています。

ドキュメンタル」は面白いとかなりの話題作になっており、レビューなどでの評価も高いです。僕も見ましたが、ジャンルとしては「無駄なものをそぎ落とした笑ってはいけない系」となっており、自分もなぜか笑いをこらえつつニヤニヤしながら見てしまいました。

こうしたプライムオリジナルコンテンツは、他の動画サイトや、当然地上波などでも見ることはできません。ですのでプライム・ビデオでしか見ることができません。

プライムビデオ詳細は以下。

Amazonプライム・ビデオで年会費の元が取れるラインを探る!何本ビデオを見れば良いのか?
先日、Amazonプライムに加入しました。 僕の当初の加入の目的は、荷物が早く届く「お急ぎ便」と、届く時間を指定できる「日時指定便」で...

公式 Amazonプライム・ビデオを無料体験してみる

プライム・ミュージックで音楽聴き放題

nonprime_1000x150._CB312103604_

Amazon Prime Musicでは、Amazonプライム会員は、100万曲以上の楽曲と、数百のプレイリストが聴き放題になります。

AmazonのMP3ストアの1曲あたりの音楽は、だいたい100円~270円くらいの価格帯です。その中では、ポップスなら1曲あたり250円が大体の主流ではないかと思います。

その、250円の曲ばかり聴いた場合、総益分岐点は以下のようになります。

  • プライムミュージックでポップスを16曲聴く=3500円(-400円
  • プライムミュージックでポップスを15曲聴く=3750円(-150円
  • ————損益分岐点(16曲以上聞く)————
  • プライムミュージックでポップスを16曲聴く=4000円(+100円
  • プライムミュージックでポップスを17曲聴く=4250円(+350円

1曲聴くのを購入したと仮定して、1年にたった16曲聴くだけで、余裕でコストを回収できます。

あくまで、曲を聴いたのを購入したと仮定した場合です。普通はそんなもったいない利用の仕方はしないかと思いますが。

例えば、全50曲、3 時間45分分のプレイリストである「J-POP ヒッツ」を一通り聴いたならば、全曲で12080円となり、余裕で3900円を超えます。

Jポップヒッツプレイリスト

例えば、電車などで1時間ほど、プレイリストを聴き続ければ、年会費1年分の元は取れてしまいます。

そして、毎日通勤や通学の時間に、新たな音楽を聴き続ければ、10万円分くらいの、音楽を購入して聴いたのと変わらないパフォーマンスを出すのも余裕でしょう。(新曲を1曲聞いたら、購入したと仮定した場合)

この、プライム・ミュージックは、一番手軽に利用できるので、最もパフォーマンスを出せて、お得感があります。

公式 Amazon Prime Musicを無料体験してみる

プライムラジオサービスも開始

プライム・ミュージックでは、プライムラジオという、ジャンル別に好きな音楽をエンドレスでかけ放題にするサービスも始まりました。お気に入り曲などを選択していけば、どんどん自分好みの楽曲が流れるようになります。

作業用BGMに最適!Amazonプライムラジオの使い方。聴けば聴くほど好みの選曲に。
デスクワークを行っているとき、BGMを流すと作業がはかどるなんて人も多いかと思います。 僕も、根を詰めて作業をしているときは、気晴らし...

Kindle端末から電子書籍を無料で読む

Kindle端末を所持していれば、Kindleオーナー ライブラリー 対象タイトルの中から、毎月1冊無料で電子書籍を読むことができます。

オーナーライブラリーの中には、1000円以上する方も多く、中には2000円以上する本もあるので、結構太っ腹です。

ランチェスター思考

1000以上の本を毎月1冊、無料で読んでいけば4ヶ月で元が取れる計算になります。

Kindle端末を持っていない場合は、最も安い端末だと8980円で購入できます。しかも会員の場合は、Kindle対象商品の端末が4000円OFFになるという特典まであります。そうすると、以下の端末は4980円で購入することができます。

ついに!マンガが読みやすいマンガ用モデルか発売されました!当然4000円割引可能。

Kindle端末の購入を考えている場合は、端末も安くなるし、月に1冊本を無料で読むこともできて、この制度を使わない手はないと思います。

PCや、スマホ、タブレット端末のアプリからでは、オーナーライブラリーの利用はできないので注意が必要です。Kindle端末からの利用である必要があります。

公式 Kindleオーナー ライブラリー 対象タイトルはこちら

公式 Kindle割引対象端末はこちら

その他の特典

その他にも、Amazonプライムでは、以下のような特典まであります。

こちらは、総益分岐点の計算はしづらいですが、Amazonプライムならではの特典です。

特に、家族会員登録するだけで、家族3人まで配達時に「お急ぎ便」「日時指定便」が利用できるということで、より年会費3900円の元が取りやすくなります。

まとめ

今回、かなり単純計算ではありますが、Amazonプライム各特典の損益分岐点を簡単に計算してみました。

結果、普通に利用していれば「Amazonプライムの年会費3900円」の元は余裕で取れるであろうことがわかりました。

この記事では単純に説明するために、各特典ごとに損益分岐点を求めましたが、「お急ぎ便」、「お届け日時指定便」、「プライム・ビデオ」、「プライム・ミュージック」、「Kindleオーナーライブラリー」を合わせて利用すれば、さらに余裕で年会費以上のパフォーマンスを得ることができるかと思います。

というか、普通にAmazonプライムを利用していれば元を取れない方が難しいのではないかとマジで思います。なにせ、1日当たり約11円利用すればいいだけですからね。映画を1本見るだけでも400円。普通に使っていれば、余裕で消化できると思います。

加えて、Amazonプライムの最初の1ヶ月は無料で利用出来てしまいます。僕も最初、無料体験登録をしてみたら、年会費は余裕で回収出来そうだったので、そのまま継続利用してしまったクチです。

もしお試し中、「自分には必要ないな」と思えば解約手順も数クリックと、2分で終わる簡単さですので、気軽に試してみることをおすすめします。

Amazonプライムの無料体験方法

というわけで僕は、今後よほどのサービス改悪がない限りは、プライム会員を継続し続けると思います。ここまで1年以上使用してきて、正直お得感しかありません。

30日間の無料体験はこちら。

公式 Amazonプライムの無料体験はこちら

学生の場合はAmazon Studentに登録しておいた方が断然お得です。何せ、年会費はプライムの半額ですし、無料期間も6ヶ月と長いです。高校生は登録できませんが、なんと高専生なら15歳からでも利用できます(サポートに確認済み)。大人でも、放送大学生ならOKです。

『Amazonプライムの損益分岐点。年会費を払うメリットがあるラインを探る。』へのコメント

  1. 名前:nyandan 投稿日:2015/12/23(水) 07:40:03 ID:4c4901876

    うちはAmazonプライムを使ってるのですが、単純に定期的に頼むもの(実家宛にウサギとネコのエサを毎月)があるため、送料を考えたら迷いはありませんでした。

    ただ、そのせいで他のものもついAmazonを利用するようになったので、Amazonの思う壺にはまってはいますが、個人的には便利なのでここ数年、継続利用はしています。

    しかし、この記事を読むとこんなに利用してないサービスがあったとは知りませんでしたから、ちょっと勿体無かったかもしれません(^ ^)

    それと宅配の時間のことですが、確かにロスは多いと思いますよね。

    うちの実家については宅配のドライバーさんにお願いして、不在時には自宅の倉庫の一部を宅配ボックスのような感じで配達物(エサについては)を置いてもらうようにしたら結構便利になりました。

    それと、宅配物は以前なら電話連絡があってから配達されてた気がしますが、最近は何も連絡なく持ってくるようになった気がします。

    色々と問題があったからかも知れませんが、個人的には配達前に連絡があった時の方が助かりましたけどね。

  2. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2015/12/23(水) 12:33:02 ID:58e70f852

    僕も、完全にAmazonの思うつぼにはまってしまっているのかもしれません^^;
    僕の場合、結構田舎に住んでいるので、1日早くしかも時間指定して荷物が届けてもらえるだけで、もの凄くありがたいです。

    うちの実家については宅配のドライバーさんにお願いして、不在時には自宅の倉庫の一部を宅配ボックスのような感じで配達物(エサについては)を置いてもらうようにしたら結構便利になりました。

    てか、こういうのを頼んだらできるんですね。
    うちは田舎なので、盗難に遭う確率はかなり低いので、宅配ボックスみたいなものを設置して、置いてってもらうとかなり気兼ねせずに済みます。今度頼んでみようと思います。

    それと、宅配物は以前なら電話連絡があってから配達されてた気がしますが、最近は何も連絡なく持ってくるようになった気がします。

    クロネコヤマト限定になりますが、クロネコメンバーズ(無料)に入ると、お届け予定eメールというのがあって、メールでなら通知してもらえるようにできるかもしれません。電話のように配達直前とまではいかないですが。

    僕はクロネコメンバーズにも登録しています。単に荷物を受け取るだけで、ポイントがもらえたりして、あとで景品と取り替えたりすることもできるので、何だかお得感があるので。おそらく、本文中に掲載した以下の記事のポイント付与をいち早く実践しているのかなと思ったり。
    宅配便の再配達は“社会的損失” 1回目の受け取りでポイント付与など提言

  3. 名前:佐藤 美香子 投稿日:2016/06/18(土) 15:50:49 ID:f5a3b820c

    お世話になっております。はぴまりを見たくamazonプライム会員になりました、はぴまりのメイキング1が今月初めに届きましたが、その後2、3
    とあると思いますが、届いておりません。このままでは、22日の配信も来ないかと不安です、確認はとれますか?何処に連絡したらいいのか?宜しくお願い致します。

  4. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2016/06/18(土) 22:42:24 ID:1fa4ed4ed

    はぴまりのメイキング1というのは、こちらのことでしょうか。
    メイキング オブ はぴまり Vol.1
    確かに「全3回に渡って配信する」と書いてあるのですが、2、3の公開日が書いてある公式サイトなどがあるのでしょうか?
    僕自体、はぴまりというのを、今回のコメントで初めて知ったもので;

    何か、疑問点などがありましたら、以下からAmazonカスタマーサービスに問い合わせてみるのが良いかもしれません。
    Amazon.co.jp ヘルプ: お問い合わせ方法
    メール、チャット、電話などで質問することができます。
    メールでも結構すぐに返信がくると思いますし、チャット、電話だと即座に教えてもらえると思います。

  5. 名前:丹羽 幹雄 投稿日:2016/10/29(土) 19:16:00 ID:893c62b4d

    入会した記憶が無いのに,会費請求は不当。直ちに取り消して欲しい。

  6. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2016/10/29(土) 19:34:28 ID:8861aadf0

    僕はAmazonプライムの記事は書いていますが、僕自身とAmazonとは直接関係ありません。ですので、僕には解約の権限はありません。
    Amazonプライムを解約するには、以下の解約手続きを行ってください。
    Amazonプライムの解約方法

    すると、期間をすべて消化していない場合は、以下のヘルプに書かれているように返金されます。
    Amazonプライム会員登録をキャンセルする、返金を受ける

    ただ、入会していないのに入会していて全額返金を依頼したい場合は、以下のカスタマーサービスから直接アマゾンに返金申請を行ってください。
    Amazon.co.jp ヘルプ: お問い合わせ方法