ロンブー淳がお勧めしてた「生ハムのような食べる削り節」をお取り寄せ【今夜くらべてみました】

生ハムのような食べる削り節

先日、今夜くらべてみました(こんくら)で、フットボールアワーの後藤さんが「サバチップス」をおすすめしたので購入してみました。

先日、今夜くらべてみましたという番組を何気なく見ていました。 すると、フットボールアワーの後藤さんが「サバチ」という鯖のチップ...

その同番組で、ロンドンブーツ1号2号の淳さんが「生ハムのような食べる削り節」という、いかにも美味しそうな食べ物を紹介していました。

その名を聞いた瞬間、

名前からして旨そう!

と、ついついこちらも買ってしまいました。

池田屋 食べる削り節
池田屋
生ハムのような、おつまみにちょうどいい厚み
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

実際に届いたもの

実際に届いた、削り節がこちら。

食べる削り節のパッケージ

化学調味料や着色料、保存料無添加。

厚めに削られているけど、まるで生ハムのように柔らかい鰹節です。

パッケージ裏面はこんな感じ。

食べる削り節パッケージ裏面

「鹿児島県枕崎産のかつお削りを、生ハムのようにしっとり柔らかな食感に仕上げました。」と書かれています。

以下のような食べ方が推奨されています。

  • おつまみ、おやつに
  • マヨネーズをつけて
  • おにぎりの具
  • パスタ・ピザのトッピングに
  • チーズを添えてオードブルに
  • サンドイッチ、サラダに

原材料はこんな感じ。

食べる削り節の原材料

「化学調味料・着色料・保存料無添加」とパッケージに書かれているように、一切使われていません。

中身を取り出すとこんな感じです。

食べれ削り節をティッシュの上に出してみた

ほんとに結構厚めに削ってあります。

食べてみた感想

実際に食べてみた感想を一言で言うと、「柔らかくて美味しい鰹節」といった感じ。

厚めに削ってあるので「固いのかな?」と思って、一口目を食べたのですが、しっとりと柔らかかったです。

この「柔らかい鰹節」に「生ハムのような」という冠文句をつけた人は、うまいなと。

だって「生ハムのような鰹節」なんて言われると、食べたくなっちゃうじゃないですか!

ただ、本当に生ハムくらいに柔らかいかというと、そこまでではないかもしれません。

僕はこの削り節(鰹節)を食べるときは「硬い鰹節」を想定して一口目を食べました。

頭の中で「硬いもの」を想定して食べたにもかかわらず、すんなりと歯が通ったので

うわー、柔らかい!ほんとに生ハムみたい。

とさせられたというか。

これはほんと、実際に普通の鰹節よりは柔らかいのと、ネーミングの勝利もあるなと思いました。

あと、マヨネーズをつけて食べると、うまくてバクバク食ってしまいます。

柔らかい鰹節にマヨネーズでコクを加えたら、そんなの美味しいに決まっているじゃないですか!

まとめ

今回、サバチップス(サバチ)とこの削り節をお取り寄せしてみました。

先日、今夜くらべてみましたという番組を何気なく見ていました。 すると、フットボールアワーの後藤さんが「サバチ」という鯖のチップ...

「どちらが美味しかったか?」と聞かれれば、間違いなくこの削り節です。

というのもサバチの方は、魚の生臭さが、時折顔を出してしまいます。

しかし、一般的な鰹節が生臭くないように、当然ながら今回の削り節も全く生臭くはなく、鰹の旨みが凝縮している感じ。

とはいえ、前述の通り一言で言うと「柔らかくて美味しい鰹節」です。

それ以上でも、それ以下でもないです。

普通の鰹節をもう少し厚くして、それを食べたらしっとりと柔らかい鰹節を想像してみてください。

その想像通りの味がします。

大きく想像を超えるような味ではありませんでしたが、鰹節が好きな人なら美味しいのは間違いないと思います。

今回、美味しい鰹節のおつまみも食べられましたし、ネーミングの勉強にもなったしで、取り寄せた甲斐はありました。

池田屋 食べる削り節
池田屋
生ハムのような、おつまみにちょうどいい厚み