普段から日光不足なのでビタミンDサプリを飲むことにした

僕は、車椅子生活なもので、ほとんど外に出ません。

というのも、仕事自体もパソコン作業なので、外に出る理由がないというか。

ひどいときになると、「数ヶ月に1回、病院に通院するときぐらいしか太陽を浴びない」なんて生活です。

実際、あまりにも日光を浴びない生活をしていると、体調不良になる確率が上がるような気がしています。これは、ビタミンD不足によるための者でしょう。それを防ぐために、以前はたまに日光浴もしていました(15分くらいでOK)。

けれど、自分の仕事が忙しいと、車椅子で外に出るのも面倒くさいし、15分太陽を浴びている時間も惜しいというか何というか。

なので、本当は日光を1日あたり10分~15分程度浴びた方が良いのでしょうが、手軽にビタミンDを摂取するために、サプリを飲むことにしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ビタミンD不足の弊害

サプリを紹介する前に、「ビタミンD不足になると何が問題なのか?」について簡単に書いておきます。

ビタミンDの役割については、先日テレビで視聴したNHK番組ガッテンの「緊急報告!日本人の体に異変?骨・筋肉のパワーがよみがえるSP」を元に紹介です。

緊急報告!日本人の体に異変?骨・筋肉のパワーがよみがえるSP - NHK ガッテン!

ビタミンDの役割

ビタミンDは、体の機能を維持するために重要なビタミンとなっています。

主な役割は以下。

  • カルシウムの吸収促進
  • 筋肉の合成
  • 免疫細胞機能の調整

ビタミンD不足が続くと、血液中のカルシウム濃度や密度が下がるので、骨粗しょう症のリスクが上がるとされています。

昨今の日本人の場合、なるべく日光を浴びないようにしたり、日焼けどめを塗るなんて人も多いと思います。ですので、日本人の半数くらいがビタミンD欠乏状態にあると言われています(特に女性に多い)。

ビタミンDを補給するには

そんなビタミンDを補給するには、食べ物から補給することも可能です。

ビタミンDは、主に以下のような魚類やキノコ類に多く含まれています。

  • 魚類(サンマ、アジ、サバ、鮭、等)
  • キノコ類(舞茸、干しシイタケ、等)

あまり日光に当たっていない人は、上記のような食品を意識的に摂ることで補給することができます。ただ、とは言ってもなかなか毎日取れるものではありません。

なので、ビタミンDを補給するには、毎日、日光を15分程度浴びるというのが最も正攻法かもしれません(1日15分未満だと皮膚ガンのリスクもかなり低いとのこと)。

ただ、僕の場合、「車椅子なのでなかなか定期的に外に出れない」というのと、「毎日魚類やキノコ類を食べられるわけではない」ということで、ビタミンDサプリで補うことにしてみました。

購入したサプリ ネイチャーメイド スーパービタミンD

それで僕が今回購入してみたのは、大塚製薬の「ネイチャーメイド スーパービタミンD」です。

こんな感じのボトルに入っています。

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパービタミンD(1000I.U.) 90粒

中には、以下のような錠剤が90錠入っています。

スーパービタミンDの錠剤

これを、日あたり1錠飲めば良いという手軽さです。僕はこの「一日一錠」という手軽さが、このサプリを購入する決め手になりました。

マルチビタミンD一錠

この1錠あたりに「健康リスクに立ち向かうのに必要な1日分のビタミンD量の25μg」が入っています。

スーパービタミンD1錠栄養成分表

厚労省の「日本人の食事摂取基準」ブロック別講習会資料ビタミン(PDFファイル)において、「18~29歳男性のビタミンDの耐容上限量」は、50μgとなっていました(※女性のはうつされていませんでした。そして上限量も諸説あります)。

脂溶性ビタミンの耐容上限量の比較

今回購入したネイチャーメイドサプリは、1日当たり25μgなので、食事と合わせても上限を超えにくいビタミンD配合量になっているのではないかと思います。

あと、錠剤を飲む分で嬉しいのが、1錠あたりがかなり小さいことです。

500円玉と比較しても、こんな感じの大きさです。

スーパービタミンD1錠と五百円玉の大きさ比較

この程度の大きさであれば、「錠剤を飲むのが苦手」という方でも、さほど苦もなく毎日続けられるのではないかと思います。

サプリの良かった点

今回購入したサプリ「ネイチャーメイド スーパービタミンD」の良かった点をまとめるとこんな感じです。

  • 1日に1粒でOK
  • 1粒あたりに健康的になる摂取目安の25μgが含まれている
  • 1日のビタミンD上限摂取量の50μgにはなりにくいビタミンD量(摂り過ぎ注意)
  • 1回の購入で90日分もある
  • 90日分もあって値段も1000円をかなり下回る価格(by Amazon)
  • 錠剤1粒がかなり小さいので飲みやすい
  • 着色料・香料・保存料は使用していない

このように、「飲みやすく値段も安いので続けやすい」といった利点があります。

サプリの気になる点

気になる点といえば、やはりサプリは何でもそうなんですが、「あまり摂取しすぎると体に良くない」ということです。

ですので、以下のような方はわざわざスーパービタミンDサプリを飲む必要はないかと思います。

  • 太陽が出ている日は15分くらい日光を浴びている(日焼けどめなしで)
  • 魚やキノコ類が好きで普段から多く摂取している

とりあえず、健康的な生活をしている方には、不要なものかと思います。

まとめ

今回、スーパービタミンDサプリを購入して数週間飲んでみました。

ただ、「実際に効果があったか?」と言われると「ハッキリとはわからない」としか言えないです。

とりあえず僕の場合は、明らかに日光に当たっておらず、ビタミンD不足な可能性がかなり高いと自覚しているので、補給のために飲んでいるといった感じです。

ですので、「普段日に当たっていないのでビタミンD不足は大丈夫かな…」といった心配が多少軽減するといった程度のプラシーボ効果はあるかもしれません。

そんなわけで、今回購入したストアビタミンDサプリは、以下のようにの人にはおすすめかもしれません。

  • 普段、日光全く浴びない生活をしている
  • 外を出歩く時は必ず日焼けどめクリームをガッツリ塗っている
  • 魚やキノコ類をほとんど普段食べない

普段から、日光を自由に浴びることが出来る状態の人は、日常生活の中で体内で生成した方が良いのかもしれませんね。