公開前のWordPressサイトをパブリックに晒したくないときは「wp-nologin-redirect」プラグインがよさそう

今日、以下のプラグイン記事を目にしました。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
こんにちは、YATです。WordPressのプラグイン「wp-nologin-redirect」を、ちあきちゃんと作ったのでご紹介。

このプラグインが、これからWordpressでサイトを作成しようっとしている人に便利そうだったので紹介。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

「wp-nologin-redirect」プラグインとは

wp-nologin-redirect

このwp-nologin-redirectプラグインは、Wordpressにログインしているユーザー以外には、コンテンツを表示しないプラグインです。(ログイン画面が表示される)

このプラグインが有効活用されるときは、サイト公開前になります。

サイト公開前に、コンテンツをパブリックにしたくないときに、このプラグインを利用します。

すると、ログインアカウントがあるサイト制作者や、顧客は自由にサイトの状況を見ることはできるけど、外から偶然訪れた人や検索エンジンのクローラーなどには、コンテンツは見られなくなります。

そして、公開時に利用を止めれば、サイト公開と同時にコンテンツも公開ということが出来るようになります。

プラグインの設定

設定はとても簡単で、単にインストールして有効化するだけです。

これだけで、コンテンツへのURLを入力しても、ログインページへリダイレクトされます。

ですので、サイト作成前にこのプラグインをインストールして、サイト完成直前にアンインストールして使うという使い方がよさそうです。

※あらかじめコンテンツをGoogleにクロールさせておきたいなんて場合は、使用したらダメです。

インストール前

インストール前は、普通にコンテンツが表示されます。

インストール前

インストール後

インストール後は、コンテンツにアクセスしようとしても、全てログイン画面に飛ばされます。

インストール後

Welcome to this site. Please log in to continue

これまで僕がやってたこと

僕はこれまでWordpressサイト公開前でコンテンツを作っている時に、投稿ページなどをGoogleにクロールさせたくないときは、Wordpressの設定で「インデックス拒否」行っていました。(GoogleにURLを通知していなくて、パブリックなサイトから被リンクを受けていないときは、クロールされないのかもしれませんが一応)

WordPressの設定で「設定→表示設定→検索エンジンでの表示→検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする(チェック)」をしてました。

検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする

こうすると、クロール拒否設定のrobots.txtが作成されるので、まともな検索エンジンなら、インデックスされることはありません。

ただこの方法、下手にクロール拒否のrobots.txtが、先にGoogleクローラーに読まれてしまうと、「クロール拒否設定」を外しても、次にクローラーが回って来てrobots.txtのクロール許可を確認しない限り、コンテンツをインデックスしてくれません。

ウェブマスターツールなどでチェックすると、以下のように表示される状態になります。

説明
「サイトマップにアクセスしようとした際にエラーが発生しました。サイトマップがガイドラインに従っており、指定した場所からアクセスできることを確認してから、再送信してください。」


robots.txt により URL が制限されています

こうなると、もう一度クローラーが回ってくるまで、ひたすら待たないといけません。

サイト公開時でクローラーが一番回ってきて欲しい時に、いつ来るかわからないクローラーをただ待つというのは結構つらいものです。

サイト公開時に、クローラーが回ってこようが、2週間後に回ってこようが、後々のアクセスにそこまで影響はないと思います。ただ、こういった仕組みを知らずに設定していた場合は焦りますし、サイト公開時にちょこっとつまずくのもあまり気分の良いものではありません。

wp-nologin-redirectを利用すると、こういったことに気を遣う必要はなくなります。

まとめ

というか、僕がWordpressサイトを作るとき、いつもrobots.txtの制限で失敗するもので。次何か作ることがあるときは、このプラグインを使用したいと思います。

あと、wp-nologin-redirectで見られなくなるのは、あくまでコンテンツで、URLを直接入力すれば、画像やスクリプトファイルは見れるので注意してください。

『公開前のWordPressサイトをパブリックに晒したくないときは「wp-nologin-redirect」プラグインがよさそう』へのコメント

  1. 名前:近藤 天志 投稿日:2017/06/02(金) 13:34:35 ID:ae71b05e9

    初めてメールを差し上げます。
    記事を拝見していて、丁度私が今困っていることが書かれていましたので、厚かましくメールをさせて頂きました。

    私はいま、会社のホームページをwordpressで作成中なのですが、作り上げてからupをしたいと思っていましたが、そのやり方を見つけることが出来なかったため、「下書き」にしておいて、そのカテゴリーが出来上がると順次「公開」するという手順を踏んでいました。
    そして、サイトには「ただ今、制作途中で未完成です。申し訳ありません。」と記載をしてはいますが、72歳の頭脳では遅々として制作が進まず、このままではまだ数ヶ月は掛かりそうですので、訪問されたお客様に対して本当に申し訳なく、それなりに完成してからオープンに出来たらと思っています。

    そして、今回wordpress関連のサイトを色々と見ていましたら、たまたま、わいひら様の「寝ログ」に出会い、読ませていただきました。

    そこでお教え頂きたいのですが、ご覧のような制作途中のサイトでもこの「wp-nologin-redirect」の使用は可能でしょうか?
    なにか不都合なことは発生しないでしょうか?

    また、URLは別のブログで公開してしまっていたり、検索したらもう出てきてしまう状態になっていますので、
    >URLを直接入力すれば、画像やスクリプトファイルは見れるので注意してください。
    とありますので、中途半端かなと悩んでいます。

    訪問者がURLを打ち込んだら、よく見かけますのが「ただ今、工事中」と言った表示されているものがありますが、あのような感じにすべきかとも悩んでいます。

    何か良いお知恵があればご教示下さいませ。
    はなはだ厚かましいお願いで申し訳ございません。

  2. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2017/06/04(日) 12:37:22 ID:65f16a4bd

    そこでお教え頂きたいのですが、ご覧のような制作途中のサイトでもこの「wp-nologin-redirect」の使用は可能でしょうか?
    なにか不都合なことは発生しないでしょうか?

    使用は可能かと思います。
    それぞれのサイト環境があるので、不都合なことが発生しない保証はできないです。ただ、これはどんなプラグインにも当てはまることだと思います。
    とりあえず、一度インストールして有効化してみて、ダメなら無効化すればよいのではないでしょうか。

    訪問者がURLを打ち込んだら、よく見かけますのが「ただ今、工事中」と言った表示されているものがありますが、あのような感じにすべきかとも悩んでいます。

    個人的に画像やスクリプトファイルが表示される(ページは表示されない)のはそこまで気にする必要はないと思いますが、気になるようでしたら、お金はかかりますが、業者やクラウドワークス等で、プラグインをそういった仕様にカスタマイズしてもらうしかないかもしれません。あと、目的通りのプラグインを探すとか(あるかどうかはわからないけど)。

  3. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2017/06/04(日) 12:40:34 ID:65f16a4bd

    まだまだ完成が遠いのであれば、本文中にもあるように、以下の「検索エンジンのインデックス除外」設定をしておいても良いのではないかと思います。

    WordPressの設定で「設定→表示設定→検索エンジンでの表示→検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする(チェック)」をしてました。

    検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする

    公開数週間前くらいに設定を解除すればよいかと。