wpForoが生成しているページかどうかを調べる関数【WordPressフォーラムプラグイン】

僕は、CocoonのフォーラムではwpForoというプラグインを利用しています。

Number one WordPress forum plugin. Full-fledged forum solution with modern and responsive forum design. Community builder WordPress forum plugin.

実際に運営しているのがこちらのフォーラム。

Cocoon ディスカッション掲示板

非常に多機能で便利なフォーラムプラグインだと思います。

ただ、テーマカスタマイズなどを行っていると、

wpForoが生成しているページでは処理を行いたくない

なんて場合も時々あります。

その時のために関数を作成したので、メモがてら紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

wpForoが生成しているページかどうかの確認関数

wpForoページかどうか確認するには、以下のPHPコードをテーマ(子テーマ)のfunctions.phpなどに貼り付けて利用します。

is_wpforo_exist関数は、wpForoプラグインがインストールされているかどうかを確認するための関数です。

is_wpforo_plugin_page関数は、wpForoプラグインが生成しているページかどうかを確認するための関数です。

is_wpforo_plugin_page関数内でis_wpforo_existの確認も行われているので、基本的にis_wpforo_plugin_pageを利用するだけで良いでしょう。

まとめ

今回作成したis_wpforo_plugin_page関数を利用することで以下のページかどうかを確認することができます。

  • フォーラム一覧ページ
  • フォーラムユーザーページ
  • 個別フォーラムページ
  • とにかくwpForoに関係するページ

これらのページで「何らかの処理を実行したい(したくない)」なんて場合は、今回作成した関数が便利に利用できるかと思います。