Amazonギフト券(商品券タイプ)とは。見た目「金券」でウケも上々。

Amazonギフト券(商品券タイプ)

僕はお世話になった方への謝礼に、Amazonギフト券を贈ることが多々あります。

中でも一番よく使うのがメールタイプ

先日、友人に僕の苦手なサーバーの設定を手伝ってもらいました。 手伝ってもらったサーバーの設定は、友人の得意分野だったので「お金...

メールタイプ、ネット上でお世話になった人(リアルで接点のない人)に送るのに最高に重宝しています。

使いやすさで言えばメールタイプ。

リアルで接点のある人には、手渡しできるAmazonギフト券も多数存在しています。

Amazonギフト券は、非常に便利。 僕は、知人への謝礼やプレゼントなどに有効利用させてもらっています。 うまく使えば、...

Amazonギフト券は種類が豊富。

個人的に、リアルで会って渡すのに一番喜ばれるのがボックスタイプだと思います。

先日、友人にいろいろお手伝いをしてもらうことがありました。 そのお礼の品としてAmazonギフト券のメールタイプを送ったら、凄...

ボックスタイプはとにかく豪華。

ボックスタイプは、「出産祝い」や「結婚祝い」のような祝い事のプレゼントに適しています。

けれどボックスタイプって近しい人、友人などに送るのには良いんです。

けれど、そこまで関係が深くない人に送るには、ちょっと仰々し過ぎるというか。価格も5,000円からしか利用出来ないというのも難点。

関係の深くない人に5,000円以上のお礼をすることでないですからね。

なので

ちょっとしたお礼に500円~1000円くらい配りたいなぁ。

なんて用途には適しません。

そういう「ちょっとしたお礼」で昔から、重宝されているのが「商品券」とか「お米券」等の「金券」です。

しかしこれまで、Amazonには「金券」的なギフト券は存在していませんでした。

けれど2018年3月に「Amazonギフト券(商品券タイプ)」なるものが登場したじゃないですか。

これは、少額ずつ配るのにナイス!

ということで、早速購入して、どんなものか見てみました。

商品券タイプは500円~1000円程度を配るのに適しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Amazonギフト券(商品券タイプ)の使い方

商品券のような見た目のAmazonギフト券

まず購入するには、商品券タイプのAmazonギフト券ページへ移動してください。

種類の選択

現在、ブルー、オレンジ、グリーンの3種類の商品券タイプのギフト券があります。

Amazonギフト券(商品券タイプ)の種類

これらの中から、1つ選択すると以下のような個別ページが表示されます。

Amazonギフト券(商品券タイプ) - ブルー 金額自由設定可

ギフト金額の設定

金額設定部分で、贈りたい金額を入力します。

ギフト金額を入力する

商品券タイプは、500円~1000円といった「小額の大量配布用」に向いています。

なので、今回は1000円というギフト金額を選択しました。

ブルー、オレンジは、自由に金額を設定できます(5万円まで)。グリーンは、500円~2万円までの固定値です。

配る枚数を選択

あとは、「数量」を選択して「カートに入れる」ボタンを押すだけです。

数量を選択して「カートに入れる」ボタンを押す

注文の確定

次に、カート内容を確認して「レジに進む」ボタンを押します。

カートを確認して「レジに進む」ボタンを押す

あとは注文内容を確認して「注文を確定する」ボタンを押すだけです。

「注文を確定する」ボタンを押す

「普通にアマゾンの商品を購入する感覚」でギフト券を入手できます。

通常の買い物方法と同じです。

先方の住所に直接贈る場合(ギフト設定)

自分で手渡しをする場合はこの手順は不要です。個人的には、商品券タイプは手渡しが向いているので「ギフト設定」は不要かと思います。

先方の住所に直接贈る場合は「カートの編集」ボタンを押してください。

カートを確認して「レジに進む」ボタンを押す1

次に、「ギフトの設定」にチェックを入れて購入手続きを進めます。

Amazonギフト券(封筒タイプ)の「ギフト券の設定」にチェックを入れる

「レジに進む」ボタンの上にある「ギフト券の設定」を有効にするのでもOKです。チェックを確認したら「レジに進む」ボタンを押してください。

ギフト券の設定にチェックを入れて「レジに進む」ボタンを押す

すると、「お届け先住所の選択」画面が出てきます。

Amazonの住所選択画面

新しい住所を追加するには、「新しい住所を追加」項目から追加します。

ギフトの設定で新しい住所を追加(グリーティングカード)

ギフトオプションの設定(メッセージを添える)

住所選択後、「ギフトオプション」画面でギフトラッピング設定も行うことができます。

Amazonでギフトオプションを選択する

ギフトラッピングには、メッセージも添えることが可能です(ラッピングなしでもメッセージを付けることはできますが納品書に書かれるのであまり効果的ではなさそうです)。

Amazonギフトカード(封筒タイプ)のギフトメッセージ

商品券タイプは「気軽に配る」向けのものなのでギフト包装は逆に「気軽さ」という長所を奪うかも。

注文の確定

あとは注文内容を確認して、「注文を確定する」ボタンを押すだけです。

「注文を確定する」ボタンを押す

実際の商品券タイプのギフト券

実際に届いたAmazonギフト券(商品券タイプ)がこちら。Amazonの簡易包装で届きます。

Amazonギフト券(商品券タイプ)が入っていた宅配用包装

Amazonギフト券(商品券タイプ)を直接送り先に送付すると、上記のような封筒で届きます。届き方の体裁を気にする場合は、注意してください。

僕は3種類の「商品券タイプ」をすべて購入してみました。

商品券タイプの封筒

それぞれの封筒がこちら。封筒に違いはありません。

Amazonギフト券(商品券タイプ)3種類の封筒

封筒の表面はこんな感じ。

封筒の裏面は、以下のように閉じられていない状態で届きます。

Amazonギフト券(商品券タイプ)封筒の裏面

おそらくこれは、「注文者が中身を確認できるように」かと思います。

最初から織り込まれた状態では、封筒にシワができてしまいます。なので織り込まれていない状態で届きます。

注文者は中身を確認後、先方に「贈る前に折り込んで綺麗に利用できる」という仕様になっています。

Amazonギフト券(商品券タイプ)の封筒の裏を織り込んだ状態

ここらへんのAmazonの心遣いは流石です。

送る直前に綺麗な状態で折り込めます。

商品券タイプの金券部分

商品券部分はこんな感じ。上から、ブルー、オレンジ、グリーンです。

Amazonギフト券(商品券タイプ)の金券部分

この.いかにも金券チックな見た目はいいですね。近所のおばちゃんが持っていたとしても、何の違和感もないです。実際に、人にあげるとウケがいいです。

見た目は商品券であっても、下部には「ホログラム帯」も入っており、しっかりと偽造防止対策がなされています。

Amazonギフト券(商品券タイプ)の金券部分にはホログラムも入っている

ブルー商品券はこちら。

商品券タイプ(ブルー)

オレンジ商品券はこちら。

商品券タイプ(オレンジ)

グリーン商品券はこちら。

商品券タイプ(グリーン)

このいかにも商品券らしいデザイン。いい意味でチープなため、配りやすくて最高です。

「商品券ぽい気軽さ」が「贈りやすさ」に繋がります。

商品券タイプの裏面

商品券の裏面はこんな感じ。

商品券タイプの金券部分の裏面

商品券の種類(ブルー、オレンジ、グリーン)によって商品券の裏面デザインに違いはありません(※個別番号は違います)。

Amazonギフト券(商品券タイプ)の種類ごとの裏面

裏が重要。

ギフト券の登録方法

Amazonギフト券を利用するには、「ギフト券番号」をAmazonアカウントに登録する必要があります。

ギフト券番号の確認

ギフト券番号を確認するには、商品券裏面の「はがしてギフト券番号を確認」と書かれた黄色いシールをはがします。

商品券タイプの裏面

左側から、こんな感じでペリペリとめくれます。

ギフト券番号を隠したシールをはがし中

全てはがし終えると「ギフト券番号」が表示されるので、これをAmazonアカウントに登録します。

商品券を裏面でギフト券番号を確認する

「ギフト券番号」が本体。

ギフト券番号を登録

ギフト券番号のアカウント登録手順は以下を参照してください。

Amazonギフト券を貰ったとしたら登録作業が必要です。 登録作業を行わないまま1年が経過してしまうと、ギフト券が失効してしま...

とりあえず「ギフト券番号を確認して登録するだけ」なので.特に難しいことはないかと思います。

まとめ

いやー、この「いかにも商品券」みたいなAmazonギフト券、ナイスです。

ほんと、近所のおばちゃんの財布に入ってそうですもん。保管するなら冷蔵庫にマグネットで貼っておく感じ。

この見た目のおかげで、かなり配りやすいです。「この見た目は、配りやすさのためにわざと安っぽく作ってあるんじゃないか?」とすら思っています。

この、「あえての安っぽさ」は、「多人数への配布型」として活きますし、贈り先にも変な警戒心を抱かせずに受け取ってもらえると思います。

実際に

Amazonにこんな商品券みたいなギフト券があるの!?(笑)

と、笑ってもらえます。

この商品券タイプのギフト券は、以下のようなケースのときに便利かと思います。

  • 会社のビンゴイベントなどで500円程度の商品を多数出したいとき
  • いろいろな人の手を借りたので、それぞれにギフト券を配りたいとき

少額のギフト券を多数の方に配りたい場合は、使い勝手がよく重宝すると思います。

サイト 商品券タイプ Amazonギフト券

チープな見た目だからこそ輝く。