Amazonギフト券ボックスタイプは贈答用に最も満足感が高いギフト券だ

先日、友人にいろいろお手伝いをしてもらうことがありました。

そのお礼の品としてAmazonギフト券のメールタイプを送ったら、凄く喜んでもらえました。

先日、友人に僕の苦手なサーバーの設定を手伝ってもらいました。 手伝ってもらったサーバーの設定は、友人の得意分野だったので「お金...

その経験から、「普段からAmazonを利用している人にAmazonギフト券を贈ると大変喜んでもらえる」ということを学びました。

実際に、僕も何度かもらったことがあるのですが、「ヘビーというほどでもないAmazonユーザー」の僕であっても滅茶苦茶嬉しかったです。というのもギフト券というのは、金券みたいなものなので、1億からなるAmazon商品の中から好きなものを購入できますからね。

ですので、Amazonを普段使っている人なら、喜ばない人はいないのではないでしょうか。

ただ、Amazonギフト券のメールタイプは、「メールで送れる」という手軽さな分、「単なる電子情報」なだけに、「もらった感」は多少薄いような気がします。

僕は、「相手に物を送ること(ギフト)」は、「人と人との繋がりを円滑にするツール」と思っています。例えば、「お世話になったら、ありがとうの気持ちを込めてものを贈る」とか。「お近づきの印に送る」とかいった感じの潤滑油的なものだと思います。

せっかく、そういったギフトとして送るのだったら、相手に最大限喜んでもらいたいじゃないですか。

そういったことを加味して、Amazonギフト券で贈答用に贈るならば、「Amazonギフト券ボックスタイプ」が最も貰った時に嬉しいもののような気がします。

というわけで今回は、実際に「Amazonギフト券ボックスタイプ」を試しに使ってみたので、詳しく書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Amazonギフト券(ボックスタイプ)とは

以前にボックスタイプのギフト券は6種類でした。

2018年に新しいデザインが3種類追加されました。

まずボックスタイプの説明の前に、Amazonギフト券について簡単に説明します。

Amazonギフト券とは、Amazon.co.jpで1億種以上の商品購入に利用できるギフト券のことです。

出産祝い・結婚祝いなど各種お祝いや内祝いの贈り物などに多く用いられています。その他にも、クレジットカードを使わないAmazonでの決済手段としても用いられています。

現在、Amazonギフト券には、以下種類があります。

今回はその中でも、最もプレゼント向けである「ボックスタイプ」について書きたいと思います。

Amazonギフト券ボックスタイプ

Amazonギフト券ボックスタイプは、実際にAmazonギフト券が入ったボックスが届くギフト券です。

ギフト券の種類としては以下のようなものがあります。

Amazonスマイルボックス

Amazonの段ボールのようなボックスに入ったギフト券です。

Amazonギフト券(Amazonスマイルボックス)

小さなAmazonの箱がかわいいです。いかにも「アマゾンから届いた感」はありますが、Amazonのこういうセンスは好き。

先日、Amazonギフト券を友人に贈ることがありました。 それをきっかけに、「ギフト券のチャージタイプを利用すればポイント還元がある」と...

カップケーキ

かわいいカップケーキ型のケースに入ったギフト券。

Amazonギフト券( カップケーキ

若い女性に送るときに喜ばれそうです。

先日、Amazonギフト券をお世話になった方に贈ったことがありました。 ただ、その時はメールタイプのギフト券を送りました。 ...

クラシックブラック

シックな黒い箱に入ったタイプ。

Amazonギフト券( クラシックブラック)

大人の男性に送るには、こういうのがいいかも。

Amazonギフト券のボックスタイプは、贈り物に向いていると思います。 先日は、こんな感じのカップケーキタイプを購入し...

シルバープレート

銀色のメタリックプレートで格好いいです。

Amazonギフト券(シルバープレート)

こちらは、若い男性に喜ばれそう。

先日、Amazonギフト券のスマイルボックスタイプを購入してみました。 これが、思いのほか良い出来で、自分で注文をして...

スノーフレーク

こちらは、雪の結晶型のケースに入ったAmazonギフト券です。

Amazonギフト券(スノーフレーク)

ボックスタイプでは、これが一番人気の模様です。これも、女性の方に喜ばれそうです。

プレゼントでAmazonギフト券を贈るならボックスタイプは外せません。 というのも、メールタイプなどとは違い、気の利いた箱に入...

チェック

漫画に出てくるようないかにも「プレゼントボックス」といった感じのチェック柄のギフト券です。

Amazonギフト券(チェック)

これは、大人の女性向けにも良いですし、というか老若男女誰にでも、それなりに受けの良いデザインになっていると思います。

僕は、Amazonギフト券を人に贈るならばボックスタイプが一番喜ばれると思っています。 というのも、プレゼントボックスとして直...

フラワー

Amazonギフト券ボックスタイプ(フラワー)

箱も中身も、とにかく華やか。かわいいというよりは、華やか、艶やかといった感じなので、大人の女性に喜ばれそうなデザインです。

先日、Amazonギフト券ボックスタイプに新しいデザインが追加されていました。 以前まで6種類だったものが、 新...

クールブルー

Amazonギフト券ボックスタイプ(クールブルー)

スッキリとした青系のシンプルなデザインです。大人の男性向けなデザイン。

先日、Amazonギフト券ボックスタイプに新しいデザインが追加されていました。 以前は6種類だったボックスタイプ。 ...

クリスマスドット

Amazonギフト券ボックスタイプ(クリスマスドット)

見た目からして、完全にクリスマス向けのデザインといってもいいかもしれません。クリスマス感を出したいときに良いかと。もちろん、クリスマス以外で使用しても、良いのですが。

先日、Amazonギフト券のボックスタイプページを見たら、ボックス型の種類が増えていました。 以前までは、以下の6種類。 ...

Amazonギフト券ボックスタイプの送り方

以下では、ボックスタイプのAmazonギフト券の送り方を詳しく説明します。

デザインの選択

送り方は、まずボックスタイプ Amazonギフト券ページを開きます。

Amazonギフト券(ボックスタイプ)のデザインを選択

そして、贈りたいボックスタイプを選択します。今回は人気のある「カップケーキ」タイプを選択してみました。

Amazonギフト券(ボックスタイプ)でカップケーキデザインを選択

金額の設定

次に「金額」項目から贈りたい金額を選択します。

ボックスタイプギフト券の金額を選択する

送ることができる金額は、5000円、1万円、3万円、5万円の中から選択できます。

購入する

あとは、通常のAmazonの手続きと同様に購入するだけです。めちゃくちゃ簡単。

通常通りカートに入れて届けてもらう

上記の「お届け先住所」を変更しないと自分の家に届くと思います。

僕の場合は、一旦家に届けてもらって、会った時に手渡しするようにしています。その方が、渡したときに喜んでもらえた顔が見れるので。

ただ、遠いところに住んでいる方に送る場合は、次項目のお届け先住所を変更する必要があります。

お届け先住所の変更

お届け先住所を変更するには、「お届け先住所の変更」項目のドロップダウンボックスをクリックします。

お届け先住所の変更

すると、以下のようなダイアログが表示されるので、送り先の郵便番号を入力します。

送り先の郵便番号を入力する

例えば、渋谷区に届けたい場合は、以下のように入力して「変更」ボタンを押します。

2016-12-28_12h09_50

「お届け先住所」が変わるので、購入手続きを進めます。

お届け先住所を変更した後カートに入れる

購入手続きを進めていくと「お届け先住所の変更」画面に遷移します。

お届け先住所の選択

「お届け先住所の変更」画面の「新しい住所を追加」から、先方の住所を入力します。

Amazonギフト券を贈る新しい住所の追加

あとは支払いを済ませればOKです。

個人的には、近くに住んでいて渡せるのであれば、一旦家に届けてもらって、包装などをチェックして手渡しすることをおすすめします。この時、もし包装が乱れていた場合は、返品するなり自分で使うなりができます。

ギフトラッピングしてもらう

ギフトラッピング用に300円支払えば、以下のようなギフト包装にしてもらうこともできます。

Amazonの赤色のギフトラッピング

ギフトラッピングをしてもらうには、カート画面で「ギフトの設定」にチェックを入れて手続きを進めます。

Amazonのショッピングカート内で「ギフトの設定」にチェックを入れる

その後、ギフトオプションの選択画面が表示されるので、好きな色を選択すればOKです。

ギフトオプションの選択画面で好きな色を選ぶ

メッセージカードに、以下のようなメッセージを付け加えることも可能です。

Amazonの赤色のギフトラッピング(メッセージつき)

文字数は、32文字までと制限はありますが、一言ナイスなメッセージがあるのと無いのでは、貰い手の受け取り方もかなり違ってくるのではないかと思います。

注文を確認する

最後に、「注文内容を確認・変更する」画面で注文を確定すればOKです。

Amazonギフト券を送る場合の注文確認画面

この時、必ず送り先の住所を確かめてください(自分の家に送って手渡する場合は自分の住所でOK)。

この、Amazonギフト券ボックスタイプで嬉しいのは、送料や手数料が無料ということです。この「ボックスタイプのギフト券」は5000円からとなっています。

おそらく5000円以上のギフト券購入なら、送料・手数料を無料にしてもAmazon的に利益が出るのでしょう。

やはり、どうしても送料がかかってしまうと「えー、送料かかるのかよ。もったいない」という気持ちが入ってしまうため、こういった送料無料は必須といえるかもしれません。

実際に届いたもの

で、実際に届いたAmazonギフト券ボックスタイプのカップケーキデザインがこちらです。

Amazonギフト券カップケーキタイプ

ケースを開けると、中に以下のようなカードが入っています。

カップケーキタイプの中のギフト券カード

ギフト券の登録方法

Amazonギフト券を利用するには、「ギフト券番号」をAmazonアカウントに登録する必要があります。

詳しい登録手順は以下を参照してください。

Amazonギフト券を貰ったとしたら登録作業が必要です。 登録作業を行わないまま1年が経過してしまうと、ギフト券が失効してしま...

とりあえず「ギフト券番号確認して登録するだけ」なので特に難しいことはないかと思います。

まとめ

こんな感じで、ボックスタイプのAmazonギフト券も結構手軽に送ることができます。

僕の場合は、「一旦自分の家に届けてもらってから手渡しで送る」といった手法をとっているので、非常に簡単でした。ほとんど、Amazonで通常の商品を買うのと同じ感覚です。

下手したら、メールタイプのAmazonギフト券の利用よりも簡単でした。メールタイプの場合は、いろいろと入力項目も多いので。

個人的には、このAmazonギフト券ボックスタイプは、「普段Amazonを利用する人」に対しては、非常に喜ばれる贈り物になると思います。もちろん、「金券なんて贈り物をする気持ちがあるのか!」なんて人も中にはおられるかと思うので、そこへんはきちんと贈る方を見極める必要はあるかと思います。

というわけで「お世話になったあの人に感謝の気持ちを伝えたい」とか「あの人はAmazonヘビーユーザーなのでギフト券は喜ばれるだろう」とか「知人の若夫婦が結婚(出産)したので何かと入り用だろう」なんて場合は、Amazonギフト券ボックスタイプも贈る候補の一つに加えて良いのではないかと思います。

サイト Amazonギフト券ボックスタイプの詳細を見る