iRemocon Wi-FiをWindowsから操作する簡単なサンプルアプリを作ってみました

前回、iRemocon Wi-FiをWindowsのコマンドプロンプトから操作する方法を書きました。

iRemocon Wi-FiにWindowsのコマンドプロンプトから接続して操作する方法
前回、WindowsからiRemocon Wi-FiのローカルIPを取得する方法を紹介しました。 今回は、この取得したIPを利用して、W...

このように、iRemoconは、ローカルIPさえ分かってしまえば、telnetで簡単なコマンドを書くことで、結構たやすく操作することができます。

ただ、コマンドを覚えたり書いたりするのが面倒なので、もっと手軽にテストができる簡易サンプルプログラムを作ってみたので紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

iRemocon Wi-Fi簡易操作アプリ

その、簡易サンプルプログラムがこちら。

iRemocon Wi-Fi簡易操作アプリ

開発者向け情報IRM-03WLAコマンド仕様書(PDF)にある捜査コマンドを、ボタンで実行できるようにしてあります。

ボタンを押すことで、手軽にWindowsからiRemocon Wi-Fiのコマンド操作テストを行うことができます。

一応ソースも付いています。ただし作成は、Delphiというかなりマイナーな部類に入る言語で行いました。(それしかまともに使えないので)

しかも、Delphiといっても前時代の遺物Delphi7 IDEで作成しているので、今のIDEでは、そのままソース編集できないかもしれません。

一応、iRemoconオブジェクトを作成し、オブジェクトのiRemocon Wi-Fi操作メソッドで操作をしています。

以下に、Delphiで書いたiRemocon操作オブジェクトを載せておきます。(クリックで開く)

あと、当然ながらこのアプリを利用するには、iRemocon Wi-Fiが必要です。

アプリの使い方

Windowsから、アプリを利用するには、実行ファイルを起動して、以下の部分にiRemocon Wi-FiのローからIPアドレスを入力します。

IPを記入

WindowsでのIP取得方法は、以下を参照してください。

WindowsからiRemocon Wi-FiのローカルIPを取得する方法
先日、iRemocon Wi-Fiを購入しました。 ただ基本的に、iRemocon Wi-Fiは、Android、iOS用のデバイ...

IPを入力したら、あとは、以下のコマンドボタンで操作をします。

コマンドボタン

個々のコマンドについては、以下に書いてあるコマンドの使い方を参照してください。

iRemocon Wi-FiにWindowsのコマンドプロンプトから接続して操作する方法
前回、WindowsからiRemocon Wi-FiのローカルIPを取得する方法を紹介しました。 今回は、この取得したIPを利用して、W...

すると、こんな感じで、簡易的ではありますが、GUIからiRemocon Wi-Fiを操作出来るようになります。

iRemocon Wi-Fi操作サンプル

こんな感じで、コマンドと実行結果が表示されます。

これを応用すれば、iRemocon Wi-Fiを利用して、自分好みのリモコンをアプリなどを作ることができます。

とりあえず、こういったものの機能を強化したものが以下のを、Windows用、iRemoconリモコンアプリになります。

Kotoshiro

ルームリモコン Kotoshiro

こちらは、iRemocon Wi-Fiのセンサー機能はまだ取り込んでないですが、ローカルIPさえ取得できれば、iRemocon Wi-Fiを操作することができます。

まとめ

このように、iRemocon Wi-Fiはアプリからでも操作できます。

僕は、Windowsのデスクトップアプリ用の言語は、Delphiしかまともに書けないので、マイナーな言語で申しわけないのですが、何かの参考になれば幸いです。

そして、他人まかせで申し訳ないですけど、誰かがもっと良いアプリを作ってくれて、より快適な生活が送れれば最高です。

最近、PHPや、Rubyのような、軽量プログラミング言語に慣れてしまったら、手間がかかるし面倒くさいデスクトップアプリで、新たに何か作る気が起きない…。