薬を素手で触れないで服用する方法を考えてみた【清潔な服用】

薬の服用方法を考える

中国・武漢発祥の「新型コロナウィルス」が流行っています。

その予防対策として、まず重要なのが「こまめな手洗い」でしょう(難しい場合はアルコール消毒)。

とにかく、手で何かに触ったら「洗う」、もしくは「消毒する」という習慣づけが重要。

そして、たとえ手を洗っていたとしても、素手で自分の「目」や「鼻」や「口」にできるだけ触れないようにするというのも重要でしょう。

手づかみで食すものはなるべく避けて、箸で食べられる食事にするとか。

ただ僕は食後、毎回薬を飲みます。

その際、薬をカプセルから出すときに、一旦手のひらに出して、指先でつまんで飲んでいました。

手で目や鼻や口に触れない

ということを徹底するのであれば、薬の服用時も気をつけるべきかなと。

ということで僕は、

薬服用時に素手で触れずに飲むにはどうしたら良いだろう…

と考えた結果、「薬を服用するための容器を購入してそれを介して薬を飲む」ことにしました。

僕の場合、手の障害の影響で自分で薬を飲むことはできず、介助者に毎回薬を飲ませていただいています。なのでこのご時世、できる限り接触感染リスクを減らすための容器を購入しました。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

薬に直接触れずに服用するための容器

これを実現するために、今回僕は「小鉢型のドレッシングポット」というものをいくつか購入してみました。

こういう容器に、直接触らないように薬を出して、まとめて飲むという寸法です(※薬はカプセルの背面から押し出す形で直接触らずに器に出します)。

ネットで調べてみたら、こういった「ドレッシングポット」にはいくつかタイプがあったので、

どれが一番薬を飲みやすいんだろう…

と、3つほど購入して試してみることにしました。

購入した「薬まとめ飲み」のためのドレッシングポット

で、今回購入したのが以下の3種類。

ドレッシングポット3種類

1つずつ見ていきます。

ガラスタイプ

サイズが小さめなガラスタイプを1つ購入してみました。

ガラスタイプのドレッシングポット

ガラスタイプは、透明なので横からでも薬が入っているのはよく見えます。

ガラスタイプのドレッシングポット(横面)

サイズはこんな感じ。

ガラスドレッシングポットのサイズ]

サイズも手頃で見た目的にも清潔感があります。

ガラスは汚れが目立つので、汚れていたらすぐに「洗う必要がある」と気づくことができます。

白い小鉢型

今回調べた際に、でてきたドレッシングポットで、一番小さめのサイズがこの「白い小鉢」型です。

白い小鉢のドレッシングポット

とにかく、ちょうど片手に収まるくらいのサイズ。

白い小鉢のドレッシングポット(横面)

縦横高さのサイズは、こんな感じ。

白い小鉢のドレシングポットのサイズ

小型のものは場所を取らないということで、選んでみました。

鳥の小鉢型

3つ目は、見た目的に面白かった、「鳥の小鉢」型です。

鳥の小鉢型のドレッシングポット

側面に、しっかりと目もついています。

鳥型のドレッシングポット(側面)

綺麗な流線形をしています。

鳥のドレッシングポットには目もついている

これが今回購入した中では、一番長い。横幅はそれほどでもないですが大きく感じます。

鳥のドレッシングポットのサイズ

波佐見焼というそうです。

結局どれが薬を飲むのに良かったか

今回購入した中で、一番薬が飲みやすかったのはこちらの「ガラス型」。

これがよかった点はこちら。

  • 素材がガラスのおかげか薬の滑りが良い
  • ガラスなので薬が入っているのが見やすい
  • 器の傾斜が薬を飲むのにちょうど良い
  • コンパクト
  • 椅子(車椅子)に座っているときに飲みやすい角度
  • ガラスは汚れが目立つので洗い時が分かりやすい

この容器に、以下のように薬を入れて飲んでいます。

ガラスの小鉢に錠剤を入れた状態

次点で良かったのは、こちらの「白い小鉢型」。

この「白い小鉢型」のよかった点はこちら。

  • サイズ感的に最もコンパクトで持ちやすい
  • 底面が平面で安定して薬をカプセルから出せる
  • ベッドで寝ながら飲むのに飲みやすい角度がついている

こちらは、「ベッドで薬を服用する時用」に利用することにしました。

残った「鳥の小鉢型」は、とりあえず割れた時用の予備とすることにしました。

まとめ

この飲み方、「(僕のような)手の自由のきかない要介護者」が、介助者に薬を飲ませてもらうときに、結構重宝します。

この飲み方の利点はこちら。

  • 薬に直接手を触れない
  • 器に向かってカプセル(錠剤)を押し出すだけなので薬が出しやすい
  • 薬が多いときにまとめ飲みが楽
  • 器にちょうど良い傾斜角度がついているので口に触れずに飲める
  • 器は小まめに食器用洗剤で洗えば清潔

新型コロナウィルスが流行っているこのご時世、なるべく自分でも、他人でも、手が直接触れたものを口に入れるのはリスクがあります。

今回の方法で、全く「薬に手を触れないで飲むこと」で、多少なりともウィルスの感染リスクを減らせればと思います。

もちろん、容器が汚れていると意味がないので、小まめに洗いましょう。

薬を飲むのにおすすめな容器はこちら。